ここから本文です
空腹時に見てはいけないブログ
訪問者数1600万人突破ありがとうございます!
この日は1日に5軒も食べ&飲み歩き!

おのおの独立記事にするほどの材料がないので
まとめて放出しちゃいます。

1軒目
中島家@反町
キャベツラーメン830円+のり100円
イメージ 3
これは先日、単独記事でも掲載したものです。

2軒目
カレーハウスリオ@横浜駅西口
横浜駅利用者なら誰もが知っているであろう著名店。
カキフライカレー850円(冬期10〜3月)
イメージ 4
1960年から続く老舗カレースタンド。
かつてはジョイナスB1Fにありましたが、、
2014年8月、ジョイナスB2F地下鉄側に移転リニューアル。
欧風カレーなのに意外とスパイス感が強め!

3軒目
RAI'S BAR@横浜駅西口
鶴屋町1丁目にあるショットバー。
ボウモア10年
イメージ 5
スコットランド・アイラ島のシングルモルトウイスキー。
ウイスキー系では一番好きな銘柄です。

4軒目
BAR CLASSIC(バー クラシック)
こちらも鶴屋町1丁目にあるショットバー。
イメージ 6
ここでも色々飲みましたが、
印象的だったのは上写真のウォッカとジン。
ウォッカやジンはカクテルのベースとして
使用されることは知られていますが、
そのお酒単独で味わうことはあまりないのが実情。
しかしこのジンとウォッカは単独で美味しいお酒なのです。

●グレイグース Gley Goose
(フランス産ウォッカ
フランス産の希少な最高級の冬小麦を使用。
小麦の優美な甘味とプラム、アニス、グレープフルーツなどの
香味が絶妙。ストレートかロックがおすすめ!

●サイレントプール Silent Pool
(イギリス産ジン
ジンはジュニパーベリー(セイヨウネズ)で
香り付けされた蒸留酒のこと。
他にオーガニックラベンダーのほか、洋ナシ、ローズペタル、
エルダーフラワーを含む24種のを使用。
無骨なイメージはなく、あくまでも華やかな味。

5軒目
横浜商店@横浜駅西口
イメージ 2
立ち飲み店ながら料理のレベルが高い。
特に焼き鳥はおすすめ!

極上レバー(タレ)150円×2
イメージ 1
瑞々しくてプリッとした食感。
ボソボソとかパサパサという食感は皆無で
中はレアに近い仕上がりです。
それでいて血生臭さのようなものは無し。
150円串としてはかなりレベル高いです。

というわけで食べ呑み歩いた2017年年末でした。


この記事に

開くトラックバック(1)

中島家@反町

蒲田「こうや」系の横浜家系ラーメン人気店。
イメージ 1
1995年3月、横浜市西区浅間町にて創業。
2015年11月、火災により閉店
2016年8月、神奈川区反町で移転復活。

移転前2014年3月以来、
3年半ぶりの訪問です。

メニュー

イメージ 2
メニュー構成は典型的な家系ラーメン店。
こうや系らしくキャベツラーメンがあります。

キャベツラーメン830円+のり100円
イメージ 3
スープは移転前より幾分ライトになった気がするものの
全体的印象は変わらず美味しい。
チャーシューは感想省略。

麺リフト!
イメージ 4
麺は移転前の酒井製麺から菅野製麺に替わりました。
以前よりもコシ・弾力が増して美味しくなっています。

【参考】移転前2014年3月の写真
イメージ 5
麺以外に大きな変更はないと思われます。

中島家
横浜市神奈川区反町1-5-12 シティコープ反町 1F
11:00〜21:00
火曜定休
東急東横線・反町(たんまち)駅より徒歩3分

この記事に

当ブログ掲載は1年3ヶ月ぶり。
昨年7月の開店以来、10回目の訪問です。
国道1号バイパス沿い、箱根駅伝の戸塚中継所にあります。
イメージ 1
東京と神奈川で、私が一番美味しいと思う「塩ラーメン」は
迷わずこの店で決まり!

年末年始休業
イメージ 2
大晦日から1/4までは休業ですのでご注意を!
定休は火曜です。

メニュー
イメージ 3
塩ラーメンがメインです。
「中華そば」は煮干し醤油味です。

塩ラーメン750円
照明のかげんで醤油ラーメンのようにも見えるかもしれませんが
醤油味はもっとハッキリとした茶褐色になります。
イメージ 5
焦がしネギ(+50円)の有無を選べます。
しかし個人的には、焦がしネギは魚出汁の良さを
スポイルすると思うので不要派です。

スープリフト
イメージ 4
鶏ガラ豚骨ベースの動物系出汁に、
伊吹いりこ(白口煮干し)、屋久島さば節、他に
うるめや昆布などを合わせています。
魚介のお出汁がとにかく美味しすぎる!
ただ闇雲に煮出しただけの「魚味」とは異なる高尚なものです。

麺リフト!
イメージ 6
「春よ恋」等の国産小麦粉を配合した自家製麺。
加水率42%と高くなり、切り歯24番、
1週間熟成したという麺は、透明感があり、
前回訪問時(2017年3月)とは大きく変化
ツルシコっとして噛むとプツリと切れるのに
時間が経ってもブヨッとしない優秀な麺です。
開店当初の色白・低加水・ボキボキ麺とはエライ違い。

チャーシュー(バラ肉煮豚)
イメージ 7
あまりクロースアップされませんが
この店のチャーシューは東京と神奈川を合わせても
五指に入るほどの美味しさ。
豚バラ肉の柔らかさ、甘さ、旨味を堪能出来ます。
脂身もブリブリせずトロリとして美味しい!

メンマアップ
イメージ 8
メンマは今年上半期あたりから
穂先メンマに替わりました。
うん、この方が5倍旨いでしょ!

東京&神奈川で最旨の「塩ラーメン」の座は揺るぎない。
迷わず1位です。

カミカゼ
横浜市戸塚区汲沢町1202
11:00〜15:45(材料がなくなり次第終了)
火曜定休
国道1号線沿い。箱根駅伝の戸塚中継所。
駐車場多数あり
※JR戸塚駅からは徒歩約20分

戸塚駅西口(戸塚バスセンター)より
・藤沢駅北口行(神奈中バス・戸81)
・ドリームハイツ行(神奈中バス・戸50)
・横浜医療センター行(神奈中バス・戸56)
・俣野公園・横浜薬大前行(神奈中バス・戸52/55)
に乗車「大坂上」バス停下車
★バス停より裏道経由でで国道1号新道
(タックルベリー戸塚中継店横)に上がって行けます。


この記事に

2011年の開業以来、50回近く行ってます。
イメージ 6
横浜一美味しいとうどん屋と断言して差し支えありません。

12/10で閉店!?!?!?
しかし11/21朝、店主の林さんから驚きのツイート!
イメージ 7
理由は体調不振とのこと。
いつも繁盛しているので経営不振は考えられないですねぇ。

明太子のおうどん870円
イメージ 4
下の天ぷら3点を合わせてこの価格です。

別皿天ぷら
格安の讃岐うどん店とは異なり、すべて揚げたて!
イメージ 5
明太子のおうどん用の天ぷらは
ちくわ天、半熟卵天、ししとう天。
そして常連サービスの鶏天です
(※2回目以降は誰でも常連)。

ぶっかけうどん570円
イメージ 8
徳利で濃口醤油の出汁ツユが付いてきます。
徳利を添付せず、卓上のだし醤油をかけて
「しょうゆうどん」として食べることも可能。

うどんアップ
徳利のツユをぶっかけた図。
イメージ 3
うどんのコシが今までに増して強くなったので
店主に尋ねてみたところ、幾分太くしたとのこと。
私はこの方が好みです♪

野菜天&穴子天(各300円)
こちらも格安店とは違って揚げたて!
イメージ 2
野菜天はなす、かぼちゃ、さつまいも、舞茸。
穴子天は穴子とししとうです。
別途天つゆ(うすくち醤油ベース)も付きます。

かけうどん(冷)570円
イメージ 1
業務用つゆや既成のだしの素を使用せず、
天然素材で作ったカツオ、昆布、サバ、ウルメ
の出汁が美味しい!
麺も上記通り、通常よりやや太めでコシが強い!

林店主は気を落としているのかと思いきや、
元気で機嫌もよく、「ちょうどいいリセットになる」と前向きな発言。
こりゃ少し休んだ後にまた動き出す予感(あくまでも私見)。





この記事に

2015年11月開業。
昨年6月の訪問以来、かなり進化したとの情報を聞きつけての再々訪。
イメージ 8
豚骨とか鶏ガラとかとかではなく、
純粋に魚の出汁を楽しむお店です。

メニュー
イメージ 7
「煮干し」と「海薫る」の2系統が柱。
最近では限定メニューにも力を入れているようで、
特に鮮魚系に凝っている(店主談)とのこと。

特製煮干しそば1050円
煮干しそば750円の具増しバージョン。
イメージ 6
煮干しの出汁をしっかり抽出しつつ、
ギラギラした皮や黒いハラワタの色はなく、
エグ味をほとんど出さないタイプ。
こういうの好きです。
聞けば、店主自身エグい煮干しラーメンは好きではないそう。

煮干し麺リフト
イメージ 5
前回訪問時のピロピロした白い平打ち麺から大幅に変わりました。
全粒粉入りでざっくりとした食感で
前回より麺の厚味も増しています。

海薫るそば(塩)800円
プラス50円で塩味に変更。
具や盛りつけなどが醤油味とは全然違う!
イメージ 3
煮干し、アゴ煮干し、昆布、節系などを使用しているそう。
出汁は何か1つが突出するわけではなく、
魚臭くもなっておらず、あくまでも芳醇で上質。
横浜ではこういう味は他にないでしょうね〜。
とても美味しいです♪

鶏チャー

イメージ 2
塩味ではチャーシューが鶏に替わります。
塩味のみで低温調理(店主談)だそうで、
中心部はごくわずかにレアな食感。

塩麺リフト
イメージ 4
醤油味の太麺とは打って変わって極細!
切り歯28番(店主談)とのこと。
麺の生地自体はおそらく太麺と同じでしょう。
同じベーススープと麺生地を使いながら
ここまで大胆に変えてくるとはさすが!

【限定】蟹そば950円
イメージ 1
蟹を白濁するまで煮込んだスープで、
味もそのままという感じ。
具のカボチャはハロウィンを意識したそうで(笑)
いやこのカボチャ、スープによく合ってますよ!




この記事に

24時間営業
イメージ 8
牛鍋の老舗「太田なわのれん」のすぐ近くにある
タイ料理店です。

タイ食材店を兼業
イメージ 9
入口にはタイ食材等が置かれ雑然とした感じ。
中に入ると和気あいあいとした雰囲気でほぼ満席状態!

卓上調味料(クルワンプルーン)
イメージ 7
白い粉は砂糖、薄茶色の液体はナンプラー、
赤い液体はナムソムプリック(唐辛子入りの酢)、
手前の赤茶色の粉唐辛子はプリックポン、
右奥のカラフルなのは激辛のプリックナンプラーです。

カオマンガイ900円
カオはご飯、マンは油脂(調理にはニンニク(ガティアム)油を使います)、ガイは鶏肉の意味。
シンガポール名物の「海南鶏飯」のタイver.です。
イメージ 6

タイ米は、鶏肉の茹で汁、ニンニク油、根付きパクチー、
バイトーイ(タコヤシの葉)などで炊いてあり、
茹でた鶏肉をご飯の上に載せてあります。
鶏スープが付くのもお決まり。

タレかける
添付のタレをかけた図。
イメージ 5
ハッキリ言ってメチャ旨!
海南鶏飯で付いてくる定番の三色タレは、
タイver.では辛いタレに替わっています。
タレの材料は唐辛子、ニンニク、タオチオ(味噌)など。

パッタイ900円
パッは炒める、タイは国名そのものを指します。
イメージ 4
タマリンドの甘酸っぱさとエビの旨味、
そこに唐辛子の辛味やライムの香りが加わり、
複雑かつ分かりやすい味構成になっています。
具はもやし、ニラ、エビ、卵、ピーナッツなど。

パッタイ麺リフト!
イメージ 3
センレック(中太の米麺)ではなく
センミー(細い米麺)を使用しています。
こんなに麺の軟らかいパッタイは初めて食べました。

マッサマンカレー900円
イスラム教徒のカレーという意味。
イメージ 2
ココナッツミルクベースの甘くマッタリとしたカレーで
辛味が弱いことも大きな特徴。
エスニック料理に慣れていない人でも
取っつきやすいタイカレーです。
この店では生クリームも入り、かなりコッテリしています。

マッサマン on the タイ米
イメージ 1
具は大きめに切ったジャガイモ、タマネギ、ピーナッツが定番。
ライス(タイ米)は別料金で300円でした。

料理はどれもハズレがなく、
24時間営業なのだからとても便利な店です。

バッタの唐揚げ1300円
持ち帰り用にパック詰めしてもらったもの。
イメージ 10
木くずのようなものはレモングラス。
青い葉はバイマックルー。
味付けは甘くなっています。
クセはほとんどないけど
日本のイナゴよりもサイズが大きく、
脚は硬くて口の中が切れる(笑)。
脚は外した方が良さそうです。







この記事に

2017/6/2オープンの新店。
近年、鶏ガラ淡麗系の店が増殖する中、
この店は豚清湯と魚介を合わせたスープだという。
しかもオープン直後から評判がすこぶるよいので
気になっていた店。

店主の今田匠氏は麺屋こうじグループの神勝軒
など複数の著名店で修業経歴あり。
今川@野方の立ち上げで共同参画した方です。
イメージ 1
平日午後1時過ぎにもかかわらず
外待ち4人、中待ち6人と計10人の行列。
店内はカウンター5席と4人掛けテーブル席が1つ。

メニュー
イメージ 2
券売機左上は塩ラーメン。
つまり塩がオススメということでしょう。
680円という価格が嬉しい。

チャーシュー250円
イメージ 3
手前がバラ、奥が肩ロースのようです。
いわゆるローストポークですが、
バラと肩ロースで味付けやロースト方法などを
変えているという凝りよう。

塩ラーメン680円+味玉100円
豚骨ベースの澄んだスープが特徴。
イメージ 4
うっ!旨いじゃないですか!
正直、鶏ガラ淡麗系には飽きているので
豚骨の芯の太いイノシン酸系の旨味が嬉しい。
太いといっても決してB級とか下品なわけではなく、
繊細で複雑、かつ力強い感じ。
そして、疑いなく無化調。

塩麺リフト!

イメージ 5
京都の麺屋 棣鄂(ていがく)製。
コシの強さと滑らかさを両立させた流行タイプの麺です。
後半はやや緩い食感になってしまうものの
麺硬なども対応可能のようです。

塩スープリフト!

イメージ 6
豚骨のほか、アサリ、昆布、サバなども使っているそう。
特定の素材が突出していないのに、
ぼやけた印象は一切なくて美味しい!
塩ダレにはヒガシマルの薄口醤油も使っているようです。

醤油ラーメン680円+味玉100円

イメージ 7
塩味に負けずこちらも美味しい!
濃口醤油がビシッと利いたタイプ。
店内にヒゲタ本膳の箱があったので
それを使用しているものと思われます。
タレに仕込んでいる魚介などは塩と違うようですが
ベースの豚骨清湯はおそらく同じでしょう。
鶏の味もしたので鶏油を浮かせてあるのかも。

醤油麺リフト!
イメージ 8
塩味と同じ麺ですが
スープを吸って茶色くなっています。
スープとの相性はむしろ醤油の方が良さそうです。

醤油スープリフト!
イメージ 9
充分すぎる出汁感を備えつつ、主役はあくまでも醤油。
魚介淡麗系の醤油味では甘くマッタリした感じに
なりがちなんですが、本品は全くそうではありません。

味玉(100円)断面
イメージ 10
埼玉県深谷市・田中農場「紅玉」を使用。
通販価格では一般の卵の2倍以上する品が100円で!
旨味は普通の卵より強く、かつ、
ピュアで雑味のない感じでした。
卵本来の美味しさが分かるよう、
醤油+砂糖のシンプルな味付けになっています。
なお、具の穂先メンマは味付けがかなり薄め。

塩と醤油、どちらも美味しい。
好みでどちらにも転ぶかもしれません。
でも初回訪問でどちらが良いか敢えて薦めるなら
やっぱり塩ですね〜!



営業時間
(2017/9/18訪問時の最新情報)
11:30〜15:00
18:00〜21:00(日月は夜の部なし)
火曜定休

この記事に

9/12から開始の限定メニュー2種を食べてみました。
イメージ 3
10/17から第2弾(埼玉vs.長崎)が始まるそうで、
第1弾は遅くても10/16までとなりそうです。

北見しょうゆタレとんかつバーガー430円
イメージ 4
北海道産ポーク使用とのこと。
ロース1枚肉ではなく、
肉片を寄せ集めてあるような食感でした。。

名古屋海老フライバーガー450円
イメージ 2
大きめの海老を2尾使用しているとのこと。
確かにプリプリ感はなかなかのもの。
タルタルにレモンが強烈に利いていて、
ちょっと強すぎじゃないかという気も。

というワケでお気に入りのフレッシュネスへ。

フレッシュネスバーガー
クラシックバーガーダブルチーズ800円

イメージ 1
やっぱりここのクラシックバーガーは
完成度が高い!



この記事に

開くトラックバック(2)

2017年4月7日、横須賀市の人気味噌ラーメン店が
横浜市内に移転!
ちなみに横須賀時代の大公は2013年4月開業。
その前は福島県郡山市で麺屋 輝(ヒカル)
という店を営んでいたとのこと。
イメージ 5
南太田の駅前。
改札を出て、平戸桜木道路を渡ってすぐの場所です。
※店の前にいる人たちは行列ではありません。

メニュー
イメージ 4
「純すみ系」に似た味噌ラーメンがメインですが、
他にも色々あるようです。

3枚チャーシュー焼き味噌920円
通常のラーメンにチャーシューを2枚追加で140円増しとなっています。
イメージ 3
スープは純すみ系に似た感じではあるものの
生姜を利かせているなど独自の道を行っているようです。
スープのコクは申し分なく、味噌の濃さといい、
炒めモヤシのしゃっきりした食感もよい。
欲を言うなら、スープがもっとアツアツならなぁ。
2年前、横須賀で食べた時よりだいぶ美味しく感じました。
ここ数年で食べた味噌ラーメンでは
雪ぐに@中田と並んで美味しかった。
ラー博すみれは見る影もなくなちゃったからなあ。

味噌麺リフト
イメージ 2
これぞ味噌ラーメンという感じの
黄色くプリッとした多加水縮れ中太麺。

3枚チャーシュー焦がし醤油920円
これは初注文メニュー。密かに期待してました!
札幌では味噌一辺倒ではなく醤油も人気があります。
イメージ 1
黒いラーメンにハズレなし!
って誰かが言ってました(笑)
これ味噌より好きかも!

醤油麺イメージ 6リフト

麺そのものは味噌ラーメンと同じですが、
こちらの方が醤油を吸いやすく、
味噌とは麺の色が違うのがわかるでしょう?
味が麺に乗りやすくなるみたいです。



店主Twitter
https://twitter.com/misotaikou

【参考】すみれ@新横浜ラーメン博物館
3年前(2014年)に食べたもの。
味噌ラーメン900円。
イメージ 7
記事を書いても悲しくなりそうなのでお蔵入り。


この記事に

今年4月に行って載せ忘れていた店です。
とても良い店なのでそのままお蔵入りにするのは
もったいないと思い掲載。
イメージ 6
伊勢佐木モールと鎌倉街道の間にある細い路地。
いわゆる昭和のスナック的な店です。
もちろんカラオケも歌い放題!

猫好き
イメージ 5
店名通り、この店のママは猫好き。
店内にも雄猫のたまニャンが出没します。
捨て猫撲滅活動の支援もしているそうです。

桃ねこかあちゃんのTwitter
https://twitter.com/qkqnsx4bfhafauk

桃ねこかあちゃんブログ
https://ameblo.jp/nekomama54/

この手のスナックで出てくる料理は
評価に値しないことが多いのですが、
この店は全然違います!
メニューも比較的豊富。

料金は3000円の定額制で、
何を食べても追加料金なし。
ボトルを入れれば別途3000円となります。

牛すじ煮込み
イメージ 4
辛い味付けですが辛すぎず、
ちゃんとコクが勝っています。
一口食べただけで手作りと分かる味。

豚しょうが焼
イメージ 3
結構なボリューム。
これにご飯と味噌汁が付けば立派な定食になります。
モチ・ジュワっとフレッシュな肉感がいい!

アサリの酒蒸し
イメージ 2
ほんのり醤油味なのかな?
(5ヶ月前の訪問につき記憶曖昧)
万能ねぎではなく分葱を使う心意気もいい。

舞茸チーズ焼
イメージ 1
舞茸もチーズもケチらずたっぷり使われており
見た目通りの味ながら幸せな気分にさせてくれる。

ラヲタの方も多数来店されているみたいですよ!


横浜市中区伊勢佐木町6-147
営業時間 19:00〜未明
年中無休
(本当に1日も休まないそうです)
地下鉄・阪東橋駅より徒歩3分
京急・黄金町駅より徒歩5分

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事