ここから本文です
空腹時に見てはいけないブログ
訪問者数1500万人突破ありがとうございます!

書庫全体表示

記事検索
検索
地味な立地と店構えながら
レベルの高い広島式お好み焼きを出す店。
店主親子は広島出身で、その親族も広島で
お好み焼き店を営んでいるそう。
イメージ 9
最近、夜の部は火・木・土しか開いていないそうで、
なかなか行く機会を作れず、
2年もご無沙汰になってしまいました。

メニュー(写真右下クリックで拡大)
イメージ 8
初回なら迷わず「そば入りお好み焼き」
+お好みのトッピングを推奨。

広島式お好み焼きの流儀(?)
イメージ 7
【左上/右上】
広島式お好み焼きは店の人が焼いてくれます。客が自分で焼くことはありません。
【左下】広島のお好み焼きは基本的に箸を使わず、テコだけで食べるのが本場流
【右下】カープソース。関東でこれを使っている店はかなり珍しい。

スペシャルそば入りお好み焼き1250円
そば入りお好み焼き(850円)に
生エビ&生イカ(各200円)を追加したもの。
イメージ 6
テーブル席ではこのように
切り分けてお皿で出してくれます。

カウンター席ver
イメージ 5
カウンター席は厨房の大きな鉄板に面しているので、
切り分けず、鉄板に載せたままサーブされます。
鉄板により保温されるのもメリット。

断面
イメージ 4
広島式お好み上から、
卵→そば→豚肉→キャベツ→生地
と層状になっています。
熟練の作り手が焼いているので味も見栄えも良い!

マヨネーズはかけない!
イメージ 3
広島式お好み焼きでは
原則としてマヨネーズはかけません。
一応、この店では頼めば出してくれるようですが
あくまでも邪道な余興と思って楽しみましょう。

スペシャル焼きそば1250円
肉・キャベツ入りの焼きそば(850円)に
生イカと生エビ(各200円)を追加したもの。
イメージ 2
そばは広島の名店がこぞって使用している磯野製麺より直送。
蒸し麺等ではなく、生麺を茹で上げてから鉄板に落としています。
もちろん、お好み焼きに入れる麺も同様です。
横浜市内で食べられる焼きそばとしては最高峰ではないでしょうか。

デザート(柿)
イメージ 1
〆にサービスのデザートがもれなくついてきます。
ちなみにランチタイムはドリンクのサービスあり。



【注意】営業時間は↓こちらが最新です。
月水金の夜営業はありません。
[月〜土] 11:30〜14:00
[火木土のみ] 17:30〜21:30
日祝定休

この記事に

2015年12月開業。
新潟県の上越・妙高地区で超有名な味噌ラーメン店
「食堂ミサ」の出身。
店主の柴田雅大氏は若くてさわやかな方で
ご自身も雪国出身とのこと。
TRY(東京ラーメン・オブ・ザ・イヤー)
2016新人賞みそ部門優秀賞を受賞。
イメージ 5
建物は長後街道(県道22号線)に面していますが
店舗入口は裏手に回ったところにあります。

メニュー
イメージ 4
看板メニューの味噌ラーメン以外にも
甘エビミソ、辛ミソ、醤油などもあります。

ミソラーメン800円
イメージ 3
鶏ガラ豚骨ベースの動物系スープに
タマネギ、セロリ、ニンニクなどの香味野菜が
かなり強く利いているのが印象的。
味噌ダレには妙高市・太田醸造の白味噌を使用。
信州の白味噌に近いものだと思われます。
チャーシューはおそらくローストでしょう。
味薄めながら肉汁感豊富でしっとりとして美味!

ミソラーメン(小)650円
+無塩バター100円+のり50円

スープや麺は上記「ミソラーメン」と全く同じです。
イメージ 2
味は濃すぎず、脂っこすぎない加減ながら
薄さや物足りなさを感じさせない作りになっています。
白味噌なのに甘ったるくないところも好印象。
北海道の味噌ラーメンとはまた違う味わいで、
なかなか面白いじゃないですか〜!

麺リフト
イメージ 1
自家製の縮れ中太麺は
加水低めで卵を多めに使用しているそう。
札幌でいえば、多加水熟成麺ではなく、いわゆる硬質麺に近いもの。
後半になっても延びず、美味しく食べられます。
具の野菜は、もやしよりもタマネギが多いのが特徴。

札幌の「純すみ系」とは似て非なるもので、
味噌ラーメンにプチサプライズを感じたのは何年ぶりか。
美味しかったです!


【注意】店舗入口は長後街道(県道22号線)の1本裏道になります。

この記事に

京都ラーメンチェーン店の魁力屋(かいりきや)。
「狩場店」はMEGAドンキホーテ狩場インター店の1Fにあります。
イメージ 7
現在、関東および関西を中心に72店舗を展開。

基本メニュー
イメージ 5
塩や味噌などもありますが、
絶対的に醤油がオススメ!

定食&一品メニュー
イメージ 6
お好きなラーメン+焼きめし、あるいは
小ライス+餃子や唐揚げなどとセットにしたものを
この店では「定食」と呼んでいます。

特製醤油九条ネギラーメン896円
(麺硬め・背脂多め)
京都ラーメンはいくつかのタイプに分類されますが
この店は「背脂醤油系」と呼ばれるタイプです。。
イメージ 4
背脂多めで注文しているので写真では見えませんが
スープそのものは透明感のある鶏ガラ化調ベースです。
卓上に入れ放題のネギがありますが、
有料トッピングのネギの方が明らかに良質!

麺リフト!
イメージ 3
麺硬めで注文。
ポキッとした食感の中細ストレート麺です。
麺、スープ、バランスともに良好で
チェーン店のラーメンとしては結構好きな方♪
たまに食べたくなります。

【限定】台湾ラーメン896円
10〜12月の限定メニューということですが、
確か昨年、一昨年もやっていた気がします。
実際に注文したのは今回が初めて。
イメージ 2
辛さもニンニク・ニラも控えめでおとなしい感じ。
卓上のおろしニンニク、ラー油、ヤンニンジャンも入れてみたものの…。

台湾麺リフト
イメージ 1
麺はレギュラーと同じものです。
硬めの麺ともやしの食感がよく合ってます。

やっぱりこの店は醤油一択だなぁ。
それだけ主力メニューの完成度が高いということでしょう。


国道1号(東海道)下り沿い。
「MEGAドンキホーテ狩場インター店」の駐車場を使用可。

この記事に

開くトラックバック(1)

2001年2月開業の餃子店。
数十回行っているお気に入り店なのに
近年行ける機会がなく、なんと2年半ぶりの訪問。
イメージ 5
星川駅から徒歩約6分。
以前は隣に駐車場3台があったのですが
この土地にマンションが建ってしまい、
現在は店前に1台のみ駐車可能です。
近くにコインパーキングあり。

メニュー(税込)
イメージ 4
ラーメンもやっていますが
メインはあくまでも餃子!

ぎょうざ270円×2
イメージ 3
安さだけでなく、味も最強!
そこらの中華屋で餃子に400〜500円払うのが
バカらしくなるほどの美味しさです。

餃子断面
イメージ 2
皮は標準より若干厚めで少しだけモチョ感あり。
餡はキャベツ、豚肉、タマネギあたりが中心のようです
(お取り寄せ餃子の原材料表示による)。
ニンニク、化調、塩分は弱めで、
肉より野菜が多い配合になっています。
焼き目はカリッと、中はホクッとした食感です。

神奈川県内の焼餃子としては、蝦夷@西谷、李園@本牧、
三陽@桜木町、八龍@反町、龍味@横浜駅西口、
ラオシャン@平塚などよりも美味しい!
というか神奈川ナンバーワンでしょ!

チャーシュー丼430円(スープ付き)
イメージ 1
餃子+ライスだけで充分満足ですが、
この店はチャーシューやメンマも美味しいからニクイ!
ライスではなく、ついコレを注文してしまいます。
添付のスープは醤油ラーメンと同じものでこれも美味しい。
ちなみにライスにもスープがついてきます。






この記事に

ハンバーグ11連発

今までに食べた美味しかった
横浜市内のハンバーグを集めてみました。
店名をクリックすると過去記事に飛びます。

ルートワン@三ツ沢上町
創業47年創業の洋食店。
ハンバーグステーキ1180円
単品価格。ライスorパンは250円です(夜)。

つなぎが少なく、適度に肉感も歯ごたえもある赤身タイプで私好み!

洗濯船@黄金町
昭和風洋食店なのにオープンしたのは12年前。
考えようによっては変わり種です。
ハンバーグステーキ1000円
ごはんと味噌汁がついてこの価格。

ハンバーグも素朴な家庭料理風ですが
造りには隙がなく、ちゃんとしたプロの味です。

和泉屋@黄金町
どじょう・ふぐ料理店ですがメニューは豊富で、洋食系もやっています。
自家製ハンバーグ864円
イメージ 1
和風と洋風から選べるとのことで
今回は和風を選択。
パテは牛肉比率高めながらやわらかい食感!

喫茶マヤ@鶴ヶ峰
古くからある昭和風喫茶店なのに
店構えや内装がこぎれい。
和牛ハンバーグ&ステーキ1500円
(ライス・みそ汁・ドリンクつき)


つなぎが少なく肉感の強いハンバーグは高レベル。
ソースがもっと美味しければ言うことないのにな〜。

なりこま家@神奈川新町
食肉加工会社が母体の定食屋。
カレー、からあげ定食、ハンバーグが中心メニュー。
ハンバーグ定食650円

食べた感じでは、つなぎなし牛100%だと思います。
ごはん、味噌汁、漬物付き。


ハングリータイガー本店@星川
1969年創業。日本初の郊外型レストランだそうです。
横浜人なら全員知っている有名店。
ダブルハンバーグステーキ
レギュラーセット2470円


ライス(orパン)とドリンク付き。
パテはつなぎなし牛100%です。
店員さんが、熱した鉄板にソースをかけて
ナイフで切るパフォーマンスを
50年近く前からやっていたとはすごい。

グリル ラクレット@桜木町
上記ハングリータイガーの出身。
ハンバーグランチ920円

店員さんがソースをかけてナイフで切ってくれる
パフォーマンスこそありませんが、
味はハングリータイガーに似ています。
CPはハングリータイガーよりかなり良い。

洋食キッチン カリオカ
相鉄1F裏改札を出たところにある
無添加と横浜野菜にこだわった洋食店。
国産黒毛和牛100%
横濱ハンバーグ(250g)1706円
横浜野菜のサラダとのセット価格。

ミディアムレアで中はやや赤い。
肉質が良い上にデミソースもめちゃうま!

キッチン大宮@みなとみらい
浅草「レストラン大宮」の系列店。
大宮特製ハンバーグステーキ1512円
単品価格。ライスorパンは324円。
オニオングラタンスープは972円です。

赤身中心でぎっしりした硬派なパテ。
適度にあふれ出る肉汁。好みです。
ソースも美味しくて隙がない。

ガスト
チェーン店で一番気に入ったハンバーグ。
超あらびきビーフバーグ・マウンテン1187円
単品価格。ごはん・味噌汁・漬物のセットは323円です。

チェーン店らしからぬ重厚感にびっくり!
2枚食べるとかなりの満腹感です。

しんぺー@鶴ヶ峰
番外編。スープカレー店ですが、
トッピングのひとつとしてハンバーグがあります。
自家製ハンバーグとチーズのスープカレー1400円

パテはソフトな食感なのにつなぎ感は少なく
肉っ気をしっかり感じる。
レベルの高いハンバーグです。
他のカレーに+400円で追加トッピングすることも可能です。



この記事に

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事