過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

このエッセイは、音声でお聴き頂く事が出来ます。
http://www.geocities.jp/arata_tokyo_jp2004/essay-135.mp3

民主党のS議員のブログで問題が起きました。
原文は次のような内容の記事でした。

「新潟での被災者救援募金活動」

昨日、新潟に行きました。
平成の黄門様のW代議士を筆頭にして、スケさんのK代議士、カクさんの私という珍道中でした。
新潟市で、地震被災者救援 街頭募金活動をやっているKさん(民主党参議院 新潟選挙区候補者)の募金活動にみんなで参加しました。
Kさんや地元から参加したN代議士は、ビシッと防災服に身を包んでいました。
二人とも地震発生当日に震災現場に行って、ひどい状況を視察してきた由。
Kさんは、候補者のたすきをせずに、ひたすら救援募金を募っていました。



・・・というものでしたが、
当然の事ながら、この記事に対して多くの批判的なコメントが書き込まれました。
そして、その後に修正 加筆した記事は次のような内容になっていました。

「新潟での被災者救援募金活動」

昨日、新潟に行きました。
W代議士を筆頭にして、K代議士、私で赴きました。
新潟市で、地震被災者救援 街頭募金活動にみんなで参加しました。
地元から参加したN代議士は、ビシッと防災服に身を包んでいました。
地震発生当日に、震災現場に行って、ひどい状況を視察してきた由。
民主党で集めた募金は、1円残らず現場の救援ボランティア グループに渡されます。

その募金活動中のことです。
一人の中学生が、意を決したごとく私の前に寄って来て、「使ってください!」と言って募金してくれました。
その額、なんと1000円!
降りしきる雨の中、正直言って一瞬涙が出ました。
大人でも、100円だまを入れる人が多かったのに。頭が下がりました。
新潟の少年よ、ありがとう!あなたは偉い!

・・・というものですが、これがまた多くの批判を受ける結果となりました。
このブログの記事に対するコメントは1000件を超えています。



では、このブログの記事に対する多くの批判を、私自身の疑問点も含めてまとめてみたいと思います。

地震の被災地に「珍道中」という表現。
黄門様とスケさんカクさんとの物見遊山のイメージが、「被災地視察」「募金活動」と一致しない場違いな表現であり、被災者や亡くなられた方々に対して大変失礼である事。

何故、その被災地である新潟で募金活動をするのか。
何故、他の地域で募金活動をして、被災地の新潟の人たちを助けないのか。
地元の「民主党参議院 新潟選挙区候補者」と書いているところを見ると、募金活動というよりも、目立つ場所での選挙活動なのか、と疑われても仕方がない事。

募金というものは、100円よりも1000円の方が偉いのか。
募金は心や善意ではなく、金額の大小で差別するものなのか。
中学生の1000円は、その子の親からもらった小遣いではないのか。
自分自身で汗水垂らして働いた給料からの募金が(金額の大小にかかわらず)尊いのではないのか。
募金というものは、一部の人からの大金よりも、多くの人たちの共感と協力という事が最も大切な事なのではないのか。

中学生の1000円の募金に涙した。
・・・と、わざわざ書き足していますが、たった1000円の募金に涙するという感受性の強い人格と、「珍道中」という無神経な表現が一致せず、嘘っぽく感じてしまう事。

新潟の少年よ、ありがとう!あなたは偉い!
・・・という言葉を修正後に付け加えた事も、「新潟の人を褒め称える」という「お世辞」のように感じられてしまう事。

自民党の失言に対しては、野党やマスコミが大騒ぎをして、辞任に追い込むのを たのしんでいるように見えるほどなのに、民主党の場合は何故許されるのか。
そういう野党とマスコミの偏りに対する疑問と不満。

民主党で集めた募金は、1円残らず現場の救援ボランティア グループに渡されます。
・・・という言葉は、当たり前の事なので殊更書く必要はない事。
それとも、募金活動の一部を着服する政治家がいるという事を言いたいのでしょうか。

新潟選挙区の議員が、候補者のたすきをせずに、ひたすら救援募金をしていた。
・・・というこの言葉も、当然の事なので書く必要はない事。
もし候補者が選挙のたすきをしていたら、それこそ選挙活動と思われて、笑われてしまう事でしょう。



全体の印象として感じる事ですが・・・、
もしかすると、詳しく被災地の視察をせずに、直ぐに募金活動を始めてしまったような印象を受けます。

被災地で緊急に必要なものは、食料や飲料水や水洗トイレなどの生活用水ではないかと思うのです。
100円や1000円をのんびり集める募金活動なのでしょうか。
募金活動というのは、かなり時間がかかるものなのではないでしょうか。

「民主党で集めた募金は、1円残らず現場の救援ボランティア グループに渡されます」
・・・と書くよりも、その募金が一体何に使われるのか(何に役に立つのか)を具体的に書いた方がよかったのではないかと思います。



さて、このくらいにしておきます。
私は政治・経済には疎い方ですので、こういう内容のものは書かない方なのですが、私が特に感じました事は、(繰り返しになりますが)これがもし自民党の議員であれば、マスコミが必要以上に大騒ぎをして辞任にまで追い込もうとする筈なのに、この記事はほとんど無視しているという偏った事実です。

しかし、マスコミには叩かれなくても、現在ではネットで一般の人たちから叩かれる時代になったのだなーと痛感しました。
そしてインターネットの影響力も、ある場合には国を動かすほど大きなものになっていると実感しています。

例えば、現在の中国政府のニュース報道です。
ネットで現実をバラされたあとで、色々な規制を強化しているところをアッピールしているのがよく分かります。

問題のブログはこちらです。
http://suematu.blog39.fc2.com/blog-entry-103.html#comment

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事