ここから本文です
空腹時に見てはいけないブログ
訪問者数1600万人突破ありがとうございます!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

「ういろう」は小田原が本家!
「ういろう」は創業者一族の苗字だった!

北条早雲像
イメージ 2
神奈川県の小学校では絶対習う北条早雲!
小田原駅西口にあります。

二宮尊徳(金次郎)像
イメージ 3
小田原駅東口にあります。
歩きスマホ撲滅のため、最近では座って読書する金次郎像もあると聞きましたが、本場ではちゃんと歩きながら読書してます(笑)。

小田原城
イメージ 1
JRor小田急線or新幹線の小田原駅から徒歩約10分。

ういろう店舗
お城のような立派な店構えがすごい!
イメージ 4
室町時代の1368年、中国明朝から博多に伝来。
その製法を司る外郎(ういろう)氏が
室町時代末期の1504年、小田原に移住。
以後、小田原に根を下ろすことになります。
他の土地に支店やのれん分け等はないようです。

ういろう看板
イメージ 5
現在でも外郎(ういろう)氏が当主となっています。

喫茶入口
イメージ 6
テイクアウトがメインで、
よくある棒状のういろうなどが売られていますが、
店内には喫茶コーナーもあります。

喫茶メニュー

イメージ 7
和菓子とお茶がセットで600円。
老舗にしてはリーズナブルな価格です。

和菓子5種類
イメージ 8
お茶とセットの和菓子は
この5種類から好きな物を選べます

和菓子と御抹茶600円
和菓子は上記「丹頂」をセレクト。
イメージ 9
高級仕様ではなく、あくまでも庶民派。
それでいて至極まじめな作りです。

丹頂アップ
イメージ 10
表皮は餅米でできており、甘味がついています。
餅や求肥ではなく、おそらく「ういろう」の生地でしょう。
中の餡にはほのかに梅の風味がついています。

和菓子と御抹茶600円
和菓子は上記「常磐木」をセレクト。
イメージ 11
抹茶はごく普通の煎茶を挽いたような味。

常磐木アップ
イメージ 12
抹茶ケーキと羊羹が市松模様になったもの。
これもちゃんとした作りです。

紫芋ぷりん(緑茶セット)600円
これは季節限定メニューのようです。
イメージ 13
紫芋クリームの下には
紫芋入りのカスタードプリンがあります。
卵黄たっぷりで美味しいプリンです。




この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事