ここから本文です
空腹時に見てはいけないブログ
訪問者数1600万人突破ありがとうございます!

書庫全体表示

記事検索
検索
24時間営業
イメージ 8
牛鍋の老舗「太田なわのれん」のすぐ近くにある
タイ料理店です。

タイ食材店を兼業
イメージ 9
入口にはタイ食材等が置かれ雑然とした感じ。
中に入ると和気あいあいとした雰囲気でほぼ満席状態!

卓上調味料(クルワンプルーン)
イメージ 7
白い粉は砂糖、薄茶色の液体はナンプラー、
赤い液体はナムソムプリック(唐辛子入りの酢)、
手前の赤茶色の粉唐辛子はプリックポン、
右奥のカラフルなのは激辛のプリックナンプラーです。

カオマンガイ900円
カオはご飯、マンは油脂(調理にはニンニク(ガティアム)油を使います)、ガイは鶏肉の意味。
シンガポール名物の「海南鶏飯」のタイver.です。
イメージ 6

タイ米は、鶏肉の茹で汁、ニンニク油、根付きパクチー、
バイトーイ(タコヤシの葉)などで炊いてあり、
茹でた鶏肉をご飯の上に載せてあります。
鶏スープが付くのもお決まり。

タレかける
添付のタレをかけた図。
イメージ 5
ハッキリ言ってメチャ旨!
海南鶏飯で付いてくる定番の三色タレは、
タイver.では辛いタレに替わっています。
タレの材料は唐辛子、ニンニク、タオチオ(味噌)など。

パッタイ900円
パッは炒める、タイは国名そのものを指します。
イメージ 4
タマリンドの甘酸っぱさとエビの旨味、
そこに唐辛子の辛味やライムの香りが加わり、
複雑かつ分かりやすい味構成になっています。
具はもやし、ニラ、エビ、卵、ピーナッツなど。

パッタイ麺リフト!
イメージ 3
センレック(中太の米麺)ではなく
センミー(細い米麺)を使用しています。
こんなに麺の軟らかいパッタイは初めて食べました。

マッサマンカレー900円
イスラム教徒のカレーという意味。
イメージ 2
ココナッツミルクベースの甘くマッタリとしたカレーで
辛味が弱いことも大きな特徴。
エスニック料理に慣れていない人でも
取っつきやすいタイカレーです。
この店では生クリームも入り、かなりコッテリしています。

マッサマン on the タイ米
イメージ 1
具は大きめに切ったジャガイモ、タマネギ、ピーナッツが定番。
ライス(タイ米)は別料金で300円でした。

料理はどれもハズレがなく、
24時間営業なのだからとても便利な店です。

バッタの唐揚げ1300円
持ち帰り用にパック詰めしてもらったもの。
イメージ 10
木くずのようなものはレモングラス。
青い葉はバイマックルー。
味付けは甘くなっています。
クセはほとんどないけど
日本のイナゴよりもサイズが大きく、
脚は硬くて口の中が切れる(笑)。
脚は外した方が良さそうです。







この記事に

2017/6/2オープンの新店。
近年、鶏ガラ淡麗系の店が増殖する中、
この店は豚清湯と魚介を合わせたスープだという。
しかもオープン直後から評判がすこぶるよいので
気になっていた店。

店主の今田匠氏は麺屋こうじグループの神勝軒
など複数の著名店で修業経歴あり。
今川@野方の立ち上げで共同参画した方です。
イメージ 1
平日午後1時過ぎにもかかわらず
外待ち4人、中待ち6人と計10人の行列。
店内はカウンター5席と4人掛けテーブル席が1つ。

メニュー
イメージ 2
券売機左上は塩ラーメン。
つまり塩がオススメということでしょう。
680円という価格が嬉しい。

チャーシュー250円
イメージ 3
手前がバラ、奥が肩ロースのようです。
いわゆるローストポークですが、
バラと肩ロースで味付けやロースト方法などを
変えているという凝りよう。

塩ラーメン680円+味玉100円
豚骨ベースの澄んだスープが特徴。
イメージ 4
うっ!旨いじゃないですか!
正直、鶏ガラ淡麗系には飽きているので
豚骨の芯の太いイノシン酸系の旨味が嬉しい。
太いといっても決してB級とか下品なわけではなく、
繊細で複雑、かつ力強い感じ。
そして、疑いなく無化調。

塩麺リフト!

イメージ 5
京都の麺屋 棣鄂(ていがく)製。
コシの強さと滑らかさを両立させた流行タイプの麺です。
後半はやや緩い食感になってしまうものの
麺硬なども対応可能のようです。

塩スープリフト!

イメージ 6
豚骨のほか、アサリ、昆布、サバなども使っているそう。
特定の素材が突出していないのに、
ぼやけた印象は一切なくて美味しい!
塩ダレにはヒガシマルの薄口醤油も使っているようです。

醤油ラーメン680円+味玉100円

イメージ 7
塩味に負けずこちらも美味しい!
濃口醤油がビシッと利いたタイプ。
店内にヒゲタ本膳の箱があったので
それを使用しているものと思われます。
タレに仕込んでいる魚介などは塩と違うようですが
ベースの豚骨清湯はおそらく同じでしょう。
鶏の味もしたので鶏油を浮かせてあるのかも。

醤油麺リフト!
イメージ 8
塩味と同じ麺ですが
スープを吸って茶色くなっています。
スープとの相性はむしろ醤油の方が良さそうです。

醤油スープリフト!
イメージ 9
充分すぎる出汁感を備えつつ、主役はあくまでも醤油。
魚介淡麗系の醤油味では甘くマッタリした感じに
なりがちなんですが、本品は全くそうではありません。

味玉(100円)断面
イメージ 10
埼玉県深谷市・田中農場「紅玉」を使用。
通販価格では一般の卵の2倍以上する品が100円で!
旨味は普通の卵より強く、かつ、
ピュアで雑味のない感じでした。
卵本来の美味しさが分かるよう、
醤油+砂糖のシンプルな味付けになっています。
なお、具の穂先メンマは味付けがかなり薄め。

塩と醤油、どちらも美味しい。
好みでどちらにも転ぶかもしれません。
でも初回訪問でどちらが良いか敢えて薦めるなら
やっぱり塩ですね〜!



営業時間
(2017/9/18訪問時の最新情報)
11:30〜15:00
18:00〜21:00(日月は夜の部なし)
火曜定休

この記事に

9/12から開始の限定メニュー2種を食べてみました。
イメージ 3
10/17から第2弾(埼玉vs.長崎)が始まるそうで、
第1弾は遅くても10/16までとなりそうです。

北見しょうゆタレとんかつバーガー430円
イメージ 4
北海道産ポーク使用とのこと。
ロース1枚肉ではなく、
肉片を寄せ集めてあるような食感でした。。

名古屋海老フライバーガー450円
イメージ 2
大きめの海老を2尾使用しているとのこと。
確かにプリプリ感はなかなかのもの。
タルタルにレモンが強烈に利いていて、
ちょっと強すぎじゃないかという気も。

というワケでお気に入りのフレッシュネスへ。

フレッシュネスバーガー
クラシックバーガーダブルチーズ800円

イメージ 1
やっぱりここのクラシックバーガーは
完成度が高い!



この記事に

開くトラックバック(2)

2017年4月7日、横須賀市の人気味噌ラーメン店が
横浜市内に移転!
ちなみに横須賀時代の大公は2013年4月開業。
その前は福島県郡山市で麺屋 輝(ヒカル)
という店を営んでいたとのこと。
イメージ 5
南太田の駅前。
改札を出て、平戸桜木道路を渡ってすぐの場所です。
※店の前にいる人たちは行列ではありません。

メニュー
イメージ 4
「純すみ系」に似た味噌ラーメンがメインですが、
他にも色々あるようです。

3枚チャーシュー焼き味噌920円
通常のラーメンにチャーシューを2枚追加で140円増しとなっています。
イメージ 3
スープは純すみ系に似た感じではあるものの
生姜を利かせているなど独自の道を行っているようです。
スープのコクは申し分なく、味噌の濃さといい、
炒めモヤシのしゃっきりした食感もよい。
欲を言うなら、スープがもっとアツアツならなぁ。
2年前、横須賀で食べた時よりだいぶ美味しく感じました。
ここ数年で食べた味噌ラーメンでは
雪ぐに@中田と並んで美味しかった。
ラー博すみれは見る影もなくなちゃったからなあ。

味噌麺リフト
イメージ 2
これぞ味噌ラーメンという感じの
黄色くプリッとした多加水縮れ中太麺。

3枚チャーシュー焦がし醤油920円
これは初注文メニュー。密かに期待してました!
札幌では味噌一辺倒ではなく醤油も人気があります。
イメージ 1
黒いラーメンにハズレなし!
って誰かが言ってました(笑)
これ味噌より好きかも!

醤油麺イメージ 6リフト

麺そのものは味噌ラーメンと同じですが、
こちらの方が醤油を吸いやすく、
味噌とは麺の色が違うのがわかるでしょう?
味が麺に乗りやすくなるみたいです。



店主Twitter
https://twitter.com/misotaikou

【参考】すみれ@新横浜ラーメン博物館
3年前(2014年)に食べたもの。
味噌ラーメン900円。
イメージ 7
記事を書いても悲しくなりそうなのでお蔵入り。


この記事に

今年4月に行って載せ忘れていた店です。
とても良い店なのでそのままお蔵入りにするのは
もったいないと思い掲載。
イメージ 6
伊勢佐木モールと鎌倉街道の間にある細い路地。
いわゆる昭和のスナック的な店です。
もちろんカラオケも歌い放題!

猫好き
イメージ 5
店名通り、この店のママは猫好き。
店内にも雄猫のたまニャンが出没します。
捨て猫撲滅活動の支援もしているそうです。

桃ねこかあちゃんのTwitter
https://twitter.com/qkqnsx4bfhafauk

桃ねこかあちゃんブログ
https://ameblo.jp/nekomama54/

この手のスナックで出てくる料理は
評価に値しないことが多いのですが、
この店は全然違います!
メニューも比較的豊富。

料金は3000円の定額制で、
何を食べても追加料金なし。
ボトルを入れれば別途3000円となります。

牛すじ煮込み
イメージ 4
辛い味付けですが辛すぎず、
ちゃんとコクが勝っています。
一口食べただけで手作りと分かる味。

豚しょうが焼
イメージ 3
結構なボリューム。
これにご飯と味噌汁が付けば立派な定食になります。
モチ・ジュワっとフレッシュな肉感がいい!

アサリの酒蒸し
イメージ 2
ほんのり醤油味なのかな?
(5ヶ月前の訪問につき記憶曖昧)
万能ねぎではなく分葱を使う心意気もいい。

舞茸チーズ焼
イメージ 1
舞茸もチーズもケチらずたっぷり使われており
見た目通りの味ながら幸せな気分にさせてくれる。

ラヲタの方も多数来店されているみたいですよ!


横浜市中区伊勢佐木町6-147
営業時間 19:00〜未明
年中無休
(本当に1日も休まないそうです)
地下鉄・阪東橋駅より徒歩3分
京急・黄金町駅より徒歩5分

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事