空腹時に見てはいけないブログ

訪問者数1700万人突破ありがとうございます!

┣横浜中心5区

[ リスト | 詳細 ]

横浜市中心部5区(中区・西区・南区・神奈川区・保土ヶ谷区)のラーメン屋

記事検索
検索
1937年創業の京都ラーメンを代表する名店が
横浜伊勢佐木町にやってきた!
イメージ 5
2015年12月21日オ−プン。
12/28には焼き飯もスタートしました。
なお、一部サイトでは「関内店」と表記されていますが
店側は「伊勢佐木町店」と呼んでいます。

◇新福菜館 関東での出退履歴
1997年8月1日 新横浜ラーメン博物館に出店
2002年11月30日 新横浜ラーメン博物館を卒業
2003年 モザイクモール港北店@センター北が開店
2010年9月ごろ モザイクモール港北店が閉店
2015年1月31日 麻布十番店が開店
2015年8月24日 秋葉原店が開店
2015年10月5日 人形町店が開店
2015年12月21日 横浜伊勢佐木町店が開店
※その他、デパート催事など短期出店も多数あり。

中華そば(小)600円
イメージ 4
真っ黒な醤油のスープが新福菜館の特徴。
しかし見た目に反して塩分はさほど強くなく、
油も少なめでかなりアッサリしています。
本店で食べた時よりもかなりライトな印象。

中華そば(小)600円+九条ネギ150円
イメージ 3
九条ネギはちゃんとしたもの。
関西系チェーン店にありがちなバサバサなアレとは大違いです。
薄くスライスされた豚肉は本店に近い印象。

麺リフト!
イメージ 2
色白の低加水ストレート中細麺が
濃い色のスープで色づくのは本店と同様。

焼き飯(小)400円
同店の陰の主役といえるアイテム。
イメージ 1
ラーメンと同じ醤油ダレを使用しているためか
これまた見た目に反してライトな印象。

なお、中華そばと焼き飯のセットもありますが、
特に割引はないようです。

【注意】2016年1/1〜1/3は休業です。


新福菜館 伊勢佐木町店 店の公式Twitterアカウント
横浜市中区伊勢佐木町2-60 オリエンタル共同ビル1F
※地図の位置は正確に合わせてあります。
11:00〜23:00
日曜定休
JR関内駅より徒歩4分
地下鉄・伊勢佐木長者町駅より徒歩4分

【参考】
新福菜館本店@京都
イメージ 6
2006年撮影。


開く トラックバック(1)

再訪店は店名をクリックすると過去記事に飛びます。
初訪店は食べログにリンクしています。

大公@横須賀衣笠
初訪店。札幌「純すみ系」の人気店。

3枚チャーシュー味噌らぁめん830円
イメージ 7
ちゃんと炒めてあるシャキシャキ野菜は
現在のラー博すみれより100倍おいしい。
ただ、スープのパンチと味噌の風味に関しては
全盛期のラー博すみれには及ばない。

大公麺リフト
イメージ 6
黄色くてプリッとした多加水熟成縮れ麺は
灼熱スープの中でものびにくく最高!

麺s慶(メンズケイ)@西横浜
2015年2月開業のお気に入りリピート店。

【限定】白ハマグリラーメン950円
限定メニュー情報は麺s慶の公式Twitterアカウントで確認!
イメージ 5
白ハマグリ=ホンビノス貝のこと。
「とりかけそば」をベースに貝が入っているようです。。

【限定】煮干しつけ麺850円
イメージ 4
濃度はややドロ。エグ味全開の煮干しスープです。
チャーシューは牛カルビ。
細麺は思いの外よく合います。

中華そば尋(ひろ)@戸塚

店主は2001年より「神奈川淡麗系」の地盤を築いた実績者。
2014年12月からこの地でこの店を開業。

中華そば(中)650円
+海苔100円+かたゆで味付卵100円

鶏と煮干しのシンプルなスープなのに
独自の味に仕上がっています。
それでいて安定感抜群。超リスペクトの味です。

尋麺リフト
イメージ 3
麺は自家製。
国産小麦粉にいくつかブレンドしてあるようです。
プニッとしているのにダレた感じではなく、
これまた安心感があるのに今まで食べたことのない逸品。

麺どころ魁(さきがけ)@和田町
国産小麦粉を使用した自家製麺が魅力。
地元では人気のある店なのですが、
もっと幅広く知られてもいい優良店です。

つけ麺810円+海苔100円
イメージ 2

いわゆる豚魚系のつけ麺。
スープは「シャバ系」などと評されることもありますが
下手な「ドロ系」の店よりもダシがちゃんと出ています。

魁麺リフト
イメージ 1
この店最強の魅力はこの麺。
国産小麦の「好了」(ハオラー)と北翠(ほくすい)。
それに讃岐うどん用の「雀」をブレンドした麺は
つけ麺の麺として私が知る限り日本一!
コシがあるのに硬くないところががすごい。


月に1〜2回は行っているお気に入り店。
当ブログ単独掲載は1年ぶりです。

出身店(まる玉)よりもずっと美味しい鶏白湯ラーメン。

営業時間が長いのも便利。
開業から3年半。すっかり繁盛店になり、
深夜でも満席になることも珍しくない。

3周年記念感謝祭

イメージ 1
12/12/〜13日は表記メニューが半額!
開業は7月のはずですが、どうして12月に?
店主いわく「暑い時期を避けたかった」。
ははは(^^)/

鶏白湯塩660円
問答無用の絶対的オススメメニュー。
イメージ 2
博多ラーメンの豚骨を鶏に置き換えたような感じ。
客数が大幅に増えたので
仕込み量も増やしているそうですが
相変わらず美味しくて満足。

麺リフト(ハリガネ)
「硬め」で注文する客は結構多いのですが
私は「バリカタ」or「ハリガネ」がオススメ!
イメージ 3
色白でポキッとした細麺は博多ラーメンに似ているけど
少々縮れがあるところが異なります。
麺は全メニューこれと同じ物です。

★現在、アオサが高知四万十産から三重県産に替わっています。
供給可能になれば四万十産に戻る予定だそうです。

鶏白湯生からし(天国)740円
+海苔110円
辛さは5段階。一番上辛いのが「天国」です。
イメージ 4
乾燥唐辛子の粉ではなく、
フレッシュな唐辛子を使用しているのが特徴。
舌を刺すような辛さではなく、
鼻に抜けようような辛味です。
唐辛子がタイ産から千葉県産に切り替わって
以前より辛さが倍増しましたよ〜!

鶏白湯タンメン760円
イメージ 5
この店はタンメンも捨てがたい美味しさ。
鶏白湯スープの純粋な美味しさを味わいたいなら
普通の「鶏白湯塩」の方が良いのですが、
野菜とその旨味が出たスープも美味しい〜!

鶏白湯塩660円+あおさ260円+海苔110円
イメージ 6
私の定番トッピングは海苔三昧!
普段ビタミンやミネラルが不足がちなので(笑)

ライス130円(麺類とセット価格
イメージ 7
卓上のフライドガーリックをライスにかけ、
追加トッピングの海苔をスープに浸し、
チャーシューとともにライスの上に移動。
これだけで立派なごはん物になりますよ〜!

あおさリゾット
イメージ 8
サイドメニューのライスにフライドガーリックをかけ、
ラーメンの追加トッピング「あおさ」を移動。
ラーメンのスープを注いだのがこの写真。
うますぎ〜!

焼餃子330円(麺類とセット価格)
イメージ 9
なにげによく注文してます。
自家製ではないようですが
下手な自家製よりも旨いですよ〜(笑)。

麺場 鶏源 黄金町店
横浜市南区前里町2-42 矢沢ビル102
045-261-0577
◇月・木・金・土・日
11:30〜14:00
18:00〜翌5:00
◇火・水
11:30〜14:00
18:00〜24:00
京急・黄金町駅より徒歩2分
平戸桜木道路沿い。花月跡地。
 
ラーメンデータベース「麺場 鶏源 黄金町店」

中華街の「雲龍」が11月いっぱいで閉店してしまうとの情報が…。
イメージ 4
というわけで、慌てて行ってきました。

観光客が来ない、地元の通たちに好まれる店。
当ブログでも何度も紹介しました。

閉店告知
イメージ 3
ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
噂は本当でした…。

女性店主はもう81歳だそうで、
引退やむなしだったのでしょうか。
中華街の至宝がなくなるのは本当に残念。

排骨麺(パイコーメン)850円
イメージ 1



最後に食べたいのはやっぱりコレでしょ!
揚げたてジュージュー状態で出てきます。

排骨アップ
イメージ 5
骨付きのパイコーを出す店は
今や中華街でも数少ない。
スープや麺のクオリティもそこらの中華屋のレベルではありません。

排骨飯(パイコーはん)850円
イメージ 6
ラーメンに載っているパイコーと同じ物だから
美味くないはずがない!
あんかけ&ごはんにの組み合わせもいいものです。

汁錦炒麺(五目焼きそば)850円
イメージ 7
これも私の大好きなメニュー。

焼きそばアップ!
イメージ 8
柔らかい麺が焼かれて表面はカリッと。
麺の具合といい、野菜や魚介の仕上がり具合といい
こんなに完璧な焼きそばを他に見たことがありません。

焼売(シューマイ)520円
イメージ 9

通常5個のところ、1個オマケしてくれました♪
がっしりした歯応えで肉肉しい、私好みの焼売。
タマネギではなく長ネギを使っているようです。

牛バラ煮込み1650円
イメージ 10
「牛バラそば」はこの店の名物のひとつですが、
単品で食べちゃいます。
やわらかくて味付けも絶妙で美味しい!

炒飯(ちゃーはん)670円
イメージ 11
この店は「ネギチャーシュー飯」も人気があるのですが
それと同じ美味しい焼豚がたっぷり入っています。
パラパラ系ではなく、適度にしっとりしているのが好き!

記念品
イメージ 2


帰り際に店主に「長年おつかれさまでした」と挨拶すると
「またどこかで店を始めようか」だって。
ホントだったらスゴすぎ!

明日11/30(月)が最終営業日です!
(月曜は定休日ですがこの日は営業します)

中華料理 雲龍

横浜市中区山下町132
長年お疲れさまでした!



2015年9月オープン。
相模原「熱血らーめん遊びじゃネェんだよ」の移転復活。
相模原時代は2010年食べログのベストラーメン
神奈川県5位という実績店。
イメージ 8
京都ラーメンの店です。
店主の鉄谷氏も京都出身。

【前回訪問時の記事】
2015年9月(熱血中華そば)

メニュー
イメージ 7
「熱血中華そば」が基本メニュー。
背脂が利いた豚骨ベースのラーメンです。

限定メニュー
今回は、前回訪問時にはなかった限定メニュー狙いです。イメージ 6
この日は「熱血豚骨」「味噌らーめん」という
2種類の限定がありました。
「超濃厚A級豚骨らーめん」をやっている日もあるそうです。

限定メニュー情報等はTwitterでチェック!
  ↓   ↓   ↓
https://twitter.com/nekketsu_ramen


熱血中華そば(並)730円
この店の基本メニュー。イメージ 5

スープは豚骨ベースでややトロリとしています。
味は濃いめで背脂も浮いているけど
醤油ダレ自体にはカドがなくまろやか。
パンチがあるのに飲みやすいスープに仕上がっています。
2ヶ月前訪問時より完成度アップ!
鹿島田時代とはもはや別物!

麺リフト!
イメージ 4
前回と同じ丸山製麺。
のびにくい麺なので硬め注文しなくても問題なし。
京都直送の九条ネギはシャキッとしており、
鹿島田時代よりも美味しくなりました。

熱血豚骨(限定)800円+のり増し100円
イメージ 3
相模原時代の「熱血豚骨」が復活!
スープはレンゲにまとわりつくほど濃厚でパンチ力抜群。
写真右の赤いのは紅生姜ペーストです。
魚粉が利きすぎているので、もっと減らした方が好み。

限定味噌らーめん
満腹につき食べきれるか微妙だったので
チャーシュー抜きにしてもらいました。
イメージ 1
赤味噌にごまだれが入り、
生姜などの香味も適度に利かせてあります。
モヤシの炒め具合もバッチリ。
これはパンチがあって美味しい!
相模原時代の限定味噌よりもかなり進化しています。

自家製餃子350円
イメージ 2
店主は中華料理出身なので
チャーハンも得意なのですが
現在は厨房設備の制約により
チャーハンはありません。
でも餃子も美味しいですよ〜!

熱血らーめん in Yokohama
横浜市中区伊勢佐木町5-129
11:00〜24:00
当面は無休
地下鉄・阪東橋駅より徒歩5分
京急・黄金町駅より徒歩6分
イセザキモール沿い、

ラーメンデータベース(RDB)「熱血らーめん in Yokohama」

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事