ここから本文です
空腹時に見てはいけないブログ
訪問者数1600万人突破ありがとうございます!

書庫┣魚介系

魚介類を主に使用した和食系料理の書庫です

記事検索
検索

全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ハンパネタや小ネタの放出です。
特にテーマ性などはありません。
 
熊本ラーメンチーズ入り
イメージ 1
お土産でいただいたスープ付き乾麺の熊本ラーメン。
チーズとトマトを入れて食べました!
もちろん添加物等はそれなりに入ってます(笑)
 
IKEAのホットドッグ
イメージ 2
たまたまIKEAへ買い物に行ったらホットドッグの値引きセールをしていたので
その日の夕食はこうなりました。
右上の炭酸飲料もIKEAで買ったスウェーデンの飲み物。
超甘かった(笑)
 
手羽先の唐揚げ
イメージ 3
オーソドックスな醤油味です。
調味液に浸け込まず、肉のジューシー感を重視!
 
骨付き肉のグリル
イメージ 4
骨付きの鶏もも肉を耐熱皿に置き、
ガスコンロの魚焼きグリルで焼いたものです。
味付けは岩塩とインド産ブラックペッパーのみ!
 
台湾メンマ
イメージ 5
桃園@生麦に行った時、お土産にもらったメンマに
自家製ラー油をかけました。

ブリ大根
イメージ 6
角上魚類で買ってきた美味しい鰤!
飴色の大根がまたいいでしょう〜!

舌平目のムニエル
イメージ 7
バターをたっぷり使っているから美味しいですよ!
 
 
 

この記事に

この日は横浜橋で赤海老を15尾780円で買えたので
かき揚げ丼を作ることに。

海老かき揚げ丼セット
イメージ 1
海老の髭を揚げたものを飾りつけてあります。
味噌汁と自家製柴漬け付き!
 
海老の味噌汁&自家製柴漬け
イメージ 2
味噌汁は海老の頭を焼いてから出汁を取りました。
柴漬けはナス、キュウリ、赤ジソを梅干しを漬けた時の梅酢に1時間ほど揉み込んで漬けただけの簡易版ですが、無添加なので美味しいですよ。
 
海老かき揚げ丼
イメージ 3
かき揚げのタネは海老と長ネギだけ(神奈川県平塚産泥ネギ)。
揚がったかき揚げを自家製秘伝のタレを使用した丼つゆにジュッとくぐらせて
ごはんの上に乗せてあります。
 
かき揚げ断面
イメージ 4
丼つゆにくぐらせるタイプのかき揚げ丼はごはんとの一体感があります。
 
断面その2
イメージ 5
海老がたくさん写っている断面ショット。
1杯あたり海老3尾をブツ切りにして使っています。
 
京抹茶
イメージ 6
この日来ていたまっつんのお土産。
京都・一保堂「巳昔」(みのむかし)という2013年巳年新春限定品だそうです。
当日味見できなかったので翌日飲んでみました。
 
抹茶
自分で点ててみました。
イメージ 7
苦味はほとんど無くまろやかだけど、旨味や香りが弱いような気がします。
前回いただいた鎌倉・茶来未のお薄茶「あづな」の方が美味しかったな(^^ゞ

この記事に

開くトラックバック(2)

焼魚&煮魚など10連発

赤魚の煮付け
イメージ 1
角上魚類で買ったアイスランド産の安い冷凍赤魚。
冷凍技術の進歩か、味は国産の赤魚鯛などにそう遜色ありません。
ちなみに、煮汁は冷蔵しておけば3日以内なら再利用できます。
前の魚の出汁が出ているので美味しさがアップしますよ!
 
カレイの煮付け
イメージ 2
これも冷凍品ですが、濃く味をつけて煮てしまえばほとんど気にならない。
 
鯖の塩焼き
イメージ 3
市販の文化干しを焼いただけ。当たり前だけど旨い!

シマホッケの塩焼き
イメージ 4
居酒屋では定番メニューですね〜。
 
ブリの照り焼き(風)
イメージ 5
日本海で揚がったブリを使用しています。
照り焼き「風」と書いたのは本当の照り焼きではないからです。
クックパッドなどでよく見られる、粉を付けてフライパンで焼く亜流レシピです。
それでも素材が良いから美味しいんですけどね〜。
仕上げには山椒をふりかけてあります。
 
酒の粕漬け
イメージ 6
鮭は塩漬けが最強だと思っていますが、たまには粕漬けもいいものです。
 
鮭のムニエル
イメージ 7
小麦粉をはたいてからバターと黒胡椒でソテーしました。
 
銀ムツの味噌幽暗焼き
イメージ 8
だいぶ前に作ったものなのでよく覚えていないけど、
ムツ系の魚を白味噌と醤油などで漬け込んで焼いたものだと思います。
デパ地下とかで買うと1切れ450円ぐらいするけどマズかったりするので、
自分で漬ければ安上がりでもっと旨い!
 
赤エビの塩焼き
イメージ 9
アルゼンチン産です。
地球の裏側からこんなのが運ばれてくるなんて不思議ですね〜。
 
サンマ蒲焼き丼
イメージ 10
上に乗っているのは缶詰のサンマ蒲焼き!
山椒をかけてあります。
缶詰でも結構美味しそうに見えちゃうからコワイ!(笑)
 
 
 

この記事に

自家製ポン酢のタラ鍋

寒くなってきましたね〜。そんな時は鍋!
 
スダチ・カボス・ゆず
イメージ 1
小さな緑のがスダチ(徳島産)、大きい緑のがカボス(大分産)、
黄色いのがユズ(高知産)です。
これを搾って自家製ポン酢を作ります。
 
柑橘果汁100%
イメージ 2
上の3種類の柑橘を搾った100%果汁です。
550円分の果実を使用してこれだけしか取れませんでした。
 
ポン酢の「ポン」とは柑橘類のこと。
今回はこれに醤油を混ぜただけのものをポン酢として使用します。
市販品のポン酢よりも45倍うまい!

鱈鍋完成!
イメージ 3
昆布で出汁を取ってあり、味付けはしていません。
具は子持ちのスケトウダラ、絹ごし豆腐、白菜、春菊とシンプルな構成。
 
タラは丸1尾
イメージ 4
頭付きでブツ切りになった生のスケトウダラ。
新潟県寺泊に本店がある角上魚類でたったの350円でした!

 
取り皿
イメージ 6
取り皿に柑橘果汁と醤油を先に入れておき、
鍋から取った具を並べたところ。

スケトウダラたっぷり!
イメージ 5
スーパーで売っている銀ダラや真鱈の切り身よりずっと旨い。
 
こういう美味しい魚を気軽に入手できれば、
日本の魚消費量はもっと増えるハズなんだけど。
普通のスーパーでは不味くて高い魚ばかりだから魚離れは当然だと思います。
角上魚類のような店がもっと増えればなあ〜。
 
雑炊
イメージ 7
残った汁は雑炊に♪
いい出汁が出ていました。
というか昆布出汁だけでも充分美味しいの!

この記事に

自分で握ります。酢飯も当然自家製!

カナダ産本マグロ(天然物)
イメージ 1
大トロは100g1780円、赤身は100g780円。

まぐろ寿司セット
イメージ 2
まぐろにぎり寿司(赤身6貫+大トロ7貫)、
大とろアボカド丼、花咲ガニの味噌汁のセットです。
 
まぐろ寿司
イメージ 3
近海物の本鮪とは肉質が異なる感じがしますが、
スーパーの惣菜寿司などでよく使われるメバチまぐろよりもずっと旨い!
 
大とろアボカド丼
イメージ 4
私は元々アボカドをわさび醤油で食べるのが大好きなので
まぐろと合わせるのはある意味ドリームメニュー♪
 
花咲蟹の味噌汁
イメージ 5
根室名物の花咲ガニ。関東では滅多に入手できません。
これはロシア産の小ぶりな花咲ガニで、
なんと2杯380円で買えました。
 
里芋の煮っ転がし
イメージ 6
ほんの少し醤油の焦げた香りがするのが香ばしくていい!

この記事に

開くトラックバック(1)

全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事