空腹時に見てはいけないブログ

訪問者数1700万人突破ありがとうございます!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

まずは材料や調理行程の紹介から。
 
アメリカンビーフ
イメージ 1
左は607g、右のは535gあります。でっかいでしょう〜?
100gあたり158円のアメリカ産牛肩ロースです。

自家製ステーキソース
イメージ 2
タマネギや醤油などで作った自家製ソース!
 
◇ステーキソース材料
おろしタマネギ、刻みタマネギ、醤油、みりん、ブラックペッパー、砂糖、ガーリックパウダー、植物油少量
 
ドレッシング作り
イメージ 4
サラダ用のドレッシングを作っているところ。
セロリの葉、タマネギ、ニンジン、植物油、酢、塩、ブラックペッパー、砂糖少量をミキサーにかけるだけ!
 
ビーツ(テーブルビート)
イメージ 5
ボルシチ(ウクライナの伝統的な料理)に使うビーツです。神奈川県産。
カブに似た根菜で、ご覧のように非常に濃い赤色が特徴。
まるでマグロの血合いに近い赤身のような赤さです。
 
さて、ここから先は料理の登場です〜!
 
サラダ
イメージ 6
上記の自家製ドレッシングがかかっています。
原料が野菜なのでたっぷりかけても大丈夫(笑)
 
ボルシチ
イメージ 7
ビーツのほか、鹿児島産和牛、ジャガイモ、ニンジン、タマネギ、キャベツが入っています。
真ん中に載っている白いモノはサワークリーム。
 
ボルシチリフト〜!
イメージ 8
右上の四角いのがビーツ。
濃い赤色だったものが煮込んだことにより溶け出し、トマトぐらいの普通の赤色になりました。
ニンジンやジャガイモは角が取れて超やわらかくなっていますが、ビーツはまだ角が立っています。
 
さて、いよいよステーキ行きましょう〜!!
 
ステーキ焼き始め〜!
イメージ 9
やっぱり600gはデカイ!!
鉄板いっぱいになってしまうので付け合わせの野菜等はナシ(笑)
 
焼いているところ
イメージ 10
裏返したところ。
ステーキは裏返すタイミングが重要。
何度も裏返すのは絶対NGです!
 
焼き上がり!
イメージ 11
上記の自家製ステーキソースをかけると熱い鉄板がジューッ!
 
180gステーキと比較 
参考までに、ファミレスやチェーンのステーキ店などで一般的な180gがこれ。
面積だけではなく厚みも違います。なお、鉄板は同じものを使用。
 
ステーキ断面
イメージ 3
中が赤いけど冷たいわけではなく、
ある程度の温度に温まっています。
う〜ん、やっぱり赤身ステーキは旨い!
国産より輸入牛の方がステーキには向いています。

【ステーキの焼き方】
1)肉を冷蔵庫から出し、常温に戻しておく。中が冷たいまま焼くのはNG。
2)片面に塩胡椒をし、余分な脂身などは切り落として筋切りをしておく。
3)厚い鉄板を十分に加熱してから牛脂を入れ、煙が上がるくらい熱する。
4)強火のまま、塩・胡椒した面を下にして肉を鉄板に置く。
5)焼色がついたら火を弱め、表面に血のような肉汁が浮いてきたら肉を返し、
 ブランデーでフランベして火を止める。ステーキソースを回しかければ完成。
 
注)肉を裏返すのは一度だけ。何度も返すのは御法度!

開く コメント(40)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事