空腹時に見てはいけないブログ

訪問者数1700万人突破ありがとうございます!

┣鉄板・グリル肉

[ リスト | 詳細 ]

ステーキ、ハンバーグ、鶏の丸焼きなど、肉を鉄板やオーブンで焼いた料理

記事検索
検索

ハラミ&しま腸

内臓から骨まで何でも揃う肉屋さんで買いました。
扱っている肉はほとんどが国産。ハラミはご存じ横隔膜のこと。
しま腸は大腸の中で特にやわらかい部位で、テッチャンとも呼ばれる。
イメージ 1

【動画】はいできあがり!
例によってアラプロ家自慢(?)の鉄板を使用。
タレをかけてジュージュー言わせるお約束の動画です。

タレはもちろん自家製。ごはんはバター、醤油、黒胡椒で炒めています。
イメージ 2

ごはんとも相性抜群!
イメージ 3

◆タレ材料
ニンニク、醤油、砂糖、ブラックペッパー、天然塩、オイスターソース、純米酒

ライスなし・しま腸増しVer.

こちらは酒のお供にいいですね!
イメージ 4


おまけ:大根カルビサラダ

サラダと呼ぶには肉が多すぎる(笑)。
ピリ辛のタレは松の実がかけてあります。
イメージ 5

◆タレ材料
韓国産唐辛子、ニンニク、一味唐辛子、醤油、みりん、砂糖、コチュジャン、ブラックペッパー、オイスターソース、白ゴマ、松の実

開く コメント(67)

【ハンバーグ材料】
コストコで買ったアメリカ産牛肉100%。
パン粉やタマネギ等の混ぜ物は一切入れず、
アメリカ産岩塩とインド産ブラックペッパーのみを加えて
よく捏ねて1枚150gに成型。鉄板で焼きました。

【バンズ】
コストコで購入(中村屋製)。たしか12個で418円でした。
日本で一般的に売られているようなフガフガしたソフトなパンでは
牛100%つなぎ無しのハンバーグには合いません。
この製品はしっかり強めの食感なので大丈夫!
おそらく、コストコが中村屋に製造依頼したものと思われます。

【組み立て前】
ハンバーグは焦げ茶色に見えますが、別に焦げ臭くはありません。
マクドナルドのクオーターパウンダーの3割増しサイズです。
他に野菜や目玉焼きなどを用意し、さあ組み立て開始(笑)!
イメージ 1


【組み立て完了!】
縦長!! 顎が外れる!(笑)
味付けはケチャップとマスタードのみ。凝る必要などありません。
日本の緻密繊細なハンバーガーとは別物で、かなり大味ですよ(笑)。
卵が入っているので佐世保バーガーみたいにも見えますが、
佐世保系でこんなに大きな肉は見たことありません(笑)。
パテはマックのクオーターパウンダーよりも厚くジューシーな感じで
バンズはマックよりも噛み応えがある強めの食感です。
イメージ 2


【おまけ】
全然関係ありませんが、比較用(?)としてモスのテリヤキバーガー。
美味しそうに撮れたので、どこかでこの写真使いたかっただけ(笑)。
イメージ 3

開く コメント(76)

水郷赤鶏の骨付きモモ肉。
3本で2329円。1本あたりナント800円近くもする!
イメージ 1

肉の煮汁などを煮詰めて継ぎ足しながら3年近く熟成させた
アラプロ家秘伝のタレ。これをたっぷり付けて鶏肉を焼きます。
イメージ 2

焼き上がり。美味しそうでしょ!
イメージ 3

食べてみると…あれれ?
高い割に良さを感じられない肉だった。
もちろん普通以上には美味しいんだけどね…。
イメージ 4

気を取り直して…副菜を紹介。

白菜のミルフィーユ煮

白菜の葉の間に挽肉を塗り込むように挟み、
ニンジンやキノコなどとともにコンソメスープで煮たもの。
コンソメはマギーの無添加顆粒を使用。
イメージ 5

白菜をナイフで切るとこんな感じ。地層みたい!
イメージ 6

開く コメント(37)

今回焼いた肉はコレ!
コストコで買った100g289円のリブロースステーキ。
1枚約340gあります。ガッツリ喰えるぜ!
イメージ 1

焼き上がり。鉄板の上でジュージュー言ってますよ!
ソースはニンニクと醤油です。
イメージ 2

コレが断面! 豪州産ビーフよりも赤味が薄く、ピンクっぽくなります。
しっかり肉感があるのに適度に軟らかく、なかなか良い肉でした!
イメージ 3

付け合わせのマッシュポテトはもちろん手作りです♪
イメージ 4

パンはそくらてすさんが持ってきてくれた手作り!
全粒粉入りでハードな歯応えが超好みで、家族全員気に入りました、
もちろん、赤身ステーキによく合いますよ!
イメージ 5

ワインはドラさんからのプレゼント!
ボルドーワインの4年物で、ハーフボディータイプ。
これまた肉によく合うね〜!
イメージ 6

開く コメント(38)

開く トラックバック(2)

白井精肉店で買ってきた骨付き仔羊肉をこんな風に料理しました!
イメージ 1

◆材料
骨付きラムチョップカタマリ、セロリ、タマネギ、ローズマリー(フレッシュ)、
セージ(フレッシュ)、タイム(フレッシュ)、ニンニク、ブラックペッパー、
アメリカ産岩塩、バルサミコ酢、赤ワイン、本みりん

◆作り方(アラプロオリジナル)
ラムチョップをカタマリのまま塩とコショウで下味をつけて表面をこんがり焼き
耐熱皿にカタマリ肉を包めるほどの大きさのホイルをのせ、その上に、
ローズマリー(フレッシュ)、タイム(フレッシュ)、セージ(フレッシュ)、
セロリ、タマネギ、ニンニクを敷き、焼き色を付けたラムをのせてくるむ。
220℃で20〜30分焼いて粗熱が取れたらホイルを開き、底に溜まった肉汁は
ソースに使う。
ソースは肉汁、バルサミコ酢、赤ワイン、本みりん少量を少し煮詰めて、
塩、ブラックペッパーで味付けする。
ラム肉をアバラ1本毎にカットして皿に盛り付け、ソースをかけて召し上がれ〜!

開く コメント(34)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事