ここから本文です
空腹時に見てはいけないブログ
訪問者数1600万人突破ありがとうございます!

書庫全体表示

記事検索
検索

全586ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

国道1号の権太坂(ごんたざか)付近を
走っていたらこんな店を発見。
イメージ 1
ハワイアンダイニングカフェ?
よさげですね。入ってみましょう。

ラ・オハナ権太坂店
イメージ 2
あとで調べてみたところ、この店は2018年3月開業。
以前ここはグラッチェガーデンズという、
すかいらーく系列の店でした。
この店もすかいらーく傘下の会社が経営しているようです。

「ラ・オハナ」はここ権太坂店と横浜本牧店
の2店舗しか存在しないようです。

店内風景
イメージ 3
入口ではココナッツやパイナップルのアロマ香。
店員さんから「アロハ!」と声をかけられ、
レイ(花の首飾り)をかけてくれます。
照れくさいけど悪い気はしないですね〜(笑)
客席に入るとほぼ無臭です。

フルーツティーソーダ734円
イメージ 4
ファミレス大手でもこれに似たメニューはありますが、
冷凍フルーツ中心で無機質なものが多い。
しかしこの店では、店舗でフルーツをカットしているそう。
フレッシュで肉厚なキウイ、パイナップル、
オレンジなど果実感がしっかりしているから満足感高し!

ガーリックシュリンプ1166円
イメージ 5
「殻ごと食べられます」との事でしたが殻が硬い^_^;

フルーツスペシャル1706円
イメージ 6
フルーツがたっぷり載ったパンケーキ。
パンケーキ自体はタロイモを使用した
比較的薄くて軽い食感のもの。
フルーツは全体的に瑞々しくて美味しい!
かなりヘビーと思われたクリームも
軽い食感なのに味わいも良くてペロリと完食。

フリフリチキン1598円
イメージ 7
小型の親鳥を丸1羽グリルしたもの。
タレに6時間ほど浸けてから焼いたとのこと。

チキン切り分け
写真を撮った後、店員さんが切り分けてくれました。
イメージ 8
タレはチリソース、バーベキューソースのほか
バレンタイン期間中はチョコレートソースもついてきます。
チョコソースはハーシーズっぽい味でチキンに全く合わず。
チリソースが一番良いみたいです。

ファミレス系列店としては価格高めですが、
接客サービスなどは高水準。
殊にフルーツのクオリティーが良いのでオススメです。

ラ・オハナ権太坂店



この記事に

ご無沙汰してすみません。

大晦日は吉田類の酒場放浪記9時間放送と
年またぎ4時間スペシャルを、
つまり計13時間ずっと見てました(笑)

最近飲んだ日本酒レビューです。
イメージ 1
じょっぱり 上撰 雪
青森県弘前市・六花酒造(株)
吉田類の酒場放浪記に登場し、気になったので購入。
じょっぱりとは、津軽弁で「意地っ張り」「頑固者」の意味。
きりりと引き締まった辛口なのに、まろやかさや華やかな香りも感じる。
これは気に入った!

黒牛 純米 生原酒
和歌山県海南市・名手酒造店
これも吉田類の番組で気になったので購入。
和歌山ではかなりメジャーな酒らしい。
半濁り酒で米麹特有の風味が印象的。
辛味、甘味、酸度ともに高めで、しっかりとした飲み応えです。
隣県・奈良の「みむろ杉」を甘めにした印象。

イメージ 2
農口尚彦研究所 本醸造 無濾過生原酒
石川県小松氏・(株)農口尚彦研究所
農口尚彦氏は日本最高峰の醸造家の一人とされ、
吟醸酒や山廃といった現在定着している製法を広めた人。
85歳で杜氏に復活。2017年にこの醸造所を設立したとのこと。
「洋梨のような香り」と形容される華やかな吟醸香と、
穀物の持つ重厚なバディを両立させた作り。
アルコール度数19度と強めながらカドのない味わい。

魚沼 純米
かつて「上善如水」(じょうぜんみずのごとし)で一世を風靡したメーカー。
基本的には米汁的な美味しさで、華やかさはないのですが、
スッキリした辛口で、水っぽくないところがいい。
価格も2000円弱と安い。また飲みたい酒です。

イメージ 3
福徳長 上撰 山廃仕込
「鍛高譚」「ビッグマン」などで知られる合同酒精傘下。
甘辛度は中くらいで、重量感のあるコクとフルーティーな香りが同居。
一升1800円台(税抜)と安価なのも魅力。

いづみ橋 純米吟醸
神奈川県海老名市・泉橋酒造(株)
全商品が純米酒という酒蔵。海老名産山田錦を100%使用。
きりっとした辛口で、鼻に抜ける吟醸香が心地よい。
獺祭よりも好き。一般的にはかなりウケそうな味。


この記事に

横浜の黄金町にある鶏白湯(とりぱいたん)の名店が
2018年4月に東京・蒲田に進出!
イメージ 1
オープン直後以来、7ヶ月ぶり2度目の訪問です
まる玉(両国)のシンガポール店出身ですが
開業数年で本店を軽く凌駕する美味しさになっています。
最近数ヶ月は店主の中山氏が蒲田店に出張っているそうです。

おもなメニュー
イメージ 2
「鶏白湯塩」が中心メニューかつオススメです。

麺の硬さ&辛さ
イメージ 3
麺は「硬め」か普通で注文する人が多いようですが
個人的にオススメなのは「バリカタ」か「ハリガネ」です。
辛さは、いちばん辛い「天国」でも大したことはありません。

鶏白湯塩760円
イメージ 4
今年4月の蒲田店開店当初よりも数段美味しい!
澱粉や肉片で強引にドロドロにしたのではない、
ピュアで濃密な鶏の出汁が超うまい!
本店で一番美味しい時の味が見事に再現されています。

麺リフト(ハリガネ)
イメージ 5
私はいつも超カタメの「ハリガネ」で注文してます。
麺は博多豚骨のような色白ストレート細麺(切り歯26番?)。
横浜の本店とは製麺所が違うようですが、
食べた感じは大体同じ印象です。

チャーハン小350円
イメージ 6
どうやら熱血らーめん in Yokohamaの炒飯タレを
インスパイアしている様子。
サイドメニューとしてオススメです!

餃子6個370円
イメージ 7
おそらく業務用と思われますが、
ちょっと割安感のある美味しい餃子。
ラーメン+ちょい呑みにはちょうどいい!

鶏源蒲田店、今後もっとウケるでしょ!

【食べログ】
鶏源 黄金町本店
https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14047027/
鶏源 蒲田店
https://tabelog.com/tokyo/A1315/A131503/13219564/


この記事に

カミカゼ@戸塚中継所

大好きなカミカゼに11ヶ月ぶり訪問。
いわゆる魚介淡麗系としては文句なしに横浜1位!

2001年7月、泉区中田西(最寄り駅は立場)に開業。
以後、移転や閉店などの紆余曲折を経て
2016年7月、現在地に復活オープン。
イメージ 6
国道1号バイパス下り沿い、戸塚中継所にあります。
店前に駐車場多数あり。

藤沢方面から行くには?
イメージ 4
通行分離帯があるので反対車線からは入れません。
上り線(藤沢・小田原方面)からの場合は
青線のように進んでください。

券売機
イメージ 5
「塩」と「醤油」は元スープが同じ。
「中華そば」は煮干しベースの別スープになっています。

店内
イメージ 3
コの字型カウンター8席と、
テーブル2卓があります。
この時は閉店間際なので空いていました。

塩ラーメン750円
この店の主力メニューはこれ!
+50円で焦がしネギ入りも選べますが
魚出汁の風味を楽しみたいなら入れないのがオススメ。
イメージ 2
魚介は煮干し、鯖節、うるめ、昆布が中心と思われます。
鶏ガラベースと思われる動物系もしっかり下支え。
これまでと大きく変わったようには見えませんが
この店は常に改良や微調整を繰り返している模様。
今回は過去最高の美味しさ!

麺リフト!
イメージ 1
切り歯24番のストレート細麺。
北海道産小麦の風味もちゃんと堪能できて
しかも時間が経っても延びないのに
しなやかという秀逸な麺です。

甘味があってやわらかいバラチャーシュー、
穂先メンマも相変わらず美味しい!
やっぱり淡麗系ラーメンでは横浜最強!

【食べログ】カミカゼ
https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140305/14064633/

【Google map】自家製麺 カミカゼ



この記事に

反町の名物焼鳥店が再開発のため移転リニューアル!

移転前の店舗
ご覧のようにボロい、いやディープなお店でした。
しかし味は侮れない!

移転前の記事(2014年11月訪問)鳴門

移転後の店舗
イメージ 1


今年8月ごろ移転オープン。
元の場所からは徒歩2分です。

おもなメニュー
イメージ 2
基本的なメニューは移転前と変わっていない模様。
焼き鳥はすべて炭火で焼いています。
中華系の一品物が多いのも以前と同じ。

自家製つくね200円×2
この店のイチ押しメニュー。
イメージ 3
この店の特徴は、注文が入ってからタネを丸め、
油で素揚げし、串に刺し、炭火で焼いていることです。
作り置きしない、というだけで驚くほど美味しくなるのです。

かしら、牛ハツ、とり(各150円)
イメージ 4
これも注文が入ってから肉を切り出し、串に刺しています。
しかも肉は普通のスーパーで買ってきたと思われる
発泡トレーに入ってラップで包んであるヤツなのです。
つまり、ごく普通の肉でも手間を惜しまずに作って
炭火で上手に焼けばびっくりするほど美味しいのです!

レバー150円×2
イメージ 5
中はジューシー、外は香ばしく焼き上がっており
非の打ち所のない仕上がりです。
これも当然、注文後に串打ちしています。

ねぎま200円×2
イメージ 6
大きめに切ったモモ肉とネギが塩焼きで提供。
他の焼き鳥串とはちょっとまた違った趣向でいい。
ちなみにこの店でタレor塩は
店主におまかせとなっています。

皮150円×2
イメージ 7
ごく普通の鶏肉のはずなのに皮もうまい!
焼き方はもちろんのこと、
材料の扱いがしっかりしているのだと思います。

ぼんじり200円×2
つくねに次ぐオススメ品です。
イメージ 8
噛むとプシュッと脂がはじけて香ばしい。
脂の多い部位なのに後味が良い。

鶏唐揚げ(チリソース)600円
イメージ 9
唐揚げ自体デキは文句なし。
チリソースは市販の物にひと手間加えたもので
注文を受けてから刻んだネギや生姜を中華鍋で火を入れて作ったもの。

この店が創業から60年以上親しまれているのは
「いちいち、ちゃんと作る!」という姿勢が
しっかり味に出ているからだと思います。

【食べログ】鳴門
https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140205/14073327/

【Google map】鳴門


この記事に

全586ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事