ここから本文です
空腹時に見てはいけないブログ
訪問者数1600万人突破ありがとうございます!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

地味な立地と店構えながら
レベルの高い広島式お好み焼きを出す店。
店主親子は広島出身で、その親族も広島で
お好み焼き店を営んでいるそう。
イメージ 9
最近、夜の部は火・木・土しか開いていないそうで、
なかなか行く機会を作れず、
2年もご無沙汰になってしまいました。

メニュー(写真右下クリックで拡大)
イメージ 8
初回なら迷わず「そば入りお好み焼き」
+お好みのトッピングを推奨。

広島式お好み焼きの流儀(?)
イメージ 7
【左上/右上】
広島式お好み焼きは店の人が焼いてくれます。客が自分で焼くことはありません。
【左下】広島のお好み焼きは基本的に箸を使わず、テコだけで食べるのが本場流
【右下】カープソース。関東でこれを使っている店はかなり珍しい。

スペシャルそば入りお好み焼き1250円
そば入りお好み焼き(850円)に
生エビ&生イカ(各200円)を追加したもの。
イメージ 6
テーブル席ではこのように
切り分けてお皿で出してくれます。

カウンター席ver
イメージ 5
カウンター席は厨房の大きな鉄板に面しているので、
切り分けず、鉄板に載せたままサーブされます。
鉄板により保温されるのもメリット。

断面
イメージ 4
広島式お好み上から、
卵→そば→豚肉→キャベツ→生地
と層状になっています。
熟練の作り手が焼いているので味も見栄えも良い!

マヨネーズはかけない!
イメージ 3
広島式お好み焼きでは
原則としてマヨネーズはかけません。
一応、この店では頼めば出してくれるようですが
あくまでも邪道な余興と思って楽しみましょう。

スペシャル焼きそば1250円
肉・キャベツ入りの焼きそば(850円)に
生イカと生エビ(各200円)を追加したもの。
イメージ 2
そばは広島の名店がこぞって使用している磯野製麺より直送。
蒸し麺等ではなく、生麺を茹で上げてから鉄板に落としています。
もちろん、お好み焼きに入れる麺も同様です。
横浜市内で食べられる焼きそばとしては最高峰ではないでしょうか。

デザート(柿)
イメージ 1
〆にサービスのデザートがもれなくついてきます。
ちなみにランチタイムはドリンクのサービスあり。



【注意】営業時間は↓こちらが最新です。
月水金の夜営業はありません。
[月〜土] 11:30〜14:00
[火木土のみ] 17:30〜21:30
日祝定休

この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事