空腹時に見てはいけないブログ

訪問者数1700万人突破ありがとうございます!

全体表示

[ リスト ]

何度も行っている店で、
今回は改めてサンマーメンを再フィーチャーするために再訪。
 
お腹が空いたらとりあえずこの店に駆け込めば、
台湾出身のママが旨い物をお腹いっぱいに食わせてくれる!
イメージ 1
しかし!単に安さとボリュームだけがウリではない!
点心の腕は一線級の職人にも劣らず、台湾家庭料理は本場さながら。
日本式中華メニューに関しても日々研究と改良に余念がありません。
数ヶ月ぶりに行くと必ず新メニューが追加されているほど研究熱心。
 
「桃園」過去掲載記事
 
日替わり定食
イメージ 2
メニュー表に書いてある以外にもあれこれ出てくることがあるので注意(笑)。
この日(ランチタイム)は近所の寛政中学校から職業体験学習として
男女2人の中学生店員が働いていました。
そしてなんと、体験学習生のいる時は①とり唐揚げ ②ゴマ団子 ③水餃子
いずれかを無料サービス!体験学習のため、客に運ぶ皿数を増やしたい
というママの心意気が表れています。
ちなみに今回は「いずれか」ではなく、「すべて」付いてきましたよ(笑)。
 
大根の漬物
席に座ると、何も注文していないのにすぐさま卓上に置かれましたが(笑)、
本来、定食の付け合わせとして出しているようです。
イメージ 6
今までこの店で大根の漬物を出されたことが何度もありますが、
だんだん日本人好みに進化している気がします。
 
ゴマ団子
これも注文していないのに速攻で出てきました(笑)。
体験学習生がいる時のサービスです。通常価格は3個で520円。
イメージ 7
中華街で買ったゴマ団子は中が空気ばかりなのですが
この店のゴマ団子はあんことお餅で満たされています。
しかも良質でうまい!中華街で買うのがバカバカしくなります。
 
鶏唐揚げ
体験学習生サービス第2弾。これも、まだ何も注文していないうちに出てきました(笑)。
通常価格はこれより量が多くて680円です。
イメージ 8
唐揚げを食べたらもう腹5分目ぐらいですよ〜(笑)。
この店は基本的に化調等は使わないのですが、
これは業務用おろしニンニクっぽいジャンク仕様になっています。
 
さて、ようやく注文です(笑)。
サンマーメン840円、豚レバーニラ炒め定食840円、計1680円のオーダーです。
 
サンマー麺840円
久々の訪問で味チェックしたかったのはこのメニュー!
イメージ 9
2008年2月の初訪問時に「サンマーメンNo.1」を宣言し、
その8日後に中華街・海員閣にて首位が交代していました。
 
椎茸たっぷり
イメージ 10
以前と違って、シメジではなく椎茸たっぷり!
ママに「スープ変えた?」と訊いたら、かなり研究して変えたそうです。
以前は豚骨主体のズッシリしたスープでしたが、
おそらく鶏ガラや生姜などもバランスよく入ったタイプに変わりました。
それでも中華料理店のスープとしてはかなり重厚な部類。美味しいです。
 
麺リフト!
イメージ 11
製麺所を変えたとのことですが、以前と同じく縮れもハリも強い印象。
アツアツの餡に包まれても麺の縮れは維持され、
中〜後半になっても歯応えがあり、ダレる気配がありません。
中華料理店の麺としては類い希と言えるほどハリが強くて秀逸。
 
餡リフト!
イメージ 12
スープも麺も進化し、具もグレードアップ。餡の絡み具合もいい!
結局のところ「ウマイ」という一言に凝縮されます。
 
私的評価ではサンマーメン首位に返り咲き!
ただ、玉泉亭などの正統派とは異なるタイプなので単純比較はできませんが。

豚レバーニラ炒め定食840円
いわゆるレバニラ定食。スープ、ライス、それに上で紹介した漬物がついてます。
イメージ 13

写真だとそんなに多く見えませんが、普通の中華屋の2倍はあります(笑)
野菜やレバーの仕上がり具合もいい感じですね〜。
 
スープ
イメージ 3
レバニラ定食に付いてくるスープのはずですが、
サンマーメンにも付いて来ちゃいました(笑)。
溶き卵とコーンがメインです。
化調やインスタントのスープ等はまったく入っていません。
 
水餃子
体験学習生サービス第3弾が来ました(笑)。通常価格では6個350円。
イメージ 4
体験学習期間のサービスすごすぎ!
味は今まで何度も食べた通り、美味しさに変わりはありません。
皮も餡も紛れもなく手作りです。
 
エビ入りニラ餃子
イメージ 5
これがママ自慢の自家製点心! 通常価格は3個520円。
これは、おみやげに持ち帰って家で蒸したものです。
皮のモッチリ感、餡の味付けも化調感がなく、隙のないデキ!
 
というわけで2人で1680円しか払っていないのにこんなに食べちゃった(^o^)丿
ある常連客のおばちゃんは「多すぎだよ。ダメだよこんなんじゃ」と言ってました(笑)。
ダメというのは商売にならないとう意味なんですけどね。
まあ、この日は特別だったみたいです。
 
台湾家庭料理 桃園(とうえん・タオユェン)
横浜市鶴見区東寺尾5-4-7
045-586-1500
11:30〜14:00 17:00〜24:00
原則無休
京急線・生麦駅より徒歩15分
横浜方面からだと、国道1号(第2京浜)岸谷交差点を左に入って約200m先右側。近くにコインパーキングあり。

食べログ「桃園」リンク
2Fに十数名収容の座敷席あり(予約推奨)。

閉じる コメント(39)

アバター

ゆっきさん:どれも美味しいんですが、やっぱり分かりやすいオススメメニューがあった方が人に勧めやすいですよね〜。となるとやっぱりサンマーメンかな!

2012/10/3(水) 午前 5:10 ARAPRO 返信する

アバター

65さん:グルメブログをやっているのに小食であることをしきりに強調するのは印象が悪いですよ。たとえハッタリでも、ともりんみたいにテンションアゲアゲの方が夢があっていい。実際に桃園に行った場合は、あらかじめママに事情を説明しておけば問題ないわけですから。

2012/10/3(水) 午前 5:11 ARAPRO 返信する

アバター

こけ麻呂さん:軽くランチのつもりだったのが超ヘビーなフォードファイトになった感じです(笑)。サンマーメンはマジでオススメ!

2012/10/3(水) 午前 5:11 ARAPRO 返信する

アバター

こばぴー:じょんならんは相手を見ながら盛りの量を調整しているそうですが、桃園は誰構わず量を増やしている感じですね〜(笑)。まあ、あまり食べられない時は入店時に言っておくのがいいでしょうね。

2012/10/3(水) 午前 5:12 ARAPRO 返信する

アバター

メタボリさん:一度入店すればたらふくになるまで帰してくれない店ですね〜(笑)。客のニーズにもう少し敏感になれば商売上手になるのに〜(^^

2012/10/3(水) 午前 5:12 ARAPRO 返信する

アバター

翔ちん:軽くランチと思っていたのに油断していました(笑)
もう動けないほどお腹いっぱいで、車の運転もままならないぐらい(^^

2012/10/3(水) 午前 5:13 ARAPRO 返信する

アバター

ハッタリ君:確かに、浜っ子でもサンマーメンを年に何度も食べるという人はそんなに多くないかもしれません。中までみっちり詰まったゴマ団子の美味しさをぜひ知ってもらいたいものですね〜

2012/10/3(水) 午前 5:13 ARAPRO 返信する

アバター

てつあんさん:この店で美味しいメニューはたくさんあるけど、分かりやすい看板メニューはやっぱりサンマーメンかなという気がしました。

2012/10/3(水) 午前 5:14 ARAPRO 返信する

アバター

kazさん:体験学習は9/26〜28の3日間でした。
せっかく体験学習に来てくれるんだから客が少なかったら暇を持て余してしまう。少しでも客を増やして、仕事の量も増やして、客と触れ合ってもらいたいというママの気持ちがこの太っ腹サービスによく表れています。

2012/10/3(水) 午前 5:14 ARAPRO 返信する

アバター

ともりん:ママは「忘れられていたのかと思ったよ〜!」って大興奮してくれました(^o^)。忘れてないっつーの(笑)。この店で美味しいメニューはたくさんあるけど、やはり分かりやすい看板メニューがあった方がいいと思います。

2012/10/3(水) 午前 5:15 ARAPRO 返信する

アバター

おじゃさん:レバニラは想像以上に美味しかったです〜!

2012/10/3(水) 午前 5:15 ARAPRO 返信する

アバター

そくらさん:1680円しか払っていないけど、食べた分をすべて売値に換算すると6000円以上になることが判明(笑)。原価でも2000円ぐらいは行っていそうです。嬉しいやら申し訳ないやら。

2012/10/3(水) 午前 5:18 ARAPRO 返信する

アバター

いっつぁん:横浜には美味しいサンマーメンはたくさんありますが、この店のサンマーメンはかなり独特というかスープも麺も強烈です。

2012/10/3(水) 午前 5:18 ARAPRO 返信する

アバター

Makotoさん:サンマーメンはもっとメジャーになってほしいな〜。真夏のサンマーメンは難行苦行だけど冬はいいですよね〜。

2012/10/3(水) 午前 5:19 ARAPRO 返信する

アバター

ちー坊さん:玉泉亭のサンマーメンも大好きですが、それとは全然違うタイプで、これもまた大好きです。ぜひ食べ比べて欲しいものですね〜。

2012/10/3(水) 午前 5:19 ARAPRO 返信する

アバター

Naotoさん:桃園のサンマーメンは、ハッキリ言えば既存のサンマーメンとはかなり異なるものです。でも食べてほしいですね〜。

2012/10/3(水) 午前 11:59 ARAPRO 返信する

アバター

マサラッキさん:サンマーメンは横浜名物メニューなのでぜひ食べてみてくださ〜い!

2012/10/3(水) 午前 11:59 ARAPRO 返信する

いくらなんでもやりすぎでしょう(笑)
サービステンコ盛りは嬉しいですが
体重計にのるのが怖いです( ̄▽ ̄;)!!

2012/10/4(木) 午後 10:59 [ すけさぶろう ] 返信する

アバター

すけさん:今までで最大のサービス攻勢でした(笑)
夜になってもお腹が空きませんでしたよ(^^ゞ

2012/10/5(金) 午前 0:25 ARAPRO 返信する

アバター

***さん:台湾に椎茸のラーメンがあるのですね。桃園のママもその味を思い出しながら作ったのかもしれませんね。私のブログのことはママもよく知っているので、ブログを見て来たと言えばきっと喜びますよ!

2012/10/7(日) 午前 2:08 ARAPRO 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事