空腹時に見てはいけないブログ

訪問者数1700万人突破ありがとうございます!

┣横浜中心5区

[ リスト | 詳細 ]

横浜市中心部5区(中区・西区・南区・神奈川区・保土ヶ谷区)のラーメン屋

記事検索
検索
テレビのCMに登場した酔来軒を見て
久々に行かなきゃということで。
イメージ 8
前回訪問は約4年半前、
当ブログ掲載は約5年ぶりというご無沙汰店です。
400円なのに奇跡の美味しさ「酔来丼」が名物!

【動画】住友生命のワンアップCM 
出演…瑛太 サンドウィッチマン富澤
今年5月頃から始まった模様。
CM中には酔来軒や酔来丼の文字は
一切出てきませんが、すぐに判りました。

店内
イメージ 7
CMでは写真左側の小上がりは一切映っておらず、
右側のテーブル席だけが見えていました。
3日間休業して色々なバージョンを撮影したそうで、
結局、一番シンプルなのが採用されたようです。

メニュー(拡大可)
イメージ 6
店内の色々な場所に貼ってあるメニュー札を
組み合わせて1枚にしてみました。
限定メニュー以外は網羅されているはずです。

酔来丼400円
イメージ 5
縁の赤い本格焼豚、メンマ、ネギ、もやしナムル、
それと目玉焼きがごはんの上に載っています。

添付のタレかける
イメージ 4
添付のタレは醤油+からし+ごま油あたりだと思われます。
このタレを混ぜて、丼にかけた図。
あとは目玉焼きを崩し、まぜて食べましょう。

まぜ&リフト!
イメージ 3
こんな単純な料理がどうしてこんなに美味いんだ!?
と叫びたくなります。
決め手はやっぱり自慢の焼豚でしょう。

小ワンタン200円
ごはん物を注文すると+200円で
小ラーメンか小ワンタンをつけられます。
イメージ 2
何の変哲もない中華屋スープなのに希有なデキ!
鶏ガラの味を非常に良く引き出しており、
油気がほとんどないのにコクと香りを楽しめます。
「何も特別なことはしていない」と店主談。
逆にそこが魅力なのかもしれません。

ワンタンリフト
イメージ 1
私は肉餡などの鮮度の落ちた物が苦手で、
他店では餃子やワンタンの餡に臭味を感じることが多々あります。
しかし、この店は全く気になりません。
店主曰わく、その日の分しか仕込まないとのことなので、
素材の扱い方や鮮度管理がしっかりしているのだと思います。

揚げワンタン600円
イメージ 9
ワンタン自体が美味しいのは上記通り。
揚げ具合もほぼ完璧だし、
一見どこにでもありそうなこの甘酢餡も
他の大衆中華店に比べて妙に美味しい。

安い。美味しい。
気さくで気配りのある店主。
欠点を探すのが難しい店です。


火曜定休
第3月曜定休とのことですが、営業する場合もあり不定。



開く トラックバック(1)

2017年4月7日開業の新店。
蕎麦屋の居抜きのようで、
ラーメン屋としては立派な店構えです。
イメージ 1
店主は多賀野@荏原中延で働いていたことのある方で、
開店時は多賀野から花が届いていました。

メニュー
イメージ 11
麺類は5種類となかなか豊富なラインナップ。

店内
イメージ 10
L字型カウンター6席と、
2人掛けテーブルが3台。
壁には鶏の戯画。

中華蕎麦780円
イメージ 9
最近の新店ではよくある鶏ガラ清湯スープ。
ホロホロ鳥と比内鶏を使用した鶏ガラベース。
他に十数種類の魚介や乾物を使用しているそうで、
複雑かつ奥行きのある味わいです。

タレには生醤油と再仕込み醤油などを使用。
といっても決して醤油が勝った感じはせず、
あくまでも出汁の旨味が前面に出ています。
鶏喰より好き!

麺リフト!
イメージ 8
国産小麦「春よ恋」を配合した自家製麺。
中細ストレートでツルパツッとした食感。
滑らかなのにコシがあるという、
これまた最近の新店によく見られるタイプです。

チャーシュー
イメージ 7
焼豚を提供時に軽く炙ったものが1枚。
そして八幡巻きのような鶏チャーシューが特徴的。
豚よりも八幡巻きの方が美味しかった♪
メンマは真っ茶色ですが特別塩辛いわけではなく
やわらかくて甘味もあり美味しかった。

塩そば820円
イメージ 6
こちらは醤油が全体をまとめることなく、
複雑な出汁素材がそのまま舌に伝わってくる感じ。
カミカゼの塩には及ばないけどかなり好き!

塩・チャーシュー
イメージ 5
豚チャーシューは醤油と同じものですが、
もう1枚は八幡巻き風ではなく、
牛豚ミンチで作ったソーセージ風。
これも美味しい。それにしても凝ってますね〜。

坦々蕎麦850円+味玉100円
※メニュー名は店側の記述通り
イメージ 4
芝麻醤よりもナッツ類を多く使用しているそう。
バックに魚介だしもかなり感じられます。
醤油や塩に比較して塩分はかなり高い。

担担麺の具
イメージ 2
肉味噌と、ザーサイとメンマを刻んだものが入っています。

はやり醤油か塩がオススメ!

営業時間
イメージ 3
日曜定休なのはオフィス客が多いからでしょう。







鶏源が新メニューを始めたので食べてきました。
イメージ 12
2012年7月開業。
当時横浜ではまだ珍しかった
鶏白湯(トリパイタン)ラーメンの店。

鶏白湯では横浜で間違いなくナンバーワン。
東京の両国、銀座、大門などの鶏白湯有名店でさえ
この店には遠く及びません。


メニュー
イメージ 11
券売機左上ボタン「鶏白湯塩」が中心メニュー。
それをベースとした「タンメン」「生からし」「カレー」
などもあります。

麺の硬さ/辛さの度合い
イメージ 10
麺の硬さはバリカタ以上がオススメ。
辛い系のメニューは辛さが6段階から選べます。

新メニューは海老塩(えびしお)。
5/3頃から開始したようです。
ちなみに従来から「SHIN海老醤油」というメニューはありました。

【参考】SHIN海老醤油710円
※昨年5月訪問時の写真
イメージ 9

これは開業当初、鶏白湯に馴染みのない客でも
抵抗なく食べられるように作られた醤油ラーメンでした。

しかし、今では鶏白湯の店としてすっかり定着したので、
鶏白湯の魅力を生かした新しいエビ系メニューを導入したのです。
なお、SHIN海老醤油も今後しばらくは継続する予定だそう。

そして新メニューがこれ!
鶏白湯 海老塩760円

麺の硬さはハリガネ(レギュラーと同じ麺)
イメージ 8
主力メニューの鶏白湯塩をベースに、
魚介昆布出汁と海老油を追加した形。
やはり、海老のラーメンは塩味が一番合う!
他の人のレビューでもおおむね好評でした。
今後さらに改良され、完成度はもっと上がるでしょう。

鶏白湯 生からし740円
辛さは最上の「天国」、麺の硬さはハリガネです。
なお、赤黒のツートンカラーだった丼は5月初め頃から
順次この白い丼に入れ替わっていったようです。
イメージ 7
乾燥唐辛子ではなく、
生の唐辛子を使用しています。
口中にジリジリ残らないフレッシュな辛さが特徴。
辛くてもベースの鶏白湯スープの
旨味と風味がちゃんと生きています。

鶏白湯 塩660円
不動の主力メニュー。
これは丼が変わる前、今年1月ごろ訪問時の写真。
イメージ 6
う〜ん!相変わらず激旨スープ。
巷にはデンプン類でトロミを出すような店もありますがが
この店はそんな小細工はせず直球勝負!
昆布以外の魚介は使用せず、
鶏の旨味を極限まで引き出す作りになっています。

麺リフト(ハリガネ)
イメージ 5
曙町・埋金製麺の低加水色白ストレート細麺。
開業当初はストレート麺で、
一時期、やや縮れた麺に替わり、
約1年前にまたストレートに戻りました。
この麺、博多ラーメンの鶏版みたいな感じで好き!

葱塩チャーシュー丼280円
※麺類とセット価格。単品なら30円増。
イメージ 4
豚、葱、マヨ。
なにげにバランス感抜群でオススメです!

チャーシュー丼海苔巻き
イメージ 3
麺のトッピングに板海苔(110円)を追加し、
それをスープに浸してフニャフニャしに
ご飯に巻いて食べると美味しい!

まろやかカレー丼280円
※麺類とセット価格。単品なら30円増。
イメージ 2
濃茶色のビター系カレー。
ラーメンとの相性も抜群!

営業時間
イメージ 1
朝5時までやってます(火・水は24:00まで)
そういえば「鶏白湯スパイシーカレー」も
バージョンアップしたそうなので次回食べてみよう♪







京都ラーメンチェーン店の魁力屋(かいりきや)。
「狩場店」はMEGAドンキホーテ狩場インター店の1Fにあります。
イメージ 7
現在、関東および関西を中心に72店舗を展開。

基本メニュー
イメージ 5
塩や味噌などもありますが、
絶対的に醤油がオススメ!

定食&一品メニュー
イメージ 6
お好きなラーメン+焼きめし、あるいは
小ライス+餃子や唐揚げなどとセットにしたものを
この店では「定食」と呼んでいます。

特製醤油九条ネギラーメン896円
(麺硬め・背脂多め)
京都ラーメンはいくつかのタイプに分類されますが
この店は「背脂醤油系」と呼ばれるタイプです。。
イメージ 4
背脂多めで注文しているので写真では見えませんが
スープそのものは透明感のある鶏ガラ化調ベースです。
卓上に入れ放題のネギがありますが、
有料トッピングのネギの方が明らかに良質!

麺リフト!
イメージ 3
麺硬めで注文。
ポキッとした食感の中細ストレート麺です。
麺、スープ、バランスともに良好で
チェーン店のラーメンとしては結構好きな方♪
たまに食べたくなります。

【限定】台湾ラーメン896円
10〜12月の限定メニューということですが、
確か昨年、一昨年もやっていた気がします。
実際に注文したのは今回が初めて。
イメージ 2
辛さもニンニク・ニラも控えめでおとなしい感じ。
卓上のおろしニンニク、ラー油、ヤンニンジャンも入れてみたものの…。

台湾麺リフト
イメージ 1
麺はレギュラーと同じものです。
硬めの麺ともやしの食感がよく合ってます。

やっぱりこの店は醤油一択だなぁ。
それだけ主力メニューの完成度が高いということでしょう。


国道1号(東海道)下り沿い。
「MEGAドンキホーテ狩場インター店」の駐車場を使用可。

開く トラックバック(1)

2006年11月2日開業。
明日で開店10周年を迎えるとのことで
おめでとうございます!
イメージ 10
横浜で一番美味しいつけ麺はここ!
店主は中華料理店コックを経て、
製麺メーカーの大成食品にて麺のノウハウを学び、
製麺技能士の国家資格を取得してからこの店を開業。
麺に関しては東京を含めてもここが一番だと思っています。

メニュー
イメージ 9
基本メニューは「つけ麺」と「らーめん」のみ。
季節にもよりますが、7〜8割の客が
つけ麺を注文しているようです。

つけ麺810円+チャーシュー1枚100円
+のり100円+刻みのり100円+ねぎ多め50円

イメージ 8
好きな店では追加トッピングも豪華に♪
麺に載っているチャーシューは追加トッピングで、
デフォのチャーシューは細切りで付け汁に沈んでいます。

つけ汁(ねぎ多め)
イメージ 7
スープがもっとドロドロの店はたくさんありますが、
単に骨についた肉片の繊維質と脂分が混じることで
粘度を出しているだけの店が多い気がします。
この店はそういうタイプではなく、純粋な豚骨や魚介の旨味を
しっかりと強く抽出しているところが好き。

つけ麺リフト!
切り歯14番のストレート自家製太麺。
イメージ 6
北海道産小麦の好了(ハオラー)と北翠(ほくすい)
を使用した上質の麺がうまい!
加水はやや高めで40%を超えると思われます。
ツルッ、モチッとした食感を保ちながらも
しっかりコシのある素晴らしい麺です。

具サルベージ
イメージ 5
つけ汁の中には具が結構入っています。
チャーシューもメンマも美味しい!

辛味120円(多め)
イメージ 4

辛味は別皿でもらいました。
唐辛子だけではなく、エビ、カツオ、ゴマなども入っています。
卓上の唐辛子粉だけでは得られない旨味があります。

辛つけ麺リフト!
イメージ 3
つけ麺の汁に辛味を投入し、麺リフトした図。
辛味追加は超オススメです!

らーめん760円
イメージ 2
つけ麺を注文する客が多い同店ですが
らーめんも捨てがたい存在。
スープのデキがダイレクトに伝わります。
この日は特にデキがよかった!

辛ラーメン麺リフト!
イメージ 1

つけ麺より二回り細い切り歯18番の中太麺。
ラーメンにも辛味を追加してみました。
これも当然美味しい!

開業から10年間、味やメニューをほとんど変えることなく
繁盛し続けてきたのは完成度の高さゆえでしょう。
今後もますますの繁栄を期待してます!





.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事