ここから本文です
空腹時に見てはいけないブログ
訪問者数1600万人突破ありがとうございます!
お気に入りの和泉屋@黄金町に行ってみたら…。
イメージ 9

ガ━━(;゚Д゚)━━ン!! 休み!
定休日は日曜のはずですが、臨休のようです。

隣に新店が!
と思ったら隣に新しい店がオープンしています。
とりあえず入店しちゃえ!
イメージ 8

調べてみると全国に185店もあるチェーン店で
職人が握った本格的な寿司を
江戸時代の寿司屋台のように
手軽に食べられるというコンセプトらしい。
ここ黄金町店は今年3月に開店したそう。

※価格はすべて税込

生ビール529円+お通し237円
イメージ 119時までドリンク半額!
(地酒や銘柄品など一部は半額対象外)

ホタルイカ刺538円
イメージ 2
なかなか宜しいじゃありませんか!

豪快!いかの天ぷら862円
イメージ 3
和泉屋のげそ唐揚げが食べたかったので
それに近いものを注文してみました。
名称通り、なかなかのビッグサイズ。

カキフライ538円
イメージ 4牡蠣は広島産。
十分美味しくて不満は特になし。

や台ずし3人前30貫3238円
さてメインのお寿司が登場です。
職人さんが鮮やかな手つきで握ってくれました。
イメージ 5
まぐろは紛れもなく本まぐろ(おそらく養殖)だし、
コハダも全然生臭くない。
見た目がイマイチだと思ったイカも
しゃっきりもっちりした食感で甘味も豊富。
握りもまさに職人の仕事。
これは安くても本物の寿司です。

ねぎとろ細巻646円&ねぎとろ涙巻701円
イメージ 6回転寿司などと比べるとべらぼうに高い気がしますが、
ちゃんとした寿司屋のねぎとろ巻は
1本(6切れ)800円〜900円が相場。
クオリティは全く引けを取らないので割安です。

タコさんウインナー430円
イメージ 7余興で注文してみました(笑)。

行き当たりばったりで入ったチェーン店なのに
なかなか満足度が高かった!


や台ずし黄金町
045-251-0028
16:00〜2:00
年中無休(年末年始はお問合せください)
京急本線 黄金町駅 徒歩1分
地下鉄ブルーライン 阪東橋駅 5番出口徒歩7分


この記事に

你好(ニーハオ)歓迎(ホアンヨン)と並び、
蒲田羽根つき餃子御三家のひとつです。
イメージ 8
御三家のうち金春だけが未訪問でした。

焼き餃子346円×3
イメージ 7
1つの皿に3人前盛ってきたので
なんだかよくわからない状態。

別方向から
イメージ 6
意外にデカい!
ニーハオや歓迎よりも一回り大きいのでは。

1個アップ!(焼き目側)
イメージ 5
羽根が綺麗なヤツを小皿に載せるとこんな感じ。

1個アップ!(つなぎ目側)
イメージ 4
羽根を取ってひっくり返すとこんな感じ。

餃子断面
イメージ 3
結構肉が多い。
サイズも大きめだし、5個346円ならおトクでしょ!

海老のマヨネーズかけ1058円
イメージ 2
海老の揚がり具合もいいし、
マヨネーズもそのままではなく
独自に甘味などが加えられていて
美味しいじゃないですか!

豚肉細切り入り焼きそば864円
イメージ 1
甘い醤油味で、麺にもしっかり味が染みています。
野菜のシャキシャキ感もいい。

御三家の中で、餃子以外の料理は金春が一番高レベルでした。

金春新館
(こんぱる新館)
東京都大田区西蒲田7-63-2
050-5869-6414(予約・問い合わせ専用)
11:00〜14:00
17:00〜22:30(L.O.)

この記事に

ご無沙汰してます!
ここしばらく食べ歩きしていませんでした。。

★4/3(火)はスープ不出来のため臨時休業だそうです。
ご注意ください!


横浜・黄金町にある鶏白湯(とりぱいたん)
の名店が蒲田に進出!
2018/4/1オープン。
(写真右下クリックで拡大)
イメージ 1
この日は開店2日目。
正午前で15人ほどの行列でした。

鶏源(黄金町本店)の記事(2017年5月)

メニュー
イメージ 2
不動の看板メニューは「鶏白湯塩」。
海老やカレーもありますが、
初回は迷わず塩で行きましょう。

その他メニュー
イメージ 3
本店(黄金町)よりも酒やツマミのメニューが増えています。
ちょい呑みにも使える店にしたいのかも。

※この日は半額サービス期間中で
メニューは「鶏白湯塩」のみですが、
4/3(火)より通常営業となります。
当記事では通常価格を表示しています。

鶏白湯塩760円+味付け玉子110円
イメージ 4
見た感じは本店とほぼ同じ。
博多豚骨ラーメンをそっくり鶏ガラに置き換えた感じ。
水色プラスチックレンゲを光沢黒に替えたのはfine play。
スープの基本的な作りは本店と変わりません。
でもライトになった気がするのは誤差の範囲?

麺リフト(ハリガネ)
麺の硬さはハリガネ→バリカタ→硬め→普通→柔らかめ→バリやわ
の6段階から選べます。
私はほとんど毎回「ハリガネ」で注文。
イメージ 5
博多ラーメンっぽい色白ストレート細麺。
本店では埋金製麺ですが、
蒲田店店頭には直久の麺箱が積まれていたので
おそらく直久製の麺なのでしょう。
食べた感じは本店とそれほど変わらない印象。

スープリフト
イメージ 6
白濁しているけどドロドロではありません。
巷では、物理的粘度が高い=コクがある、
と決めつける傾向にあるようですが、それは違います。
粘度が高くても繊維質やデンプン質に依る場合も多く、
それはコクや旨味とは別次元のものです。
この店はライトでもコクは十分です。

チャーシューアップ
イメージ 7
これも本店と基本的に同じ巻きバラ。
調理法などは替えていないと思われますが
本店よりジューシーで味薄だと感じました。

味玉断面
イメージ 8
濃い醤油と甘めの味付け。
黄身の半熟具合を含め、本店と同じ味です。

麺場 鶏源 蒲田店
東京都大田区西蒲田7-51-13
03-6424-8987
11:00〜23:30(ラストオーダー)
定休:今のところ無し
JR蒲田駅西口より徒歩5分
東急池上線・蓮沼駅より徒歩4分


この記事に

この日は1日に5軒も食べ&飲み歩き!

おのおの独立記事にするほどの材料がないので
まとめて放出しちゃいます。

1軒目
中島家@反町
キャベツラーメン830円+のり100円
イメージ 3
これは先日、単独記事でも掲載したものです。

2軒目
カレーハウスリオ@横浜駅西口
横浜駅利用者なら誰もが知っているであろう著名店。
カキフライカレー850円(冬期10〜3月)
イメージ 4
1960年から続く老舗カレースタンド。
かつてはジョイナスB1Fにありましたが、、
2014年8月、ジョイナスB2F地下鉄側に移転リニューアル。
欧風カレーなのに意外とスパイス感が強め!

3軒目
RAI'S BAR@横浜駅西口
鶴屋町1丁目にあるショットバー。
ボウモア10年
イメージ 5
スコットランド・アイラ島のシングルモルトウイスキー。
ウイスキー系では一番好きな銘柄です。

4軒目
BAR CLASSIC(バー クラシック)
こちらも鶴屋町1丁目にあるショットバー。
イメージ 6
ここでも色々飲みましたが、
印象的だったのは上写真のウォッカとジン。
ウォッカやジンはカクテルのベースとして
使用されることは知られていますが、
そのお酒単独で味わうことはあまりないのが実情。
しかしこのジンとウォッカは単独で美味しいお酒なのです。

●グレイグース Gley Goose
(フランス産ウォッカ
フランス産の希少な最高級の冬小麦を使用。
小麦の優美な甘味とプラム、アニス、グレープフルーツなどの
香味が絶妙。ストレートかロックがおすすめ!

●サイレントプール Silent Pool
(イギリス産ジン
ジンはジュニパーベリー(セイヨウネズ)で
香り付けされた蒸留酒のこと。
他にオーガニックラベンダーのほか、洋ナシ、ローズペタル、
エルダーフラワーを含む24種のを使用。
無骨なイメージはなく、あくまでも華やかな味。

5軒目
横浜商店@横浜駅西口
イメージ 2
立ち飲み店ながら料理のレベルが高い。
特に焼き鳥はおすすめ!

極上レバー(タレ)150円×2
イメージ 1
瑞々しくてプリッとした食感。
ボソボソとかパサパサという食感は皆無で
中はレアに近い仕上がりです。
それでいて血生臭さのようなものは無し。
150円串としてはかなりレベル高いです。

というわけで食べ呑み歩いた2017年年末でした。


この記事に

開くトラックバック(1)

中島家@反町

蒲田「こうや」系の横浜家系ラーメン人気店。
イメージ 1
1995年3月、横浜市西区浅間町にて創業。
2015年11月、火災により閉店
2016年8月、神奈川区反町で移転復活。

移転前2014年3月以来、
3年半ぶりの訪問です。

メニュー

イメージ 2
メニュー構成は典型的な家系ラーメン店。
こうや系らしくキャベツラーメンがあります。

キャベツラーメン830円+のり100円
イメージ 3
スープは移転前より幾分ライトになった気がするものの
全体的印象は変わらず美味しい。
チャーシューは感想省略。

麺リフト!
イメージ 4
麺は移転前の酒井製麺から菅野製麺に替わりました。
以前よりもコシ・弾力が増して美味しくなっています。

【参考】移転前2014年3月の写真
イメージ 5
麺以外に大きな変更はないと思われます。

中島家
横浜市神奈川区反町1-5-12 シティコープ反町 1F
11:00〜21:00
火曜定休
東急東横線・反町(たんまち)駅より徒歩3分

この記事に

当ブログ掲載は1年3ヶ月ぶり。
昨年7月の開店以来、10回目の訪問です。
国道1号バイパス沿い、箱根駅伝の戸塚中継所にあります。
イメージ 1
東京と神奈川で、私が一番美味しいと思う「塩ラーメン」は
迷わずこの店で決まり!

年末年始休業
イメージ 2
大晦日から1/4までは休業ですのでご注意を!
定休は火曜です。

メニュー
イメージ 3
塩ラーメンがメインです。
「中華そば」は煮干し醤油味です。

塩ラーメン750円
照明のかげんで醤油ラーメンのようにも見えるかもしれませんが
醤油味はもっとハッキリとした茶褐色になります。
イメージ 5
焦がしネギ(+50円)の有無を選べます。
しかし個人的には、焦がしネギは魚出汁の良さを
スポイルすると思うので不要派です。

スープリフト
イメージ 4
鶏ガラ豚骨ベースの動物系出汁に、
伊吹いりこ(白口煮干し)、屋久島さば節、他に
うるめや昆布などを合わせています。
魚介のお出汁がとにかく美味しすぎる!
ただ闇雲に煮出しただけの「魚味」とは異なる高尚なものです。

麺リフト!
イメージ 6
「春よ恋」等の国産小麦粉を配合した自家製麺。
加水率42%と高くなり、切り歯24番、
1週間熟成したという麺は、透明感があり、
前回訪問時(2017年3月)とは大きく変化
ツルシコっとして噛むとプツリと切れるのに
時間が経ってもブヨッとしない優秀な麺です。
開店当初の色白・低加水・ボキボキ麺とはエライ違い。

チャーシュー(バラ肉煮豚)
イメージ 7
あまりクロースアップされませんが
この店のチャーシューは東京と神奈川を合わせても
五指に入るほどの美味しさ。
豚バラ肉の柔らかさ、甘さ、旨味を堪能出来ます。
脂身もブリブリせずトロリとして美味しい!

メンマアップ
イメージ 8
メンマは今年上半期あたりから
穂先メンマに替わりました。
うん、この方が5倍旨いでしょ!

東京&神奈川で最旨の「塩ラーメン」の座は揺るぎない。
迷わず1位です。

カミカゼ
横浜市戸塚区汲沢町1202
11:00〜15:45(材料がなくなり次第終了)
火曜定休
国道1号線沿い。箱根駅伝の戸塚中継所。
駐車場多数あり
※JR戸塚駅からは徒歩約20分

戸塚駅西口(戸塚バスセンター)より
・藤沢駅北口行(神奈中バス・戸81)
・ドリームハイツ行(神奈中バス・戸50)
・横浜医療センター行(神奈中バス・戸56)
・俣野公園・横浜薬大前行(神奈中バス・戸52/55)
に乗車「大坂上」バス停下車
★バス停より裏道経由でで国道1号新道
(タックルベリー戸塚中継店横)に上がって行けます。


この記事に

2011年の開業以来、50回近く行ってます。
イメージ 6
横浜一美味しいとうどん屋と断言して差し支えありません。

12/10で閉店!?!?!?
しかし11/21朝、店主の林さんから驚きのツイート!
イメージ 7
理由は体調不振とのこと。
いつも繁盛しているので経営不振は考えられないですねぇ。

明太子のおうどん870円
イメージ 4
下の天ぷら3点を合わせてこの価格です。

別皿天ぷら
格安の讃岐うどん店とは異なり、すべて揚げたて!
イメージ 5
明太子のおうどん用の天ぷらは
ちくわ天、半熟卵天、ししとう天。
そして常連サービスの鶏天です
(※2回目以降は誰でも常連)。

ぶっかけうどん570円
イメージ 8
徳利で濃口醤油の出汁ツユが付いてきます。
徳利を添付せず、卓上のだし醤油をかけて
「しょうゆうどん」として食べることも可能。

うどんアップ
徳利のツユをぶっかけた図。
イメージ 3
うどんのコシが今までに増して強くなったので
店主に尋ねてみたところ、幾分太くしたとのこと。
私はこの方が好みです♪

野菜天&穴子天(各300円)
こちらも格安店とは違って揚げたて!
イメージ 2
野菜天はなす、かぼちゃ、さつまいも、舞茸。
穴子天は穴子とししとうです。
別途天つゆ(うすくち醤油ベース)も付きます。

かけうどん(冷)570円
イメージ 1
業務用つゆや既成のだしの素を使用せず、
天然素材で作ったカツオ、昆布、サバ、ウルメ
の出汁が美味しい!
麺も上記通り、通常よりやや太めでコシが強い!

林店主は気を落としているのかと思いきや、
元気で機嫌もよく、「ちょうどいいリセットになる」と前向きな発言。
こりゃ少し休んだ後にまた動き出す予感(あくまでも私見)。





この記事に

2015年11月開業。
昨年6月の訪問以来、かなり進化したとの情報を聞きつけての再々訪。
イメージ 8
豚骨とか鶏ガラとかとかではなく、
純粋に魚の出汁を楽しむお店です。

メニュー
イメージ 7
「煮干し」と「海薫る」の2系統が柱。
最近では限定メニューにも力を入れているようで、
特に鮮魚系に凝っている(店主談)とのこと。

特製煮干しそば1050円
煮干しそば750円の具増しバージョン。
イメージ 6
煮干しの出汁をしっかり抽出しつつ、
ギラギラした皮や黒いハラワタの色はなく、
エグ味をほとんど出さないタイプ。
こういうの好きです。
聞けば、店主自身エグい煮干しラーメンは好きではないそう。

煮干し麺リフト
イメージ 5
前回訪問時のピロピロした白い平打ち麺から大幅に変わりました。
全粒粉入りでざっくりとした食感で
前回より麺の厚味も増しています。

海薫るそば(塩)800円
プラス50円で塩味に変更。
具や盛りつけなどが醤油味とは全然違う!
イメージ 3
煮干し、アゴ煮干し、昆布、節系などを使用しているそう。
出汁は何か1つが突出するわけではなく、
魚臭くもなっておらず、あくまでも芳醇で上質。
横浜ではこういう味は他にないでしょうね〜。
とても美味しいです♪

鶏チャー

イメージ 2
塩味ではチャーシューが鶏に替わります。
塩味のみで低温調理(店主談)だそうで、
中心部はごくわずかにレアな食感。

塩麺リフト
イメージ 4
醤油味の太麺とは打って変わって極細!
切り歯28番(店主談)とのこと。
麺の生地自体はおそらく太麺と同じでしょう。
同じベーススープと麺生地を使いながら
ここまで大胆に変えてくるとはさすが!

【限定】蟹そば950円
イメージ 1
蟹を白濁するまで煮込んだスープで、
味もそのままという感じ。
具のカボチャはハロウィンを意識したそうで(笑)
いやこのカボチャ、スープによく合ってますよ!




この記事に

24時間営業
イメージ 8
牛鍋の老舗「太田なわのれん」のすぐ近くにある
タイ料理店です。

タイ食材店を兼業
イメージ 9
入口にはタイ食材等が置かれ雑然とした感じ。
中に入ると和気あいあいとした雰囲気でほぼ満席状態!

卓上調味料(クルワンプルーン)
イメージ 7
白い粉は砂糖、薄茶色の液体はナンプラー、
赤い液体はナムソムプリック(唐辛子入りの酢)、
手前の赤茶色の粉唐辛子はプリックポン、
右奥のカラフルなのは激辛のプリックナンプラーです。

カオマンガイ900円
カオはご飯、マンは油脂(調理にはニンニク(ガティアム)油を使います)、ガイは鶏肉の意味。
シンガポール名物の「海南鶏飯」のタイver.です。
イメージ 6

タイ米は、鶏肉の茹で汁、ニンニク油、根付きパクチー、
バイトーイ(タコヤシの葉)などで炊いてあり、
茹でた鶏肉をご飯の上に載せてあります。
鶏スープが付くのもお決まり。

タレかける
添付のタレをかけた図。
イメージ 5
ハッキリ言ってメチャ旨!
海南鶏飯で付いてくる定番の三色タレは、
タイver.では辛いタレに替わっています。
タレの材料は唐辛子、ニンニク、タオチオ(味噌)など。

パッタイ900円
パッは炒める、タイは国名そのものを指します。
イメージ 4
タマリンドの甘酸っぱさとエビの旨味、
そこに唐辛子の辛味やライムの香りが加わり、
複雑かつ分かりやすい味構成になっています。
具はもやし、ニラ、エビ、卵、ピーナッツなど。

パッタイ麺リフト!
イメージ 3
センレック(中太の米麺)ではなく
センミー(細い米麺)を使用しています。
こんなに麺の軟らかいパッタイは初めて食べました。

マッサマンカレー900円
イスラム教徒のカレーという意味。
イメージ 2
ココナッツミルクベースの甘くマッタリとしたカレーで
辛味が弱いことも大きな特徴。
エスニック料理に慣れていない人でも
取っつきやすいタイカレーです。
この店では生クリームも入り、かなりコッテリしています。

マッサマン on the タイ米
イメージ 1
具は大きめに切ったジャガイモ、タマネギ、ピーナッツが定番。
ライス(タイ米)は別料金で300円でした。

料理はどれもハズレがなく、
24時間営業なのだからとても便利な店です。

バッタの唐揚げ1300円
持ち帰り用にパック詰めしてもらったもの。
イメージ 10
木くずのようなものはレモングラス。
青い葉はバイマックルー。
味付けは甘くなっています。
クセはほとんどないけど
日本のイナゴよりもサイズが大きく、
脚は硬くて口の中が切れる(笑)。
脚は外した方が良さそうです。







この記事に

2017/6/2オープンの新店。
近年、鶏ガラ淡麗系の店が増殖する中、
この店は豚清湯と魚介を合わせたスープだという。
しかもオープン直後から評判がすこぶるよいので
気になっていた店。

店主の今田匠氏は麺屋こうじグループの神勝軒
など複数の著名店で修業経歴あり。
今川@野方の立ち上げで共同参画した方です。
イメージ 1
平日午後1時過ぎにもかかわらず
外待ち4人、中待ち6人と計10人の行列。
店内はカウンター5席と4人掛けテーブル席が1つ。

メニュー
イメージ 2
券売機左上は塩ラーメン。
つまり塩がオススメということでしょう。
680円という価格が嬉しい。

チャーシュー250円
イメージ 3
手前がバラ、奥が肩ロースのようです。
いわゆるローストポークですが、
バラと肩ロースで味付けやロースト方法などを
変えているという凝りよう。

塩ラーメン680円+味玉100円
豚骨ベースの澄んだスープが特徴。
イメージ 4
うっ!旨いじゃないですか!
正直、鶏ガラ淡麗系には飽きているので
豚骨の芯の太いイノシン酸系の旨味が嬉しい。
太いといっても決してB級とか下品なわけではなく、
繊細で複雑、かつ力強い感じ。
そして、疑いなく無化調。

塩麺リフト!

イメージ 5
京都の麺屋 棣鄂(ていがく)製。
コシの強さと滑らかさを両立させた流行タイプの麺です。
後半はやや緩い食感になってしまうものの
麺硬なども対応可能のようです。

塩スープリフト!

イメージ 6
豚骨のほか、アサリ、昆布、サバなども使っているそう。
特定の素材が突出していないのに、
ぼやけた印象は一切なくて美味しい!
塩ダレにはヒガシマルの薄口醤油も使っているようです。

醤油ラーメン680円+味玉100円

イメージ 7
塩味に負けずこちらも美味しい!
濃口醤油がビシッと利いたタイプ。
店内にヒゲタ本膳の箱があったので
それを使用しているものと思われます。
タレに仕込んでいる魚介などは塩と違うようですが
ベースの豚骨清湯はおそらく同じでしょう。
鶏の味もしたので鶏油を浮かせてあるのかも。

醤油麺リフト!
イメージ 8
塩味と同じ麺ですが
スープを吸って茶色くなっています。
スープとの相性はむしろ醤油の方が良さそうです。

醤油スープリフト!
イメージ 9
充分すぎる出汁感を備えつつ、主役はあくまでも醤油。
魚介淡麗系の醤油味では甘くマッタリした感じに
なりがちなんですが、本品は全くそうではありません。

味玉(100円)断面
イメージ 10
埼玉県深谷市・田中農場「紅玉」を使用。
通販価格では一般の卵の2倍以上する品が100円で!
旨味は普通の卵より強く、かつ、
ピュアで雑味のない感じでした。
卵本来の美味しさが分かるよう、
醤油+砂糖のシンプルな味付けになっています。
なお、具の穂先メンマは味付けがかなり薄め。

塩と醤油、どちらも美味しい。
好みでどちらにも転ぶかもしれません。
でも初回訪問でどちらが良いか敢えて薦めるなら
やっぱり塩ですね〜!



営業時間
(2017/9/18訪問時の最新情報)
11:30〜15:00
18:00〜21:00(日月は夜の部なし)
火曜定休

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事