空腹時に見てはいけないブログ

訪問者数1700万人突破ありがとうございます!

┣横浜中心5区

[ リスト | 詳細 ]

横浜市中心部5区(中区・西区・南区・神奈川区・保土ヶ谷区)のラーメン屋

記事検索
検索
2018年8月開業の家系ラーメン店。
先人の評判が良いので行ってみました。
イメージ 9

駅から遠くないものの目立たない立地です。
黄金町・曙町あたりは家系激戦区なので
まだあまり知られていないのかも。

メニュー
イメージ 8
ごく普通の家系ラーメン店の
メニュー構成です。
価格安めなのが嬉しい!

長多屋製麺の麺箱
イメージ 7

壱六家で使われていることで知られる
横浜の地場製麺所です。

並盛ラーメン680円(麺硬め)
+のり80円+横浜産ほうれんそう100円

イメージ 6
吉村家直系店に近い感じの
濃口醤油の立った豚骨スープ。
かといってしょっぱさは気になりません。
これが予想以上に美味しかった!

スープリフト!

イメージ 5
化調感はそれなりにあり、超濃厚というほどではないものの
豚骨など素材の圧倒的な旨味が詰まっていて美味しい!
また、市井の家系ラーメン店にありがちな
劣化臭が全くないところに好感。

チャーシュー
イメージ 4
肩ロースの煮豚のようですがスモークも併用か?
直系以外の家系ラーメン店では
チャーシューが臭くて食べられない店が多いけれど、
この店は美味しく食べられます。
全体的に、料理としてちゃんとしている印象。

横浜産ほうれん草
イメージ 3
ほうれん草は横浜産とのことで追加トッピングしました。
軽く湯がいた、生に近い状態でトッピングされていて
スープにサッと浸して食べるとメチャ美味しい。
一般の家系ラーメン店で見られる冷凍ほうれん草とは
次元の異なるものです(個人的には冷凍も好きだけど)。

麺リフト(硬め)
イメージ 2
長多屋製麺の中太麺。
家系にしては細めながら、意外なほどスープと好相性。
硬め注文ではやや芯があってパキッとした食感。
最後までダレずに美味しく食べられました。
のびやすい酒井製麺より良いのでは。

営業時間
イメージ 1
客入りはまだまだのように見えますが
このあたり、というか横浜全域でも
最高レベルといえる家系ラーメン店です。
要再訪。

食べログ「横浜家系 黄金家」
https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140306/14072621/

ラーメンデータベース「横浜家系 黄金家」
https://ramendb.supleks.jp/s/112586.html


開く トラックバック(1)

2015年11月開業。
開業初日に訪問して以来4度目。
店名のMは店主・村上氏のイニシャルと思われます。
イメージ 6
下品系ラーメンが幅を利かせる曙町にあって
異彩を放つ、自家製麺で魚介淡麗スープの気鋭店。

メニュー
イメージ 5
麺類は「煮干そば」と「海薫るそば」の2系統がメイン。
「海薫る」はプラス50円で塩味に変更でき、
麺の太さや具などもガラッと変わります。
(塩味に関しては前回2017年10月訪問時の記事参照)

煮干そば750円+味玉100円
イメージ 4
動物系不使用なのに半濁りになるぐらい
しっかり煮干しを煮出してあります。
それなのに、煮干しの皮のギラギラしたものや、
はらわたの苦味のようなものが全くありません。
マッタリとした甘味さえ感じる希有な煮干しスープです。

煮干そば麺リフト!
イメージ 3
自家製、中太、平打ちの手もみ麺。
全粒粉のようなものを練り込んであるようです。
コシは強くないですが麺自体が太めなので
ちゃんと噛み応えがあります。
ただ個人的には全粒粉を入れない方が
煮干しスープの持ち味を生かせるような気がします。

特製 海薫るそば1050円
複数の魚介をブレンドした動物系不使用スープ。
何かが突出することはなく、調和のある味わいです。
イメージ 2
写真右側には鮭節の薄削りが載せてあり、
箸を入れる前に右と左のスープをすくって
風味の違いを楽しむのがオススメの食べ方。

実は、鮭節はそのまま出汁を取っても
あまり美味しくありません。
しかしこのようにアクセントとして
使用するのはとても効果的。
素晴らしい発想です。

海薫る麺リフト!
イメージ 1
自家製手もみ麺。
煮干そばと同じ麺と思われます。
こちらの方がスープとよく合ってます。

約1年半ぶりの訪問でしたが、
相変わらず美味しくて進化も見られます。
「煮干そば」と「海薫るそば」では
私は後者の方が好き!

食べログ「麺屋M」


2018年5月開業。
近年あちこちに増殖している、
いわゆるネオ清湯タイプが、
ついに大口のようなマイナータウンにも出現!

写真一番奥にお店があります。
イメージ 1
JR横浜線の大口駅から徒歩2分と至近。

正式な店名は、
常用漢字の「高」ではなく、はしごの「癲廚鮖藩僂靴討い泙后
イメージ 2
店内はL字カウンターで10席ぐらい。

メニュー
イメージ 3
基本メニュー構成は「中華そば」と「つけそば」のみとシンプル!

ウンチク
イメージ 4
山梨県の信玄鶏を使用しているようです。

鶏の中華そば750円
イメージ 5
スープはまさに今ウケている鶏ガラ清湯系。
鶏中心で、昆布や野菜が下支えしているタイプです。
魚もごくわずかに感じるので、
醤油ダレに入っているという魚醤のせいでしょうか。

鶏チャーシュー
イメージ 6
徹底的に豚を排除した鶏シフト。
巻モモとムネが1枚ずつのようです。
しっとりとやわらかい仕上がりです。

麺リフト!
イメージ 7
国産小麦「春よ恋」の中でもハイグレードなものを使用したという、
三河屋と思われる中細麺。
国産小麦なのでかなりダレやすいのが難点。

ラヲタやSNSなどでの評価も高く、
レベルが高いのは間違いないのですが
同系統なら私は星印@反町の方が好み。


中華鶏おこわ(小)100円
イメージ 8
お釜の中で長時間おいていたのでしょうか、
油っぽくなっていました。

鶏つけそば800円
イメージ 9
麺を浸しているのは昆布水。
わずかに粘りがあるぐらいのサラサラタイプです。
個人的にはデロデロに粘る昆布水は苦手なので
これなら満足!

つけそば麺リフト!
イメージ 10
麺は「中華そば」と同じぐらいの太さ。
同じ麺かと思いきや、コシ重視の配合にしているそうです。
さらに水で締められているので、
中華そばとは段違いのコシがあります。
この麺はいいですね〜!

つけ汁
イメージ 11

つけ汁の中には鶏モモの巻きチャーシューが入っています。
基スープは中華そばと同じと思われますが
香味油が多いので、美味しい鶏スープの味を楽しめない気がしました。

「中華そば」と「つけそば」ならば前者が好みでした。



鶏源@蒲田【閉店】

【閉店】2019年3月、閉店しました。
横浜黄金町の本店は相変わらず繁盛してます。

横浜の黄金町にある鶏白湯(とりぱいたん)の名店が
2018年4月に東京・蒲田に進出!
イメージ 1
オープン直後以来、7ヶ月ぶり2度目の訪問です
まる玉(両国)のシンガポール店出身ですが
開業数年で本店を軽く凌駕する美味しさになっています。
最近数ヶ月は店主の中山氏が蒲田店に出張っているそうです。

おもなメニュー
イメージ 2
「鶏白湯塩」が中心メニューかつオススメです。

麺の硬さ&辛さ
イメージ 3
麺は「硬め」か普通で注文する人が多いようですが
個人的にオススメなのは「バリカタ」か「ハリガネ」です。
辛さは、いちばん辛い「天国」でも大したことはありません。

鶏白湯塩760円
イメージ 4
今年4月の蒲田店開店当初よりも数段美味しい!
澱粉や肉片で強引にドロドロにしたのではない、
ピュアで濃密な鶏の出汁が超うまい!
本店で一番美味しい時の味が見事に再現されています。

麺リフト(ハリガネ)
イメージ 5
私はいつも超カタメの「ハリガネ」で注文してます。
麺は博多豚骨のような色白ストレート細麺(切り歯26番?)。
横浜の本店とは製麺所が違うようですが、
食べた感じは大体同じ印象です。

チャーハン小350円
イメージ 6
どうやら熱血らーめん in Yokohamaの炒飯タレを
インスパイアしている様子。
サイドメニューとしてオススメです!

餃子6個370円
イメージ 7
おそらく業務用と思われますが、
ちょっと割安感のある美味しい餃子。
ラーメン+ちょい呑みにはちょうどいい!

鶏源蒲田店、今後もっとウケるでしょ!

【食べログ】
鶏源 黄金町本店
https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14047027/
鶏源 蒲田店
https://tabelog.com/tokyo/A1315/A131503/13219564/


これからのトレンド!?
豚骨清湯の店が横浜にも!

藤棚浦舟道路沿い。「晴れ着の丸昌」並び。
イメージ 3
2018年9月25日オープンの新店です。

店内
イメージ 4
前は中華料理店だった場所で、
テーブル席のみになっています。

ウンチク
イメージ 2
鶏ガラも魚介も使わない
豚骨清湯(豚骨の澄んだスープ)が特徴!

メニュー
イメージ 1
基本のラーメンは1種類のみです。
餃子や雲呑など、中華系も得意な様子。

拉麺750
「塩ラーメンみたいに見えるけど醤油味です」(店員さん談)
イメージ 5
なるほどスープはモロとんこつ!
もう少し強火で白濁させれば本当に博多ラーメンになってしまいそう。
澄んでいても豚骨のコクは充分すぎるほど出ています。
味付けは、食べた感じでは有名メーカーの白醤油か何かでしょうか?
普通の醤油味でも食べてみたいものです。

麺リフト!
イメージ 6
麺は北海道産小麦100%の自家製。
色白低加水でバッキバキなストレート麺です。
スープとのバランスを考えればもう少し細い方が良さそうだけど、
個人的には好みです^^/

味変アイテム
イメージ 7
アクセント用アイテムが標準添付。
青唐辛子漬けとおろし生姜です。
豚骨大好きの私には全く不要でしたが(笑)

チャーシュー&メンマ
イメージ 8
このチャーシューが秀逸!
適度に肉感があるけど歯ごたえはあくまでもソフト。
やわらかいけど旨味が抜けていなくて味も染みている。
別皿で追加注文しちゃいました。

皿雲呑(5個)380円
イメージ 9
ラー油、ネギ、パクチーがついてます。
皮も自家製だそうで、ぷるぷるで美味しい。

焼餃子(4個)380円
イメージ 10
派手な羽根つきにビックリ!
こちらも自家製皮だそうでモッチリです。

というわけで、豚骨清湯の店はこれからもっと増えてほしい!

食べログ「豚骨清湯かつら」



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事