空腹時に見てはいけないブログ

訪問者数1600万人突破ありがとうございます!

┣鉄板・グリル肉

[ リスト | 詳細 ]

ステーキ、ハンバーグ、鶏の丸焼きなど、肉を鉄板やオーブンで焼いた料理

記事検索
検索
ペッパーランチという個性的なチェーン店があります。
2007年には心斎橋店の店長と店員による強盗強姦事件、
2009年には角切りテーキ用牛肉に起因する0-157食中毒事件と、
相次いで不祥事を起こしていますが、
主力メニュー「ビーフペッパーランチ」の独創性と完成度は
高く評価してもよいと私は思っています。

【本物】ビーフペッパーライス(大盛)780円
お店で実際に撮影してきた写真です。
イメージ 1
コーン、コショウ、青ネギがかかったライスは、中にはバターが入っています。
ライスの周囲には生の牛肉が載っており、
厚い鉄板がカンカンに熱された状態で提供されます。
これをスプーンで混ぜると鉄板の余熱で肉には火が通り、
牛とコーンの焼めしのような感じで食べ物になります。
 
我が家には1人用鉄板がありますから、
これは比較的簡単に再現できます。さっそく作ってみました!

【自作】ビーフペッパーランチ
肉・コーン・ネギ・バターともに本物より多くしました!
醤油も少し入っています。
イメージ 2
ぶ厚い鉄板をカンカンに熱しておくのがこの料理最大のポイント!
ジュージューいいながら出てくるのがいい!
フライパンやホットプレートでは魅力半減でしょう。
 
コショーたっぷり!
イメージ 3
料理が出されたら自分でコショーをたっぷりかけましょう。
写真のように一面にたっぷりと。いや、もっとかけてもいいですよ!
 
肉裏返し
イメージ 4
鉄板が熱いので、1分程度で肉を裏返したらこんな感じ。
このままご飯と肉を混ぜ込んでしまいましょう。
 
さらに混ぜる!
イメージ 5
まだ鉄板はアツアツなので加熱は進みます。
牛肉とコーンが入った「焼めし」のようにして食べましょう!
 
おこげ
イメージ 6
灼熱の鉄板で「おこげ」ができるのもこの料理の魅力!
元々この料理は「石焼きビビンバ」をヒントに考案されたそうです。
 
ベーコンエッグサラダ
イメージ 7
プリーツレタスに半熟の目玉焼きを乗せ、
オリーブ油で熱したベーコンとニンニクを載せただけ!
岩塩とブラックペッパーで濃いめに味付けしてあります。
 

開く コメント(42)

開く トラックバック(1)

まずは例によってジュージュー動画から!

自家製ステーキソースは、醤油+ニンニク+みりんで作ったシンプルなもの。
 
カルビステーキ完成!
オーストラリア産のカルビステーキです。100g198円。
大きさは1枚270gぐらいです。
イメージ 1
ライス、コンソメスープ、プチトマト付き。

イメージ 2
ジャガイモとニンジンは素揚げしただけ。
下手に手を加えない方が家族には好評でした。
 
断面♪
イメージ 3
焼き具合はミディアム!
 
カットステーキ(肩ロース)
こちらは別の日に食べたもの。
オーストラリア産の安い肩ロース肉です。
イメージ 4
少しスジがあって、場所により肉質が異なるため、
食べやすいように最初からカットして出しています。
ステーキソースは醤油+スライスニンニク+ブラックペッパー+みりん。
付け合わせのニンジンはグラッセ、モヤシは軽く炒めたもの、
ピーマンは鉄板で焼いたものです。
 
この肉はレアだと食べにくいのでウェルダンにしてあります。
イメージ 5
事前に筋切りをしてあるので、スジは気になりませんでした!

開く コメント(28)

前回のローストビーフは「withライス」でしたが、今回は「withパン」で!
 
ローストビーフ焼き上がり
イメージ 1
オーストラリア産・100g98円のモモ肉(約600g×2本)を使用。
ボリビアの岩塩とインド産ブラックペッパーをミルで挽いてすり込み、
フライパンで表面を焼き固めてからアルミホイルでくるみ、
オーブンの110℃で100分ローストしました。
肉の中心温度を計り、70〜75℃になれば完成!
 
グレイビーソース
焼いた時に出た肉汁を使用してグレービーソースも作りました。
ローストビーフにはこれがなければ魅力半減!
イメージ 2
◆グレイビーソース材料
肉汁、天然塩、ブラックペッパー、ローストオニオン、純米酒、
醤油(少量)、砂糖(少量)、片栗粉(少量)

ローストビーフ(スライス)
ピンク色だけど生ではない。これぞ正しいローストビーフです♪
イメージ 3
 
いただきます♪
まずはグレイビーソースをかけてそのまま食べます。
イメージ 4
ローストビーフはやっぱり赤身が美味しい。
赤身の強い旨味に慣れてしまうと、サシの多い肉は食べられなくなります。

ローストビーフサンド(その1)
ローストビーフを肉や野菜と一緒にそのままパンにはさんだもの。
イメージ 5
グレイビーソースと、マヨネーズも少量はさんで食べると美味しい。
 
ローストビーフサンド(その2)
小さく切ったローストビーフにグレイビーソースを入れて絡めたもの。
これをレタスと一緒にパンにはさみました。
イメージ 6
こちらも旨かった!
 
玉子サンド
マヨネーズは自家製。少しキュウリが入っているところがポイント♪
イメージ 7
うん、我ながら旨し!
 

開く コメント(49)

開く トラックバック(1)

グリルチキンの赤ワインソースがけ
イメージ 1
ソースが紫がかっているのが分かるでしょうか。赤ワインの色です。
本当はもっと紫っぽいのですが、茶色っぽく写ってしまいました。
 
【ソース材料】
赤ワイン、ゲランド塩、インド産ブラックペッパー、赤ワインのジャム、
みりん、チキンを焼いた時の肉汁
 
グリルチキンアップ
こちらの方が紫色感が出ていますね。
イメージ 2
皮はグニャッとせず、パリパリっとしているのがいい!
 
鶏肉と赤ワインのコンビネーション
イメージ 3
赤ワインの酸味やジャムの甘味が肉汁と合わさり奥行きが出て、
ありふれたグリルチキンの味に非日常性を与えてくれます。
かといって、奇をてらったエキセントリックな料理ではないんです。
 
付け合わせはサツマイモの素揚げ。
一見和風のようでいて、グリルチキンと意外なほど好相性です。
イメージ 4
もう1つの付け合わせはエンドウ豆の素揚げ。
これも意外な取り合わせながらしっかり合っているんです。
 

開く コメント(31)


イェーイ肉だ肉だ!!
単純明快な料理なので、説明文は極力短くします。
 
肉はコストコで買ったアメリカ産ビーフのサーロイン。
イメージ 1
ステーキソースはなく、塩コショウのみ!
塩は牛肉にもっともよく合う南米の岩塩
インド産ブラックペッパーをその場ですりおろしたもの。
 
「焼めし」はバターとコーンと塩コショウを入れて鉄板で焼いたもの。
イメージ 2
炒飯ではないのでムラができても気にしない!
アバウトな感じに焦げ目をつけておきます。
 
これはもう1枚の肉。
上の肉はミディアムに焼いてありますが、こちらはウェルダンです。
イメージ 3
 
アメリカ産の赤身肉はあまり生っぽくない方が美味しいです〜♪
イメージ 4
ちなみに和牛サーロイン300gのカロリーは1494kcalですが、
輸入牛サーロイン300gならば894kcalとヘルシー!?(笑)

 

開く コメント(39)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事