空腹時に見てはいけないブログ

訪問者数1700万人突破ありがとうございます!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

ザ・民家!
イメージ 1
2008年頃開業。住宅街にあるごく普通の住宅です。
店主の上重朋文(じょうじゅうともふみ)氏は都内や六角橋などで
中華料理店を経営しており、お歳が70近いため自宅にて営業することにしたそう。
 
 
 
看板
イメージ 2
前回訪問時(2008年12月)は看板はなかったのですが
今回は立派な看板が! 店主いわく、酒屋さんが造ってくれたそう。
窓から部屋が少し見えます。客はここで食事をします(笑)。
 
入口
イメージ 3
普通の住宅の玄関(笑)。
「いらっしゃいませ入口」という貼り紙があっても入りづらい雰囲気ですよね〜(笑)。
庭に小屋を建てて厨房として利用していますが、家自体は全く改造等をしていません。
客は玄関で靴を脱ぎ、居間にあがって食べます。
 
麺類メニュー
イメージ 4
筆頭は「たんめん」となっていますが、北京、上海、四川、担担など
興味深いラインナップとなっています。
その他、炒め物やご飯物等も一通り揃ってます。

もやしそば800円
店内の別貼り紙にあったメニュー。いわゆるサンマーメン(生碼麺)です。
イメージ 5
量は多い。普通の店の2〜3割増といった感じ。
豚肉ではなく、チャーシュー(煮豚)を具として入れてあるようです。
スープは14時間かけて丁寧にとられたもので、
化調感が少なく穏やかで深い味。餡も美味しいです!
 
もやしそばリフト〜!
イメージ 6
大橋製麺の細縮れ麺はカッチリとした歯応えで、コシがしっかりあります。
後半はコシも抜けてきますが、それでもヌメヌメした感じにはなりません。
 
韮レバ炒め700円
イメージ 7
レバーはスライス済みの冷凍またはチルドっぽい味ですが
野菜の炒め具合はなかなか。
 
炒飯800円(スープ付き)
イメージ 8
ウェットな感じで、バターを使用しているので独特の食感。
付け合わせのスープにはワカメがめちゃたくさん入っていました。
 
餃子400円
イメージ 9
作りは前回と大体同じですが、なぜか前回の方がずっと美味しく感じました。

上重朋文の店(じょうじゅうともふみ)
※以前は「店名なし」と呼ばれていた
横浜市港北区岸根町408-7
090-2626-8708
11:00〜21:00
 月1回程度不定休あり。
地下鉄・岸根公園駅(4番出口)徒歩4分。
駅から横浜上麻生道路(県道12号線)を小机方面へ。
最初の信号を右に坂を登って約50m先左側。
営業中にはノボリと提灯が出ています。
 

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事