空腹時に見てはいけないブログ

訪問者数1700万人突破ありがとうございます!

拉麺 成(なり)@高田

マイナー路線のマイナー駅から徒歩5分。
そんな場所に2018年1月、今風のラーメン店が出現。
ほどなくして行列店となりました。
イメージ 1
最寄り駅は横浜市営地下鉄グリーンラインの眦脹悄

メニュー
イメージ 2
基本のラーメンだけで5種類あるので迷いますねぇ。

店内
イメージ 3
店内はカウンター7席。

メロウな醤油拉麺780円
なんといっても目を引くのはこの丼!
過去の経験からいうと、変な器のラーメン屋って
あまりいい印象がないですね…。
イメージ 4
スープは豚骨、鶏ガラ、野菜などが中心と思われ、
はっきりいって、分かりやすい特徴はありません。
ごく普通の正統派ラーメンを、材料の質・量ともに惜しまず
良質な調味料を使って丁寧に作ったという印象。
これは美味しいじゃないですか!
最近のネオ清湯系の店でよく見られる
鶏ガラと鶏油に依存しているタイプよりも好みです。
ただ、やはりこの丼は食べにくい(笑)

麺リフト!
イメージ 5
麺はフスマか何かが練り込んである
中細ストレート色白の自家製麺で、
ポキッとした食感を最後まで維持。
これはいい麺ですね〜!
自家製麺ならではの強みを存分に発揮しています。

チャーシュー
イメージ 6
豚モモ肉と鶏ムネ肉のローストが1枚ずつ。
ほんのり甘めの味付けで燻製香もするし、
噛み切りやすくジューシー。
レベル高いです。

ニボリッチ830円+チャーシュー250円+海苔100円
こちらはセメント系の濃厚煮干しスープ。
イメージ 7
煮干しのほか、動物系の白湯スープと
合わせてトロミを出してあるようです。
この手の煮干しスープにしてはエグ味は少なめで、
強引に煮出した煮干しとは一線を画しています。
私はとても美味しくいただきました。
エグ煮干し系が苦手な人でもギリギリ食べられるレベル。
ただ、煮干しのチクチクとした食感が若干残っているのが欠点。

麺リフト!
イメージ 8
上記と同じ自家製麺と思われます。
ドロドロのスープがデロデロに絡みついて、
それでも麺は後半までしっかり硬め。
素晴らしいですね〜!

バラチャーシュー
イメージ 9
チャーシューの追加トッピング(+250円)は
デフォの豚モモ1枚+鶏ムネ1枚に加え、
豚バラチャーシュー4枚+豚モモ1枚+鶏ムネ1枚
が追加されています。
250円でこの量ならおトクでしょう。
レベル高いので追加がオススメ!

肉メッシ290円
イメージ 10
豚バラが2枚、豚モモが1枚、
鶏ムネチャーシューが1枚という構成です。
ごはんの量は少なめ。
チャーシューのレベルが高いので満足感高し。

ラーメンデータベース「拉麺 成」

食べログ「拉麺 成」




開く コメント(5)

「一部の人に理解される」という看板通り
風変わりな店です。
イメージ 10
店主は1990年代半ばパキスタンに住んでおり、
現地の友人に教えてもらったカレーだそうです。

立て看板
イメージ 9
戦場カメラマンの渡部陽一は「パキスタンで食べたのと変わらない」
とTVで言ってました。

店舗入口
イメージ 8
「好奇心から始まることもある」

メニューは1つだけ!
イメージ 7
メニューはカリー、サラダ、チャイの
3点セット(税込1200円)のみ。

よって、注文しなくても席に座るとすぐに調理が始まります。

スリーコースセット1200円

サラダ
最初にサラダが配膳されます。
イメージ 6
キャベツ、ニンジン、キクラゲ、春雨。
塩、酢、油などで和えてあり、
少しスパイスがかかっているようです。
キクラゲが意外と美味しい。

カリー
そしてメインのカリーが来ました。
イメージ 2
ご覧のように鶏肉が煮崩れたカレーです。
基本的な材料はタマネギ、鶏もも肉、トマトのみで、
辛さやスパイス感はそれほど強くありません。

カリーアップ
骨も入っていますが、身が離れているので問題なし。
イメージ 1
カレーというよりも、スパイスを使用した鶏肉の煮込み料理という感じ。
個人的には油っぽさが少し気になりました。

おもな使用スパイスはシナモン、ブラックペッパー、コリアンダー、カルダモン、ビッグカルダモン(ブラウンカルダモン)とのこと。

チャイ
カレーを食べ終わるとチャイを出してくれます。
イメージ 3
カルダモンとクローブの香りがする
比較的よくあるタイプのチャイです。
甘さはごく控えめで、誰でも抵抗なく飲めるでしょう。

ハニートラップ600円
カリーセット以外で注文できるメニューは
ビールとこれのみ!
イメージ 4
水分を抜いたプレーンヨーグルトに
屋久島産のハチミツをかけてあります。
華やかな軽い食感のハチミツはかなり良質。

メニューが1種類しかない理由
イメージ 5
現地の友人からこのカレーを教えてもらうまで
料理を全くしたことがなく、
他の料理の作り方を知らないからだそう。

食べログ「サリサリカリー」

通販カレーもあります。
http://salisali.web.fc2.com/



開く コメント(7)

2017年3月開業。
曙町のまっただ中で午前4時までやっている便利な店。
イメージ 1
いわゆる街中華とも本場風とも異なる店構え。

メニュー(クリックで拡大)
イメージ 2



下段右側の素材アラカルトも気になりますが、
今回は定番メニューを中心に注文。

むしどり500円
知人がよくSNSに挙げていたので気になってました。
イメージ 3
なんじゃこりゃ!想像以上にうまい!
身はやわらか。皮までこんなにうまいとは!
きっと美味しく蒸すテクがあるんでしょうね〜。
花椒油がかかったネギも絶妙。

あさりラーメン850円
イメージ 4
この価格でアサリたっぷり!
ベースの中華スープにたっぷりのニンニクと唐辛子で
コクと風味をブーストしてあります。
極細なのにダレにくい低加水縮れ麺もGOOD!

餃子500円
イメージ 5
一見オーソドックスな餃子ですが、
モチプニッとした食感の皮は意外と珍しい。
餡のニラとキャベツの風味もよく出ていて、
なにげにレベルが高い。
実はお代わりしちゃいました(笑)。

炒飯750円
イメージ 6
ニンニクの香りがする塩味ベースのチャーハン。
炒め具合は申し分なく、
具のチャーシューも美味しい。

回鍋肉800円
イメージ 7
メイン具材の豚肉とキャベツのほか、
ピーマンとパプリカも結構多く使われている。
量多めなので野菜摂取したい人にもおすすめ。

食べログ「創作中華けん」
18:00〜28:00(ラストオーダー27:30)
水曜定休

開く コメント(3)

2015年11月開業。
開業初日に訪問して以来4度目。
店名のMは店主・村上氏のイニシャルと思われます。
イメージ 6
下品系ラーメンが幅を利かせる曙町にあって
異彩を放つ、自家製麺で魚介淡麗スープの気鋭店。

メニュー
イメージ 5
麺類は「煮干そば」と「海薫るそば」の2系統がメイン。
「海薫る」はプラス50円で塩味に変更でき、
麺の太さや具などもガラッと変わります。
(塩味に関しては前回2017年10月訪問時の記事参照)

煮干そば750円+味玉100円
イメージ 4
動物系不使用なのに半濁りになるぐらい
しっかり煮干しを煮出してあります。
それなのに、煮干しの皮のギラギラしたものや、
はらわたの苦味のようなものが全くありません。
マッタリとした甘味さえ感じる希有な煮干しスープです。

煮干そば麺リフト!
イメージ 3
自家製、中太、平打ちの手もみ麺。
全粒粉のようなものを練り込んであるようです。
コシは強くないですが麺自体が太めなので
ちゃんと噛み応えがあります。
ただ個人的には全粒粉を入れない方が
煮干しスープの持ち味を生かせるような気がします。

特製 海薫るそば1050円
複数の魚介をブレンドした動物系不使用スープ。
何かが突出することはなく、調和のある味わいです。
イメージ 2
写真右側には鮭節の薄削りが載せてあり、
箸を入れる前に右と左のスープをすくって
風味の違いを楽しむのがオススメの食べ方。

実は、鮭節はそのまま出汁を取っても
あまり美味しくありません。
しかしこのようにアクセントとして
使用するのはとても効果的。
素晴らしい発想です。

海薫る麺リフト!
イメージ 1
自家製手もみ麺。
煮干そばと同じ麺と思われます。
こちらの方がスープとよく合ってます。

約1年半ぶりの訪問でしたが、
相変わらず美味しくて進化も見られます。
「煮干そば」と「海薫るそば」では
私は後者の方が好き!

食べログ「麺屋M」


開く コメント(6)

2018年5月開業。
近年あちこちに増殖している、
いわゆるネオ清湯タイプが、
ついに大口のようなマイナータウンにも出現!

写真一番奥にお店があります。
イメージ 1
JR横浜線の大口駅から徒歩2分と至近。

正式な店名は、
常用漢字の「高」ではなく、はしごの「癲廚鮖藩僂靴討い泙后
イメージ 2
店内はL字カウンターで10席ぐらい。

メニュー
イメージ 3
基本メニュー構成は「中華そば」と「つけそば」のみとシンプル!

ウンチク
イメージ 4
山梨県の信玄鶏を使用しているようです。

鶏の中華そば750円
イメージ 5
スープはまさに今ウケている鶏ガラ清湯系。
鶏中心で、昆布や野菜が下支えしているタイプです。
魚もごくわずかに感じるので、
醤油ダレに入っているという魚醤のせいでしょうか。

鶏チャーシュー
イメージ 6
徹底的に豚を排除した鶏シフト。
巻モモとムネが1枚ずつのようです。
しっとりとやわらかい仕上がりです。

麺リフト!
イメージ 7
国産小麦「春よ恋」の中でもハイグレードなものを使用したという、
三河屋と思われる中細麺。
国産小麦なのでかなりダレやすいのが難点。

ラヲタやSNSなどでの評価も高く、
レベルが高いのは間違いないのですが
同系統なら私は星印@反町の方が好み。


中華鶏おこわ(小)100円
イメージ 8
お釜の中で長時間おいていたのでしょうか、
油っぽくなっていました。

鶏つけそば800円
イメージ 9
麺を浸しているのは昆布水。
わずかに粘りがあるぐらいのサラサラタイプです。
個人的にはデロデロに粘る昆布水は苦手なので
これなら満足!

つけそば麺リフト!
イメージ 10
麺は「中華そば」と同じぐらいの太さ。
同じ麺かと思いきや、コシ重視の配合にしているそうです。
さらに水で締められているので、
中華そばとは段違いのコシがあります。
この麺はいいですね〜!

つけ汁
イメージ 11

つけ汁の中には鶏モモの巻きチャーシューが入っています。
基スープは中華そばと同じと思われますが
香味油が多いので、美味しい鶏スープの味を楽しめない気がしました。

「中華そば」と「つけそば」ならば前者が好みでした。



開く コメント(4)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事