コピートレードシステムで100万運用中!アラのFX検証日記

知人から教えてもらったコピートレードシステムを かなり迷いましたがFXDDで100万円でスタートしてみました。
コピートレードシステムは、要するにプロのトレードを
そっくりそのまま再現するというシステムです。

いろいろと勉強してますが、なかなかやっぱり勝てない。
そこで、知人から教えてもらったコピートレードシステムを
かなり迷いましたがFXDDで100万円でスタートしてみました。
まずは、ここから







この記事に

コピートレードシステムは、マーケットインパクトやブローカー対策が施されたトレーダーによる、トレーダーのための次世代のFXツール。

ディレイ(遅延)ゼロで、プロのトレードが実行。

国内のFX会社でも海外のFX会社でも利用できる。ただし、レバレッジの上限が異なるため、国内と海外ではパフォーマンスが異なる。

安全リモコン付きなので、自動売買の判断に任せるだけではなく、天気予報のように過去やこれからの判断をする重要なアドバイスを提供。

円建て口座、ドル建て口座の両方とも可能。

運用通貨ペアのくみ合わせは、USD/JPY、EUR/CHF、AUD/NZD、EUR/USD、GBP/USD、USD/CHFが多い。しかし、対象となる通貨は全ての通貨ペアとなる。

クローントレード(クローンコントローラー)との違いは、利用者人数が増えてもディレイ(遅れ)が生じないこと。通常のコピートレードは親となるマスター口座で注文発生すると、子供となるユーザー口座に順番にコピーシグナルを配信する。そのために、数多くのユーザー口座があると、最初に配信したユーザー口座で注文が執行されてから、数百、数千人目のユーザー口座で注文が執行されるまで誤差が大きく生まれる。そのために多くの方で注文に差がでたり、成績が大きく違ったりする。
しかしコピートレードシステムのクローンコントローラーは子供となるスレイブ口座(前者で言う、ユーザー口座)が常に親となるマスター口座の動向を監視し、マスター口座がポジションを持つと同時にスレイブ口座がマスター口座のトレードをコピーする。従って、ユーザー(スレイブ口座)がいくら増えても、数百だろうが、数千だろうが、トレードに誤差は生まれない。

自動プログラムなので、裁量は反映されない。ただし、常に監修しており相場に応じて各ストラテジーの実行・停止はおこなわれる。


>> コピートレードシステムのデメリットもチェック







この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事