熱画像カメラ(サーマルイメージャー、サーモグラフィーとも呼ばれる。)は、カメラと名は付きますが、通常のビデオカメラや監視カメラ等の様な今迄の可視光線に反応する類のカメラでは無く、このカメラはエリア内での温度の分布状態を専用のモニター画面上で人間が直観的に可視化できる様に作られた特殊なカメラです。
此のカメラの動作原理は、レンズ部分に入射された遠赤外線成分を遠赤外線のみに感度を持つ非冷却マイクロボロメータ(通常のカメラではCCDに当たる部分)が外部のあらゆる物体から発生する遠赤外線の部位と量を測る事により繊細な画像(機種に拠っては荒い画質)を実現する測定機器です。
 
主な利用の用途としては工場内などの熱の発生源の部位を調べたり、逆に熱が奪われる部位の発見や時間的に温度が上がったる下がったりする様子を離れた場所から確認する事が出来る魔法のカメラです。
その以外の用途では人が近づく事が難しい火災現場で火種が残っているか否かの消防などでの確認の用途や工場やコンピュータサーバなどで稼働中の装置などの異常を一早く発見、点検する用途で使われたりしています。
 
盗聴器発見の用途での利用
この特殊なカメラの温度差を見極める識別能力は高性能なもので、およそ0.1℃よりの温度差を分析、計測出来る為、弊社では国内で一番最初に、盗聴器や盗撮カメラの発見の用途での利用を開始させて頂きました。
本来、盗聴器は元々電子機器で構成されている為、例えその盗聴器や盗撮カメラなどが高度な偽装や擬態化が成されていたとしても、そこから発生する熱は避けて通れず、例えその盗聴器や盗撮カメラなどが、どの様な変調方式や送信方法(特殊な高周波数帯や赤外線、さらには超音波方式など)や有線式の方法をとっていたとしても、その殆どを検出し発見出来る最新の技術から生み出された高度な調査機材と見なされて居ります。
更には例え相手が特殊な変調方式や周波数を組み合わせた特殊なリモコン盗聴器で有ったとしても、弊社が調査時に伺った時点でリモコンを操作され電源を切られた場合などでも、一度熱を発した盗聴器や盗撮カメラは暫くの間は引き続き熱を持ち続ける為、それが例えどの様な特殊な盗聴器やICレコーダ、携帯電話、スマホなどの電子機器全般までを発見する事が可能。さらに付け加えると動作中に温度が高くなる傾向にある盗撮カメラ(有線式カメラを含む)等には効果覿面の発見率を誇ります。
 
下の写真は弊社が導入した海外製の携帯電話の形状をした折り畳み式の熱画像カメラです。
イメージ 1
アメリカ製 SPI社 RAZ-iR SXモデル
 

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1 
マイクロ波帯測定用スペアナ及び測定機材
 
 
マイクロ波帯の調査
特殊な周波数帯であるマイクロ波帯(周波数範囲3GHz帯〜26.5GHz帯まで)で犯人に何がしかの盗聴器を仕掛けられた場合、より高度な無線知識と特殊な調査機材類(測定用の高性能なスペアナ、指向性,無指向性マイクロ波専用アンテナ、マイクロ波帯専用プリアンプ)が必要と成って来ます。この様な高周波帯域の電磁波調査を専門的に、尚且つ高精度に、更により見落としの少ない調査を行い得る弊社の「盗聴器発見調査のエキスパート」に是非ご相談、御依頼のご検討をされる事を待ちして居ります。
 
当社の調査の内容と範囲
・通常の受信機では受信出来ない高周波帯を使った盗聴器の調査と検出
・マイクロ波帯を使ったアナログ方式、デジタル方式での送信などの電磁波信号の電界強度と復調確認
・部屋の中や敷地内で飛び交う不信な電磁波の有無のチェックとその発信源の方向と大よその発信場所の特  定
・さらに部屋の中の存在する場合は、その他の金属探知器、特殊RF探知器(25GHz対応)、NLJD(電子回路 探知器)、熱画像カメラなどを駆使した本格的盗聴盗撮調査も可能です。
  
イメージ 2
高周波信号発生器
弊社内で測定器の電磁波確認や送信、さらに技術開発等の実験時に使用致して居ります。

全国対応の盗聴器発見専門会社

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
Shearwater ECM Locator Pro+
Non Linear Junction Detector(非線形接合点検出器:意味ー電子回路探知器)は通称NLJDとも呼ばれる。
世界中の盗聴発見業者の特殊調査機関(各国国内のセキュリティ対策部門など)では通常で装備される中核的盗聴器発見の専用機材の事をさす。
この機材の基本的動作は先端部のコイルから有る特殊なマイクロ波を放射させ、金属質(種類の違った金属同士の接合点部分や錆びた鉄など)や半導体全般(電源が入ってい無い状態の電子回路全般も含む)を識別し、様々な盗聴器(全種類のリモコン盗聴器やデジタル盗聴器、ICレコーダなど)を凡そ40cm程度の距離で検出、発見できる特殊な調査機材です。
この事は国内で存在する様々な特殊盗聴器全般を壁の中や天井裏、未開封の手荷物や押し入れの中、車などの周辺部分など様々な場所で例えそれが高度な偽装が施されて居ても発見可能な特殊な調査機材です。
 
NLJD(Non Linear Junction Detector)を利用した高度な盗聴盗撮調査発見の業務を行う調査会社。
 
関連記事
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

ブログをはじめました!
コメント大歓迎です。
これからどうぞよろしくお願いします!
 
盗聴器発見調査,盗聴盗撮発見調査と総合対策 スキャンロックサービス
兵庫大阪京都を中心に全国(東京神奈川名古屋まで)出張可能な体制を確立し低料金で特殊盗聴器発見調査から特殊盗撮カメラ発見調査までを総合的盗聴盗撮発見調査会社です。弊社はスペアナ調査(26.5GHz対応)及び究極の盗聴調査機材NLJDを使用した特殊リモコン盗聴器、デジタル盗聴器の発見調査、隠しカメラの発見調査、更には国産特殊盗聴器、盗撮カメラの発見撤去を行うプロの国家無線資格の総合的盗聴盗撮発見調査会社(盗聴器発見業者)です。
盗聴器盗撮調査機材説明
盗聴、盗撮発見調査料金
盗聴盗撮全国出張料金表
携帯版盗聴盗撮サイト
                 特殊盗聴器発見調査、特殊盗撮カメラ発見調査と対策はSls 
 盗聴盗撮などに関する相談や質問などもこのブログを通して答えて行きたいと思いますのでどうぞ宜しくお願いします。尚、このブログは公開している関係上、管理人が不適切と判断した内容や個人や団体を批判、中傷する内容の投稿に関しては掲載されませんので宜しくお願いします。
 
(このブログはお客様が書き込みをされましても、ブログ側で管理人へのメール連絡の機能がない為、管理人が確認した際のコメントと成ります。また出張中の場合等も返事が遅れる場合が有ります。返答をお急ぎのお客様はメール又は、質問フォームのご利用をお願い致します。)
 
イメージ 1
盗聴器盗撮カメラ調査発見と対策と相談のブログ
 

この記事に

開く コメント(2)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事