元Animal Rescue Diary

Animal Rescue Networkは解散しました。

全体表示

[ リスト ]

咬み犬ケインの再出発日記・Vol.1→http://blogs.yahoo.co.jp/ar_happylife/11710831.html 
       


退院後のケインは、大きなカラーを気にすることなく、嬉しそうに散歩し、嬉しそうにご飯や遊びをねだるハイパーなボーダーに戻った。
イメージ 1
このおもちゃは遠くの友人が送ってくれたお気に入り。これを咥えたら寄り目になって可愛いんだけど、本気で引っ張りっこになるから、写真を撮る暇がない。

わたしも本気で遊ばなきゃ、すぐとられて、ぶんぶん振りまわす。
イメージ 2

しかしケインは、やはり手術後、以前より警戒心が強くなり、私以外の人にはかなり身構えるようになった。病院でもしっかり抱え込んでおかないと、先生も看護士さんも咬もうとする。だから残念なことに口輪が必須になってしまった。

私への依存心や信頼は前にも増して強まり、他の人を見る時は顔つきが変わる。
これはきっと、私の気持ちが、一線を越えたのを敏感に読み取ったのと、体の不調への不安からだろう。

私はケインを、再譲渡できる犬にするため、今まで愛犬とは一線引いて接していた。
私じゃない他の人でも、ケインの嫌なことさえしなければ、咬まないで平常心でいられるように、そのことが察知できるように記録を取りながら、私自身も必要以上の愛情表現をしすぎないようにしてきた。

だけどケインにはもう、その時間はないかもしれない・・・そう思って境界を捨ててまっすぐケインの心に問いかけはじめたとたん、ケインは私の腕の中に飛び込んできた。
イメージ 3
手術から1週間後、検査の結果が届いた。 予想通り『移行上皮癌』・・・悪性・・・抜糸の日から、抗がん剤治療が始まった。 第1回目の抗がん剤は、7月6日。
2度目の抗がん剤投与、7月27日。
手術から1か月が過ぎた。エコーの画像に再発はない。尿も順調に出ている。食欲もあり、嘔吐もない。
いまのところ、副作用らしい症状はみられない。がんばれケイン。
イメージ 4

話しは少し前後するが、腫瘍が悪性だとの連絡を、出先での病院からの電話で知った日、ケインを引き出したセンターから大きな封筒が届いた。

今頃なんだろう…引き出しから半年もたっている。

開けてみたら入っていたのは、ケインの血統書と元の飼い主が持っていた病院の健康手帳だった。
イメージ 5
ケインをセンターから引き出す日、まだ攻撃性の原因が分からなかった私は、センターの人に頼んでいたのを思い出した。その血統がわかれば、遺伝的な原因や対策もつかめるかもしれないと思っていたから。 健康手帳には、子供のころのワクチンの記録が残っていた。 フィラリアも陽性で、うちにきたケイン。あんなに毛玉だらけで糞尿まみれで、鳥の白骨まで絡んだ背中だったこの犬にも、かつては、望まれてその家にやってきたのだろう。愛されて楽しい時間を飼い主と共有した日々も、有ったに違いない。血統書からわかったケインの誕生日は、2000年の4月6日だった。 もう9歳になっていた。
健康手帳の住所から、ケインは海が綺麗なある街に住んでいたことがわかった。
私も何度も訪ねた大好きな場所。だからこんなに、海が好きなんだよね。
イメージ 6

夏休みの海は、子供連れや花火をする若者も多く、危険もいっぱいだが、一回でも多くここにつれてきてやりたい。
イメージ 7
ロングリードにすると、いつもそのいっぱいまで海に入るケイン。ほんとに楽しそう。
イメージ 8

2度目の抗がん剤投与後くらいから、一番蒸し暑いシーズンに突入。
それもあってか、家の周りの散歩はすぐに戻ろうとするようになった。

だから玄関先にあった長椅子を、ケインの好きな庭に移動した。ここなら他の犬がいるフェンスにも近く部屋の中も見える。
イメージ 9
ココに上って二人並んで上の段に座り、ブラッシングするのが日課になった。
蚊取り線香をモクモクとたいて、一時間でも二時間でもやりつづけたいけど。

そんなに時間取れなくてごめんね。海遊びもブラッシングも、いつも私から切り上げる。
たぶんケインはいつまでもやめようとしないにちがいない。
イメージ 10

毎日、ケインが一番楽しいことを少しでも多くしてやりたいと思う。
3週間ごとの病院行きを、毎回耐えて次もまた頑張れるように。
イメージ 11
この笑顔が一日でも長く見られますように。 来年の4月6日。みんなでケインの10歳のバースデーを祝えますように。。。
★★★ケインにご支援をいただいた皆様に心からお礼を申し上げます。

みんなの願いが、祈りが、きっと奇跡を呼び起こすと強く信じています。★★★
毎年全国で10万頭の犬が、まだ寿命でもないのに、人間の都合で殺処分になっています。
猫を合わせると、40万頭近くの命が、毎年失われています。

全国の行政や、愛護団体や、救いたい個人が、懸命に殺処分数を減らそうと取り組んでも、そう簡単には減らせない数字。

『犬を飼いたい』『猫を飼いたい』・・・そう思った人が、たった3つの事を守るだけで、何よりも大きな力になるんです。

★増やさない ★捨てない ★迷子にしない

どうか、犬や猫を家族に迎える時は、その犬猫の特性を十分に勉強し、自分の生活スタイルにあっているか。そして、その寿命が尽きるその日まで、飽きずに変わらぬ愛情で守り続けることができるか、それをよく考えてから、飼い始めてください。

そして、一度飼い始めたら、絶対に迷子にしないでください。
もし、予期せぬ災害などで迷子になったとしても、迷子札やマイクロチップや鑑札を付けていれば、おうちに帰れます。

そして、安易に増やさないでください。『うちの子の赤ちゃんがみたい』今でもよく聞く言葉です。日本の純血種は、すでに交配しすぎで遺伝子プールが狭く、知識の無い素人繁殖では、奇形や遺伝病が出る確率がすごく高いんです。生まれてきた子がどんなに障害があっても、すべての子の一生を見る覚悟もなく、純血なら里親はすぐつくだろう、とチワワなどの小型犬のお嫁さん、お婿さん探しをする話を、近所の散歩でもよく耳にします。どうか、不幸な命を増やさないでください。

避妊手術、去勢手術は、繁殖を制限するだけでなく、生殖器系の癌のリスクを大きく減らします。

命の重みを考えて、ご家族で話し合って、そして決心がついたら、新しい家族を迎えてください。

この記事に

閉じる コメント(5)

ケイン!いつもお祈りしてるから。
たくさんHAPPYな日を過ごしてね!
本当に海が好きなんだね★
転載しました。

2009/8/6(木) 午後 2:22 花橘乙女 返信する

初めて犬を成犬から飼い(保健所経由で引き取り)、半年近くなります。猫派だった私が、今は、ケインの事も今後がとても気になり
我が家の犬も絶対大事にしたいと言う気持ちになりました。
犬って、目と心で話ができますよね! 犬がいて幸せです♪

2009/8/6(木) 午後 3:02 [ debora ] 返信する

ケイン、頑張ってるんだね。
素敵な笑顔で暮らしていてよかった。
ママさんのお陰だね。
副作用出ないように、ケインが痛くないように願っています。
転載させて頂きます。

2009/8/6(木) 午後 8:07 5わんず 返信する

ケイン頑張れ〜
素敵な飼い主に脱帽です

2009/8/7(金) 午前 8:23 norimayu628 返信する

顔アイコン

ケイン、
元気になってね!
転載します。

2009/8/8(土) 午後 0:56 jin*y5*j* 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事