荒木エフマシン技報

ホームページ http://arakifmachine.co.jp/

全体表示

[ リスト ]

ボアアップキットが入手できないとなると、頼みの綱はいつもワイセコTKRJです。
使えるピストンを探します。
YBR125はピストン径が15φです。15φの車種は少なくて、かなり車種が絞られます。
結局、ホンダのXRかヤマハのFZ16ぐらいに絞られました。

FZ16って聞いたことも無い車種やなと思って調べてみるとヤマハインディアのバイクでした。
後ろにサリーガードついる固体が多い。公式サイトはこちら↓
コンセプトは「ストリートマッチョ」らしいです。
イメージ 1

同じヤマハなので試しにFZ16のピストンを仕入れました。
TKRJの販売サイトは詳しく寸法が載っているので大変親切です。
これで信頼性の高い国産ピストンが手に入りました。
54.0mm×54.0mm→排気量123cc
が↓
58.0mm×54.0mm→排気量142cc
になる事になりました。
キタコのキットよりも大きな排気量になります。

では、この径に合わせてボーリングです。

スリーブ外径は60φ、58でボーリングすると肉厚が1mmしか残らないのでさすがに作らないと無理です。
スリーブは抜けるタイプだったので抜きました。
イメージ 2

イメージ 3

届いたピストンキット。

イメージ 4

スリーブの材質はFCD。鋳鉄です。虹技(こうぎ)っていう会社のデンスバーを使用することにしました。


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事