ここから本文です
空腹時に見てはいけないブログ
訪問者数1500万人突破ありがとうございます!

書庫全体表示

記事検索
検索

全581ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

当ブログには3年ぶり2度目の登場。
イメージ 1
「あの頃の洋食」を謳っていますが
開業したのは21世紀という面白い店。
店主の三好理恵子さんは現在60歳代で
50を過ぎてから洋食コックへ転身。

メインメニュー(消費税込)
イメージ 2
ハンバーグ、オムライス、ナポリタンといった
王道の昭和洋食メニューが中心。

本日のオススメ(消費税込み)
イメージ 3
たまに和食的なメニューがあったり、
冬場はおでんもやっているようです。

アボカドサラダ600円
イメージ 4
自家製と思われるフレンチドレッシングと新タマネギが美味しい。
もちろん主役のアボカドも!
実は、サラダには意外に料理の腕が反映されやすいのです。
野菜の鮮度はもちろんのこと、
切りたてか切り置きか、保管状態は良いか、
ドレッシングは自家製か否か等、
判定ポイントが多いんです(もちろんこの店は◎)。

セットのサラダ
イメージ 5
こちらは主菜にセットでついてくるミニサラダ。
ドレッシングは自家製かどうか分かりませんが
野菜が美味しいことは上記同様です。

仔牛のタンシチュー1550円
イメージ 6
ベースは以前食べたビーフシチューと同じで、
牛肉やトマトなどの野菜を煮込んだシンプルなものでしょう。
しかし既製ソースの類いは使っていないと思われ、
とても安心で自然な味です。
客の年齢層が高いせいか味付けは薄めですが
卓上には塩があるので問題なし。

タンリフト!
イメージ 7
大きめの肉がいくつも入っていて超やわらかい!
しかも霜降り和牛のように脂でやわらかいのではなく、
タン(舌)だからもちろん筋肉質。
それなのに食感がきめ細かくやわらかいのです。

ガーリックトースト300円
パンは食パンとフランスパンから選べるとのことで後者を選択。
イメージ 8
メニューにガーリックトーストがあると
高確率で注文するほど好きな私ですが
これはツボにずっぽりハマる絶妙なデキ!

かつ重1100円
味噌汁、ミニサラダ、お新香つき。
イメージ 9
横浜最強レベルのカツ丼という評もあるようで、
実はこの日の密かな狙い目はコレでした!

かつ重
イメージ 10
見るからに当りオーラ満点!
白身は完全に固まっているのではなく
表面だけ真っ白な膜が張り、中は白濁ジュレ状。
黄身は黄色くならずオレンジ色にとどまっています。

かつ断面
イメージ 11
カツの揚げ具合、肉の噛み具合、卵の状態、
タマネギの煮え具合などほぼ完璧といえるデキ。
丼ツユに鰹だしが入っていないので
蕎麦屋系のカツ丼が好きな人は減点材料か?
それにしても横浜最強レベルとの評は
決して大げさではないと思います。
大満足!





この記事に

店舗
気になるお店に行ってみました。
イメージ 2
2016年12月に開業。
都内の有名鶏白湯ラーメン店で学んだとのこと
(武一@新橋か?)。

メニュー

イメージ 1
鶏白湯系のほか、
煮干しラーメン、濃厚煮干しつけめんもあります。

営業時間
イメージ 3
金・土は深夜2時までやってます。

特製濃厚鶏白湯そば950円
デフォの「濃厚鶏白湯そば」プラス200円で
味玉、鶏団子2個、鶏チャーシュー1枚を追加増量。
イメージ 4
スープはややトロリ感のある鶏白湯で
事前情報で煮干しなども結構利いているとのことでしたが
私が食べた限りではぼピュアな鶏白湯でした。
THANKよりも美味しい。鶏源には及ばず。

鶏白湯麺リフト
イメージ 8
プリ・パツッとした透明感のある細麺。
スープを吸いにくく、ダレない麺です。
鶏チャーシューはモモ肉と思われる甘めの仕上がり。

味玉煮干し鶏そば800円
煮干し鶏そば700円に味玉100円を追加したもの。
イメージ 5
炒ってあるような香りの煮干しスープ。
品を損なわない程度にしっかり煮干しパンチが効いています。

煮干し麺リフト
イメージ 6
麺は鶏白湯と全く同じ。
この麺はむしろこちらのスープに合っているようです。

鶏照り焼き丼200円
丼物は「贅沢卵かけご飯」「名物鶏天丼」「鶏照り焼き丼」
の3種類があり、どれも200円です。
イメージ 7
3種のうち気になった鶏照り焼き丼を注文。
醤油ダレで焼いた鶏肉に山椒のアクセントが印象的。




この記事に

大森と蒲田にある丸一の姉妹店だそう。
イメージ 2
蒲田の丸一は食べログ評点4.02(本記事執筆時点)で、
実際に一度行きましたが非常に美味しかった
なのでこちらもぜひ来てみたかったのです。

店内には昭和53年創業との掲示あり。
結構長くやっているのですね〜。

メニュー
イメージ 3
「ロースかつ定食」は売り切れだったので
「とんかつ定食」を注文。

とんかつ定食1600円
イメージ 4
豚肉は丸一と同じ、千葉県の林SPFを使用。
特定の悪い病原菌を持たない豚肉です。
米や野菜の産地も店内に貼り出されています。
付け合わせの味噌汁は豚汁風。

とんかつアップ
イメージ 5
とんかつの雰囲気も丸一@蒲田と似ていますが、
こちらの方が少し衣の色が薄く、
肉の厚味がないように見えます。
キャベツはおかわり無料のようです。

とんかつ断面1
イメージ 6
丸一@蒲田では中がピンク色ですが、
こちらはちゃんと色が変わっています。
どうやらビジュアル的には蒲田ではなく大森の丸一に近そうです。
肉自体が丸一と同じなのは味的にも間違いないでしょう。

とんかつ断面2
イメージ 7
肉の尾の方にはピンク色が残っていました。
多少脂身がある部分も美味しいです。

オンザライス
イメージ 1
ソースをべったりつけてお下品に(笑)。
この日のお米は山形の「はえぬき」。

横浜のとんかつ店といえば勝烈庵が有名ですが、
私は丸和の方が美味しいと思います。
価格も考慮すればきよし@星川
今のところ横浜最強とんかつかなあ。






この記事に

ご無沙汰しています。
最近あまりネタがないのでお休みしていましたが、
ある時は記事アップしていきたいと思ってます。
とりあえず花見!

大岡川の桜は毎年のように見に行っていますが
今年は桜並木のもっとも上流部、
弘明寺付近を散策することに。
イメージ 1
この辺まで来ると川幅が狭くなるので
桜の枝が両岸から川面へ垂れるさまがきれいです。
川は水際まで降りられるようになっており、
飛び石を渡って対岸まで行けるようになっています。

桜アップ
イメージ 2
花の中心部が黄色いのはまだ散らない。
中心が赤いのはもうすぐ散る花だそうです
(先ほどTVで言っていた情報)。
そうするとこの写真でも、もうすぐ散りそうなのがありますね〜。












この記事に

山手の老舗・奇珍の生まれ変わりとも言える店。
(奇珍も現存してます)

約2年半ぶりの訪問。
イメージ 9
店舗は半地下になっており、
写真中央〜右の赤ラインの下にお店があります。

釜焼きチャーシュー650円
イメージ 8
中華街の有名店より美味しい焼豚。
からし醤油で食べるのが大好き!
5枚載って1000円のチャーシュー麺の方が
おトクですけどね〜。

特製シューマイ400円
イメージ 7
ランチタイムはシューマイ3個
+ミニチャーシュー丼で250円とおトク。

名物極太メンマ450円
イメージ 6
「奇珍」譲りの極太メンマ。
甘くてやわらかい。
タケノコソバ850円の方がトクですけどね〜。

揚げワンタン500円
イメージ 5
汁入りのワンタンと違って餡が少ないタイプ。
添付の甘いタレも美味しい。
ちなみに奇珍ではもっと量が多いものの1200円(笑)。

ミニワンタン500円
イメージ 4
ワンタン麺もオススメですが
チャーハン+ミニワンタンという組み合わせも好き。

ワンタンリフト
イメージ 3
揚げワンタンと違って餡がしっかり入っていて
皮のつるつる感も申し分なし。

チャーハン800円
イメージ 2
丼のような器に入っています。
横浜市内のチャーハンとしては屈指のレベルでしょう。
焼豚が一級品で炒め具合もいい!

ラーメン750円
イメージ 1
自慢の焼豚と極太メンマが載っています。
麺は自家製の極細ストレートで、
最初はざっくりとした噛み応えです。
スープは鶏ガラなどからなる典型的な中華系の味なのに
類い希と言えるほど高レベルの逸品。







この記事に

開くトラックバック(1)

全581ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事