空腹時に見てはいけないブログ

訪問者数1700万人突破ありがとうございます!

┣牛肉・鶏肉系

[ リスト | 詳細 ]

牛肉または鶏肉が主役となる和食です

すき焼き、しゃぶしゃぶ、牛丼、親子丼、焼鳥などはこの書庫です。
牛豚合い挽き肉を使った料理は載せていません。
記事検索
検索
ドラさんに負けず劣らずのネギ星人であるパパのリクエストにより、
ネギづくしのメニューにしました。

鶏団子です。中にネギがたっぷり入っているのです!
市販の鶏挽肉ではなくカタマリの国産鶏モモ肉をミンチ機で挽いたもの。
長ネギの青い部分と白い部分をみじん切りにして混ぜ、オープンで焼きます。
イメージ 1
焼きあがった鶏団子(つくね)がこれ。秘伝のタレで絡めて味をつけ、
万能ネギをたっぷり敷いたご飯の上に鶏団子を乗せます。

鶏つくね丼&味噌汁&鶏皮ネギ

イメージ 2
白髪ネギと唐辛子のすりだねを飾り付ければ鶏つくね丼の完成!

イメージ 3
つくねの中にもネギが入っているのがこの写真でわかりますね。

イメージ 4
自家製秘伝のタレとネギと鶏つくねの相性は抜群!

今回は、丼以外の付け合わせにも「ネギ」にこだわりました。
イメージ 5
【味噌汁】
万能ネギたっぷり! 具が見えませんが、豆腐、あぶらげ、なめこなどです。
【鶏皮ネギ】
挽いたモモ肉に付いていた鶏皮を使用しました。
粉をつけてカリカリに揚げ、甘酸っぱい味付けで長ネギに絡めました。
イメージ 6
ネギづくしは意外にも家族全員に大好評で、私自身も大満足しました。
1000円程度で4人分作れるのだから安い!

【参考】「秘伝のタレ」について

皆様のご要望により、作り方を追記します。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/a7/c4/arapro7/folder/1602751/img_1602751_49540060_1?1248421635
醤油と砂糖と酒だけでカタマリの豚肉を煮込み、肉はチャーシュー(煮豚)として普通に食べます。残った煮汁はトロミが出るまで煮詰め、タレらしく味を直したらビンに詰めて冷蔵庫で寝かせます。チャーシューを作る度にこれを繰り返し、前のタレに継ぎ足します。チャーシューを計3回以上作り、延べ3ヶ月以上寝かせると熟成されて美味しくなり、1年以上経てば「秘伝のタレ」と呼べるような深みが出てきます。我が家ではこれを4年近くに渡り20回以上継ぎ足し続けています。

開く コメント(72)

前日に仕込んだ鶏ガラスープが残っていたので、
これを使って親子丼を作ってみることにしました。
今まで、カツオ昆布だしを使った蕎麦屋風の親子丼しか作ったことがなく、
鶏スープを使った鶏料理屋風は初挑戦となります。
高級ではないけどまあまあ良質な国産地鶏と卵を使用!(笑)
そして、マストアイテムはこちら!(正式名は親子鍋)
イメージ 5

鶏ガラスープの親子丼

で、難なく完成! 美しいでしょ!?
イメージ 1
なるほどっ! 鶏出汁の親子丼の良さがよく分かりました!
かつお昆布出汁の親子丼は確かに出汁が香ばしくてよいのですが、
その一方、鶏肉と卵が親子なのに、どこか別物のように感じてしまいます。
しかし鶏出汁ならば鶏肉と卵を繋ぐような一体感が生まれるのです。
イメージ 2
う〜ん美味しい。親子の間にカツオはいらないんですね。
だけどかつお出汁の親子丼もやっぱりたまには食べたい気も!

【参考記事】名古屋コーチンと阿波尾鶏の親子丼(かつお出汁使用・直火炙り鶏肉)

アゴ・鯛・鰯出汁のうどん

アゴ(トビウオ)の焼き干し、鯛煮干し、イワシ煮干しで出汁を取った
かなり魚出汁が強烈に出たうどんです。親子丼とセットで食べました。
麺はテンチョさんからお土産でもらった富士吉田うどんの細麺バージョン。
見た目は地味ですがかなり魚出汁のインパクトがあってかなり美味!
イメージ 3
この強烈煮干し系スープはラーメンにも応用できそう。

鶏そぼろフワ玉丼

こちらは別バージョン。非トロトロ系です。
ご飯に鶏挽肉のそぼろを乗せ、その上から卵で覆わせた新種の親子丼です。
イメージ 4
こちらはイマイチでした(爆
やっぱり鶏そぼろには炒り卵の方が合うのかな…。

開く コメント(77)

鶏唐揚ナポリタン定食

ドカンと大盛!鶏の唐揚げ定食です。
特別凝った作り方はしていないのでレシピは省略しますが、
我が家流の鶏唐揚げのポイントをいくつか挙げておきます。
‘を浸け込む時間は5分でいい!
△弔韻世譴蓮⊂潴、塩、生おろし生姜、純米酒。
小麦粉を使わず、片栗粉のみ使用!
い燭辰廚蠅量に泳がせて、2度揚げする!
 (1度目は160℃2度目は180℃)

トリカラ&ナポリタン定食

ご飯と味噌汁をつけた定食です!
味噌汁の出汁はちゃんとカツオ節でとってあります。
イメージ 1
メインディッシュのアップ。
鶏モモ肉1枚分。約300gありますよ!
ナポリタンは付け合わせじゃなくて立派なおかずです(笑)。
イメージ 2
衣を噛むと「パリッ」といい音がします。
中はもちろんジューシー♪
イメージ 3

これは別の日に作った単品おかず。
揚げる時に手で丸めて少し成型してあります。
イメージ 4

開く コメント(83)

こういう地味な料理はこぢんまり作ったらつまらない。
派手に行きましょう!!

肉豆腐

どっかーん! 豆腐と牛肉のピラミッドや〜〜!!
豚肉の煮汁を継ぎ足し継ぎ足し3年以上熟成された自家製秘伝のタレ使用。
このタレは真っ黒ですが、塩分は思ったほど高くありません。
イメージ 1

美味しい!! 豆腐によく味が染みているのでご飯に合う!
イメージ 2

◆肉豆腐材料
焼き豆腐、和牛(すきやき用)、春菊、長ネギ、自家製秘伝のタレ、醤油、みりん、純米酒、鰹節、昆布、生姜少量

◆作り方
(1)焼豆腐は切り分けてから下茹でして水気を切っておく。
(2)鍋に油をひいたら肉を入れて炒める。
(3)肉の色が変わったら、かつお節と昆布でとった出汁を注ぐ。
(4)潰した生姜ひとかけ、みりん、酒、醤油、秘伝のタレを入れ、中〜弱火で約30分コトコト煮込む。
(5)そのまま一晩置き、翌日、斜め切りの長ネギを入れて30分ほどコトコト煮る。
(6)長ネギがクタクタになったら春菊を入れてサッと煮ればできあがり!

さつまスティック

さつまいもを素揚げし、軽く塩をふった後にオリゴ糖をかけただけ。
大学イモよりずっと簡単ですよ!
イメージ 3

開く コメント(51)

贅沢といっても、チェーン店の牛丼よりも贅沢というだけであって
超高価な材料を使っているわけではありません。
肉は100g195円と割安な和牛交雑種の霜降りロース切り落とし。
それでも味もビジュアルも贅沢感満点なので必見!

準備1:炊き込みごはん作り

まずは和牛と国産生椎茸の炊き込みごはんを作ります。
かつお昆布出汁+薄口正油+砂糖多め+日本酒という味付け。
写真は炊きあがったところ。椎茸も肉もたっぷりですよ!
イメージ 1


準備2:すきやきトッピング

醤油、きび砂糖、純米酒で作ったタレを加熱して肉を投入。
「すきやき」の肉の部分の行程そのものですね。

この肉を、溶き卵に絡めてから炊き込みごはんの上に乗せちゃいます!

贅沢牛丼完成!

甘辛いタレと溶き卵に絡んでテカテカした牛肉は当然超やわらか!
1枚だけでごはんを覆ってしまいそうな大きな肉がニクイ!
イメージ 2

唐辛子のすりだね(自家製)をかけても味が引き締まって美味しい!
イメージ 3

炊き込みごはんの中には小さめに切った牛肉と薄切りの椎茸がたくさん!
味付けは甘めで、かつお出汁と椎茸の香りがよく出ています。
肉は当然やわらかく、ほとんど噛まなくてもよいぐらい。
イメージ 4

意外と安い金額で贅沢な気分を味わえました!

開く コメント(50)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事