全体表示

[ リスト ]

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8

イメージ 8

 今回は2005年最後のブログ更新なので、がんばった自分へのプレゼント。入手したばかりの珍品を公開する。
2005年12月27日に、本年お世話になった人々を内輪にお招きして、感謝のお食事会
をひらいた。こちらがみなさんに楽しんでいただこうという趣旨だったのだが、いつも中国の奥地をさまよい太古4000年の神秘に関する情報を運んでくださるテレビ・ディレクター、本間修二さんから、ボクが逆に楽しくなってしまうような器械をいただいた。これは、ほんとうにすごいものだった。こんなもんが手にはいるとは夢にも思っていなかった!なにしろ、後漢時代に製作された地震源の方位を測定する「地動儀」という超大物なのだから、落ち着けというほうが、無理・むり・ムリ!
 本間さんは以前にも、手でこするだけで水がぴゅんぴゅん跳ねるという魔法の水盤「魚洗」をいただいたことがある。しかし、地動儀はむかしボクが、幸田露伴の随筆や中国科学史の本で見て、驚異のカラクリとあこがれた品物だったので、歓喜の具合が数倍も違った。
画像に示したように、このカラクリはきわめてドラマティックにできあがっている。本体ともいうべき丸い金属の器のなかに、振り子を逆にしたような感震器がおかれている。地震が起きると、振り子が傾いて、八方向にセットされた受け器のどれかに倒れこむ。すると錘の作用で器の外に設置された竜の口が開き、加えていた玉が落ちて、下に大口あけて待っているガマガエルの口に落ちる。八匹いるガマのどれが玉を受け止めたかで、地震源の方位がわかるというしかけだ。たぶん、まわりの装飾が四神と八卦になっているので、震源の方位が決まると、あとは易の占いにはいり、方位によって地震が運んできた神意を知ったのだと思う。その証拠に、竜がくわえる玉に「乾坤珠」と名がついている。乾坤も易の用語だ。天と地、といった意味がある。
メカニズムがすごいし、科学と占術を総動員する姿勢もおもしろい。こんなもん、おもちゃじゃないか、という人は人間の英知の本質を知らない。というのは、この地動儀こそ、日本の地震学発展のシンボルとなってきたからだ。
この器械のことを最初に記述したのは『後漢書』「張衝傳」で、これを発明した張衝の話が載っている。日本では明治8年に服部一三という人が張衝の事績に感動し、肖像と地動儀の絵を描かせ、のちに地震学実験所に掲げた。地動儀の絵は東大にできた地震学教室に移され、大森房吉だの今村明恒だの日本地震学のドンとなる人たちがこれを眺めてきた。幸田露伴も見たに違いない。ついでに言うと、服部は明治17年にアメリカのニューオリンズに博覧会事務係りとして赴任し、この展示を見にきたラフカディオ・ハーンという物好きと知り合いになる。のち、服部はハーンを英語教師として日本に招いた。つまり、小泉八雲を日本に連れてきた人なのだ。
おまけに、服部が岩手県知事の時代に三陸大津波が発生している。服部は津波対策と科学的解明を世間に訴えた。これに応えたのが今村明恒博士で、津波と地震の関係に着目、ついに、津波は地震が起こすという学説をまとめることになる。
そういうわけだから、ボクが地動儀に大きな関心をもったのも当然といえば当然だった。それを、風水同好のお仲間である本間さんが、中国で発見してくだすった。本間さんとは、風水や与那国海底遺跡の番組を作って以来、次はぜひとも徐福と日本に関する探検番組を作ろうね、と誓いあっている。でも、夢はまだ実現していない。
 話を戻す。この器械は、今から2200年ほど前に中国で作られた、おそらく世界最古の地震測定器ではなかろうか。もちろん本物なら国宝級だが、科学器械を作っている中国の深セン万科精品製造有限公司で発売された精密なレプリカなのだ。サイズは、たてよこ高さが31x31x21.5センチと、かなり大きい。この品物は中国の科学系博物館か骨董店(中国ではすべてレプリカしか売っていない)に今もあるようだが、発見できる可能性は少ないらしい。運がよくないとめぐり合えないから、みつけたら黙って購入するしかありません!!
 さて、われわれはメカニズムの試運転を始めた。さっそく器の真ん中にある振り子をまっすぐに立て、乾坤珠を竜にくわえさせた。よく見ると、竜とガマはたがいにみつめあっている。そうか、これは日本で「三すくみ」といっている蛇とカエルとナメクジの関係なのだ、と気づいた。地震は三つの力のバランスが崩れるときに発生する。三つの力とは、天・地・人、あるいは水・地・火でもいい。中国では、カエルが鳴いたら地震があるという伝承もあるので、ガマはふつうのカエルかもしれない。
 次に、床をどんどんたたいて装置を動揺させてみた。竜がなかなか珠を吐き出さない。力をいれてドンとやったら、みごとに竜が珠を吐き出し、ガマの口がそれをしっかと受け止めた!!やった、大成功です。
 すごいねーー、作動しますねーー、とお食事会にきてくださった人たちも目をみはった。ボクは大事にこの器械を持って帰り、いまアラマタ・ブンダーカマーの定席に収まって、新年のお供えのような貫禄で仕事部屋を睥睨している。現実に竜が乾坤珠を口から落とす瞬間を見たいものだ。もーーいくつ寝ると、お正月、はやくこいこい、おお地震・・・・
 それではみなさん、よいお年を!

この記事に


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事