過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

購入したばかりのオーケストラ音源「Miroslav Philharmonik」を使って、以前作った曲のアレンジと録音をやり直してみました。
このソフト音源は元々は高価なものだったようで、4年前は7万、2年前は3万、現在では何と1万円以下で購入できます。
何かの間違いではないかと思い調べてみましたが・・・

2009年1月号の「DTMマガジン」の情報では
「Miroslav Philharmonik 」  ¥73290 (合計7GB、1300種類以上の音色)
「Miroslav Philharmonik CE」 ¥34440 (合計1.5GB、250種類の音色)

2011年2月号の「DTMマガジン」の情報では
「Miroslav Philharmonik 」  ¥28140
「Miroslav Philharmonik CE(Classik Edition)」 ¥16800


あまりに安くなっていますので、購入の際は安価な「CE( Classik Edition)」と間違えないように「7GB 1300音色」を確認した方が良いです。

サンプリングは・・・
数世紀に及ぶ歴史を感じさせる、チェコ・フィルハーモニック・オーケストラの演奏。
「C3をメゾフォルテで」といった指示ではなく、「マーラーの、あのフレーズを弾く時のように」といったディレクションによって収録されたという、1音1音のクオリティ。
プラハのドボルザーク・シンフォニー・ホールにて、ステージ上のオーケストラ配列を保ったまま収録された、自然な定位と空気感。そのすべてに、「音楽的瞬間」をとらえることに対する、ミロスラフ・ヴィトウスの情熱が活きています。(HP 製品の解説より)
http://www.ikmultimedia.com/products/philharmonik/



さて、この曲は弦楽四重奏風に作った曲ですが、フルートが良い音がするのでフルート四重奏風にしてみました。




You Tube で音色を確認できます。

Miroslav Philharmonic vst plugin piece - Blue Hill
http://www.youtube.com/watch?v=Wilk2Hb2nZY
数万円のDTMで、龍馬伝(オープニングテーマ)Miroslav Philharmonik
http://www.youtube.com/watch?v=NKgFWvUPhdU




ランキングに参加しています。
よろしかったら「ワンクリック」お願い致します。
にほんブログ村 音楽ブログ 作詞・作曲へ(文字をクリック)
https://music.blogmura.com/composition/img/composition88_31_femgreen_4.gif





全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事