ゼッタイ、歩かない。

マラソンblog開始(blog自体は再開)。市民ランナーグランドスラム達成。2019いわて銀河100km参戦です。

全体表示

[ リスト ]

*********************
このブログ連載では、岩本能史著「完全攻略ウルトラマラソン練習帳」、通称「赤本」を参考に練習を行い、2019/6/9いわて銀河100kにおいて、最後まで潰れずに、サブナインを達成するまでの記録です。
*********************

こんばんは。にんじんまるです。


レース前の最後の土日のロング走がおわりました。
予定通り、20km+峠走28kmのセット練で締めました。
下りをガシガシ走ったので、明日、筋肉痛の出方がどうなるか気になるところです。

さて。
残されているポイント練習は、水曜日のみ。
赤本では、15kmレースペース走となっていますが、フルサブスリー時の験を担いで、1500mインターバル×2に450m坂道の下り×3で、ピリッっと刺激を入れようと思っています。

ここまで、チャレ富士からやれるだけのことはやったつもり。
すでに、年間走行距離が2000kmとなっており、これまでのマラソン人生で最長の1600km(2018年)を遥かに越えた練習量となっております。

レースはトレースだと、誰かが言いました。
レースの9割はスタートラインに立った時点で決まっているのだと。
確かに練習は頑張りましたし、赤本のおかげで頑張れました。
でも、本番の状況次第で残り1割が、いやレース全体の結果が大きく変わるはずであるとも思っています。

これまでで印象深かったレースを振り替えれば、
・練習は最長30kmハイクだったけど、初レース、初ウルトラの100kmを時間内完走。
・ロング走はキロ6の45kmしか走ったことなかったけど、フルサブスリー達成。
・試走では5時間かかったけど、本番は終始攻められ4時間切りした富士登山競走。

これらに共通しているのは、本番でなにかが宿ったように力を出すことができたレースの数々。
気持ちが途切れなかったということもありますが、原因はなにかと言われれば、明確には答えられない。
でも、そんな運任せな一面もあっていいのではないでしょうか。

1週間後、岩手県北上市で見ている景色は、これらの印象深いレースの仲間入りができる風景となっているか否か。
ちょっぴり練習不足ぐらいが、本番ドキドキあっていいのかもね♪

イメージ 1


つづく

#ブログ #マラソン
#ウルトラマラソン
#いわて銀河
#100k
#サブ9 #サブナイン
#岩本能史
#赤本
#ゼッタイ
#潰れない

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事