ここから本文です
アメマスくんの家族
お久しぶりです。

書庫全体表示

ニジマスくん

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

毎年6月中旬から数回、道東、道北を遠征、思い切りフライフィッシングを楽しみます。一番のターゲットは野性味あふれるニジマス。圧倒的なファイトを一度味わうと、誰もが虜になります。
気の合った仲間とすばらしい川、そして私たちを楽しませてくれる魚たち、いつも心癒される釣行です(^-^)

  • わあ、おいしそうなニジマス! と思ってしまう、食いしん坊な私。これもリリースしちゃうんですか? だとしたら、もったいない! 油がのってて、塩焼きにしたらすっごくおいしそうなのに。薫製もいいかも。。。

    pip*pu*py2*06

    2007/6/23(土) 午前 0:26

  • ぱぴママさん、やっぱりすべてリリースです。もったいない気持ちはわかりますが、残さないと魚が少なくなる、そして魚が釣れなくなることになります。すべての釣り人がリリースしているわけではありませんが、こういうルールもあるということですね。

    アメマス

    2007/6/23(土) 午後 10:36

  • 大きなニジマスですね。おいしそーと思ってしまいますが、リリースされるんですね。
    自然界を大事になさっているアメマスさん、素敵です。

    mikoron

    2007/6/24(日) 午後 3:23

  • そうですか、やっぱりリリースですか。自然あってこその釣りですものね。その姿勢はすばらしいと思います。食いしん坊な私が恥ずかしい!

    pip*pu*py2*06

    2007/6/25(月) 午前 1:26

  • mikoronさん、素敵と言われてちょっと照れくさいです。
    自然の中で遊ぶよろこびは、私にとって重要な時間です。それをずっと続けたい、子供たちにも教えたい、残したい、ということですね。

    アメマス

    2007/6/25(月) 午前 3:31

  • ぱぴママさん、恥ずかしくないですよ、それは自然なことですから。
    釣るイコール食べるという、釣り本来の行為を否定するつもりは全くありません。ただ、そうはいっても釣れるものは根こそぎとか、ご近所の分もというような釣り人が、海でも川でもいまだにたくさんいます。なぜ節度ある遊びができないのでしょうか、いつも思います

    アメマス

    2007/6/25(月) 午前 8:15

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事