ここから本文です
空腹時に見てはいけないブログ
訪問者数1600万人突破ありがとうございます!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

2015年11月開業。
昨年6月の訪問以来、かなり進化したとの情報を聞きつけての再々訪。
イメージ 8
豚骨とか鶏ガラとかとかではなく、
純粋に魚の出汁を楽しむお店です。

メニュー
イメージ 7
「煮干し」と「海薫る」の2系統が柱。
最近では限定メニューにも力を入れているようで、
特に鮮魚系に凝っている(店主談)とのこと。

特製煮干しそば1050円
煮干しそば750円の具増しバージョン。
イメージ 6
煮干しの出汁をしっかり抽出しつつ、
ギラギラした皮や黒いハラワタの色はなく、
エグ味をほとんど出さないタイプ。
こういうの好きです。
聞けば、店主自身エグい煮干しラーメンは好きではないそう。

煮干し麺リフト
イメージ 5
前回訪問時のピロピロした白い平打ち麺から大幅に変わりました。
全粒粉入りでざっくりとした食感で
前回より麺の厚味も増しています。

海薫るそば(塩)800円
プラス50円で塩味に変更。
具や盛りつけなどが醤油味とは全然違う!
イメージ 3
煮干し、アゴ煮干し、昆布、節系などを使用しているそう。
出汁は何か1つが突出するわけではなく、
魚臭くもなっておらず、あくまでも芳醇で上質。
横浜ではこういう味は他にないでしょうね〜。
とても美味しいです♪

鶏チャー

イメージ 2
塩味ではチャーシューが鶏に替わります。
塩味のみで低温調理(店主談)だそうで、
中心部はごくわずかにレアな食感。

塩麺リフト
イメージ 4
醤油味の太麺とは打って変わって極細!
切り歯28番(店主談)とのこと。
麺の生地自体はおそらく太麺と同じでしょう。
同じベーススープと麺生地を使いながら
ここまで大胆に変えてくるとはさすが!

【限定】蟹そば950円
イメージ 1
蟹を白濁するまで煮込んだスープで、
味もそのままという感じ。
具のカボチャはハロウィンを意識したそうで(笑)
いやこのカボチャ、スープによく合ってますよ!




この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事