空腹時に見てはいけないブログ

訪問者数1700万人突破ありがとうございます!

┣鉄板・グリル肉

[ リスト | 詳細 ]

ステーキ、ハンバーグ、鶏の丸焼きなど、肉を鉄板やオーブンで焼いた料理

記事検索
検索

アメリカンビーフ4kg

野菜や付け合わせなんていらん。牛肉だけをがっつり食べたい!
霜降り和牛なんてぐにょぐにょやわらかいだけで脂っこくてイヤ。
赤身にこそ牛肉本来の旨味が詰まっている!
イメージ 1
…ということで、アメリカ産肩ロースブロック約4kg購入!(笑)
これ1かたまり(約2kg)を3枚に切り分けて…。

【動画】700gメガステキー鉄板焼き!


この鉄板は横幅30cm近くあり、300g級の大きなステーキやハンバーグを
乗せてもまだスペースが余りまくってしまうのですが、
今回の肉はは700gあるため肉だけで鉄板がほぼ一杯になっています。

焼き上がり

イメージ 2
メガステーキの焼き上がり!
本当にこれ全部食べきれるかな? 野菜等はなし(笑)。

イメージ 3
断面写真。厚さは3cm強ありますよ!
味はよいのですが、ステーキ用としてはB級といえる肩ロース肉なので、
肉質が不均一で噛み心地がよくないのが欠点。

ステーキライス

イメージ 4
さすがに大きすぎて一気には食べきれないので、
包丁で薄くカットしてライスに乗せたのがこの図。

完食は無理だったけど8割方食べられました!(笑)
もちろん残りも翌日食べましたよ!

開く コメント(105)

鉄板カルビステーキ

今回は格安の豪州産牛肉。1枚約240gで厚みもあるため即買い。

【動画】焼き始め〜!

ステーキを上手に焼くのは意外と難しく、修業が必要です。
なお、ステーキでいう「レア」は、中が完全に生というわけではありません。
うっすらとピンク色になり、温かくなっていないと失敗です。

【ステーキの焼き方】
1)肉を冷蔵庫から出し、常温に戻しておく。中が冷たいまま焼くと失敗確実。
2)片面に塩胡椒をし、余分な脂身などは切り落として筋切りをしておく。
3)厚い鉄板を十分に加熱してから牛脂を入れ、煙が上がるくらい熱する。
4)強火のまま、塩・胡椒した面を下にして肉を鉄板に置く。
5)焼色がついたら火を弱め、表面に血のような肉汁が浮いてきたら肉を返し、ブランデーでフランベして火を止める(ここでは約20秒)。
6)ステーキソースを回しかければ完成。

注1)時間は目安です。肉の厚さや質により調整してください。
注2)肉を裏返すのは一度だけ。何度も返すのは御法度!
注3)肉と同時に付け合わせの野菜類が仕上がるように行程をあらかじめ考えておくこと。

焼き上がり!

バターを乗せ、醤油のステーキソースをジューッとかけて食べます。
付け合わせは素揚げのジャガイモ、四角豆(うりずん)、赤ピーマン。
イメージ 1

さらに肉アップ!
イメージ 2

赤じゃなくてピンクなんです。これが本当のレア!
イメージ 3

断面3連ショット!
アメリカ産とはまた違う肉っぽさが好きです。
イメージ 4


開く コメント(40)

前日、あれだけでっかいハンバーグを食べたのに
まだ「アメリカ産牛肩ロースブロック」が1.4kgぐらい残っています(笑)。
今日はミンチ機で挽かず、包丁でスライスして焼肉にしてみます!

「鉄板USAビーフ焼肉定食」完成!

【動画】まず例によって動画を見ていただきましょう!


ごはんと味噌汁をつけて、まさに定食です。箸で食べましょう。
ステーキソースは醤油とタマネギで作りました(前日の残り)。
付け合わせの螺旋タイプのマカロニは「フジッリ」といいます。
これも前日の残りのトマトソースで味付けてあります。
その他インゲンたっぷりとシイタケを付け合わせ。
イメージ 1

肉は赤い部分がありますが、鉄板が熱いので裏返しておけば火が通ります。
レアがお好きなら赤いまま食べても別段問題はありません。
イメージ 2

醤油とタマネギのステーキソースはごはんとの相性抜群!

開く コメント(54)

アメリカ産ビーフ

コストコで買ってきたUSA肩ロースブロック4kg。
これをミンチ機で挽いてハンバーグにします。
イメージ 1


ミンチ機

粗挽きでワイルドな食感のハンバーグを目指します。
イメージ 2


パテ

肉とインド産ブラックペッパー(粗挽き)と南米産岩塩のみ!
パン粉もタマネギも卵も入れません。
左上が500g、右下が400g、他は300gのサイズにしてあります。
イメージ 3


トマトソース

これはトマトとバジルのソースです。
他に醤油とタマネギのソースも作りました。
イメージ 4

◆トマトソース材料
カットトマト缶、赤ワイン、刻んだニンニク、インド産ブラックペッパー、
オリーブオイル、ゲランドの塩、砂糖、バジル

◆醤油ソース材料
すりおろしたタマネギ、すりおろしたニンニク、醤油、みりん、白ワイン、
砂糖、インド産ブラックペッパー、ワインビネガー

毎度恒例のジュージュー動画!

ハンバーグパテは400g。普通の2倍の量です。
チーズ付き。醤油とタマネギのソース。
はい、ソースをかけますよ〜!! 激しく飛び散るのでご注意を!!

付け合わせも全部作り込んであって美味しいですよ!
まずスープは、ジャガイモ、ローストオニオン、生クリーム、鶏ガラスープ
で作ったもの。ドロリと濃厚な味わいです。
サラダのドレッシングも自家製。
ニンジンとインゲンはバターとキャラウェイの風味を付けたグラッセです。
イメージ 5

中はこんな感じにレア! う〜ん『肉』って感じ♪。
お好みにより、中までちゃんと焼くこともできます。
イメージ 6

こちらはトマトソースをかけたバージョン。
ケチャップではなくちゃんとトマトの味ですよ!
イメージ 7


来客用スペシャルバージョン!

この日のゲスト・ドラさん用の500gパテ!
普通の2.5倍の量ですね。さすが、しっかり完食していました(笑)。
イメージ 8

もう一人のゲスト・よはんさん用。300g×2個です。
1個は目玉焼き乗せ。もう1個はトマトソース(チーズ付き)です。
写真には写っていませんがご飯もモリモリ!!
イメージ 9

開く コメント(66)

どっかのブログで花の咲いたような牛ステーキ丼を見たので、
似たような感じに作ってみました。
肉は100g260円の和牛霜降り肉。格安の交雑種です。

花咲ステーキ丼

花咲き花散る宵も 銀座の柳の下で♪
タタキ風にレアっぽく焼いた肉の下にルッコラとベビーリーフを敷いて
肉汁、醤油、赤ワイン、バルサミコ酢などで作ったグレイビーソースをかける。
イメージ 1

肉はやわらかく噛み切りやすく、交雑種の割に美味しい方だと思います。
充分満足できるデキでした。
イメージ 2


鉄板グリルチキン

これは別の日に作ったもの。
作り方は単純。鶏モモ肉を鉄板で焼いて、
醤油とおろしニンニクで作ったステーキソースをジューッとかけるだけ!
付け合わせの野菜はナスとズッキーニとモヤシ。
イメージ 3

【動画】ソースをかけてジュージュー言わせるシーンがこれ!


鶏肉は国産品。皮目をパリッと仕上げるのがこの料理の要!
イメージ 4

開く コメント(47)

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事