最近の

トウヘンボクです

最近よくネガティヴになります



最近はツイッターに篭ってます、くだらない事しか呟いてないぼっちです


イメージ 1

それはそうとアーツ改造で劇場版鬼を揃えました、目標達成

揃ったのは大体三月半ばくらい

歌舞鬼さんが最後の1人だったんだけど、中々上手く出来ました


イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

こんな感じで写真撮るあたり中々自信の出来です


歌舞鬼さん作ってから妙に色々やる気が出ません、やりきった感


もう生きる気力すら_(:3 」∠)_


今回はこれぐらいで

次作る鬼は輝鬼さんかな

この記事に

開く コメント(0)

名古屋の鬼

いかがお過ごしでしょうか、ダンガンロンパ3 絶望編 の七海の例のアレでマジで落ち込んで辛くなってたトウヘンボクです









イメージ 1

以前凍鬼さんの記事を書きましたが、現在アーツ  煌鬼さんの製作中であります

戦国鬼コンプ目指して毎日作業作業


figmaの改造で七海千秋も作る準備をしてたりと改造ライフを楽しんでます

七海の例のアレでマジで落ち込んだけどね



自分が最も好きなキャラの辛いシーンは本当見てられないですね、泣きそうになりました





煌鬼さんと共に七海の制作状況も余裕があれば上げていきたいと思います





ではでは

この記事に

開く コメント(0)

1の続きになります

イメージ 1


イメージ 2

胴体の大体の形ができたらアーマーのデザインを作っていきます、盛った画像がないのが申し訳ないが基本的にはその形っぽく適当にベタッと盛って後から形を綺麗に作っていくやり方をしています

イメージ 3


イメージ 4

先ほどから更に削ったもの、背中もしっかり作っております、溝は彫刻刀で、あれがあると筋彫りなんかが凄く楽です

イメージ 5

凍鬼さんのスタイルを左右する肩の盛り、先ほどの写真でも盛ってましたが適当にやった為明らかにスタイルが崩れていたので盛り直しました、適当イクナイ

イメージ 6

肩の造形、凄くそれっぽくなっておりますo(`ω´ )o肩はほとんどリューターで削っております、無くても問題はないですがリューターがあると削る作業が一気に楽になりますぞ(OvO) 細かい部分は出来ないのであくまで荒削りにはなりますが

イメージ 7

両肩を作りお腹あたりにもトゲトゲを、肩アーマーの接続は劇中スーツのように胴体側に繋ごうと考えておりましたが、可動と作業の楽さを考えてアーツそのままの接続法に

イメージ 8

仕上げに針金でモールドを作り表面処理作業、私はホームセンターの耐水紙やすりを使ってますが中々使えます、値段も100円もしなくて安上がり

イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13

さてさてまたまたサーフェイサーを吹いて表面を綺麗にしたらやっと塗装作業、私は必要最低限の技術しか持ってないので塗装はオール筆塗り塗料も手の下地以外は全てMr.カラー、ゆっくり丁寧に筆で重ね塗りすれば案外綺麗に塗れます(OvO) 筆塗りだと吹いたサーフェイサーが溶けて塗料と混ざる事があるので気をつけましょう

顔のグラデーション部分はTwitterで教えてもらった、塗料をにじませる方法を使いました、塗装の境目をかなり薄めた塗料とで撫でるように滲ませたのですがうまく出来てるかな

イメージ 14


イメージ 15

本体ができたので武器に取り掛かります
音撃金棒は流用出来るものを持っていなかったので、プラ棒に針金を巻きつけそれに粘土を盛り付けて作る事に、厄介なモールドもビニール線を使って多少楽をしました

イメージ 16


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19

そして一番厄介な鬼石部分、フルスクラッチ、粘土とパテの塊です(OvO)  ひたすら無心で削る作業は楽しかったですo(`ω´ )o  死ぬかと思いました(OvO)

イメージ 20


イメージ 21

そして武器も塗装したら完成!金棒の持つ部分にはVカラーを使用してます、多少は剥がれにくい


説明にならない製作過程ではありましたがとりあえずは根気と最低限の技術があれば後はやってしまえば出来てしまう気がします、自分が好きなものなら尚更


ちなみに製作期間は3ヶ月程、私にしてはかかった方ですかね

この記事に

開く コメント(0)


イメージ 1

というわけで今回はTwitterではちまちま報告しながら作ってたアーツ改造 仮面ライダー凍鬼の製作過程を写真で少し書いとこうかと、おそらく参考になる事はないと思いますが何かの参考になれば

イメージ 3


イメージ 2

まずは顔から始めました、基本的に凍鬼さんは鬼の中でも隈取りで構成されてない方の顔なのでいらない隈取りを全部削り落としました、鼻辺りのラインは削り落とすと後で顔のパーツの配置のバランスが分かりづらくなるので残した方が良いかと

イメージ 4


イメージ 5

まずは分かりやすく大きい部分から粘土やパテを盛り付け削る、基本的には思い通りの形になるまで削っては盛り直す、一発で思い通りになんて到底できないのでとにかく自分との勝負

イメージ 6

顔の目立つ大きめのパーツが出来たので細かいパーツを作っている所、基本的な作業は全てデザインナイフ、つまりこれぐらいの造形ならデザインナイフがあれば出来てしまいます

イメージ 7

更にパーツ等を追加したもの、熊の顔の部分には針金使ってます、使えるものは使いましょう、楽をするのは悪い事ではないのです

イメージ 8

サーフェイサーを吹いたもの、頭はこれで完成、サーフェイサーを吹くのは表面綺麗にしたいなら必ずやった方がいいですね、表面が綺麗だとより製品っぽく見えるぞ!o(`ω´ )o

イメージ 9

頭が出来たので次は胴体、凍鬼さんは特徴的な体型をしてるのでそれを再現するため首と胸辺りで延長してます

イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12

デカイ体を再現するため胴体に粘土盛り、この辺りは完全に手探りでやってました?( 'Θ' )?

イメージ 13

なんとなく体型が出来あがった所、腕の位置は変えずに、肩の位置だけあげてスタイルを合わせています、まぁ劇中スーツと同じような感じですね





その2に続きます

この記事に

開く コメント(0)

野生児少女


イメージ 1

暑い日が続きます、トウヘンボクです

ブログ再開したものの、やはりTwitterによりがちだ

ライダー少女とか作って、66アクション増やす日々です

楽しい


イメージ 2

一枚目がアマゾンアルファをモチーフにした子なのでアマゾンオメガのライダー少女なんかも作ってたり

我ながら今の所よく出来てる、気がする

イメージ 3

66アクションも継続して製作中、ガンバライジング偉人が揃いました

イメージ 4

あとレジェンド魂にも手を出し始めました、ここまできたら行けるところまで行くぞ

筆で顔を描くのが楽しいですo(`ω´ )o





今回はこんな感じ




ではまた(OvO)

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事