重力 重き者はレースの支配者

琢也の世界へようこそ、楽しんで行って下さいね!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

回顧

ヴィクトリアマイル回顧

これは無理ぃ〜〜(^^)
結局これだけ速いと道中や勝負どころ、そして直線と摩擦時間が限りなく抑えられる為にストレスの影響がほぼ出ない状況になってしまうのよね、そうなるとコース取りの有利な馬や単純に速い馬が勝っちゃう日本独自の形態になってしまうんだろうね、海外でステゴ産駒が勝ってここで虚しい3.4着争いのステゴvsオルフェ、これが今の日本の競馬なんでしょう、アーモンドアイが最強馬だというのは必然なんでしょう。

ノームコア
流石にこの馬は頭にはあったがこの枠で少し評価を下げてしまった、しかし素晴らしいコース取り、進路変更時のスピードの保持、追い出すタイミング等ドンピシャでしかも摩擦も抑えられたので文句無しのパターンになったよね、臨戦も悪くなかったのでこれはもう少し評価をするべきでしたね、反省!

プリモシーン
これは流石に買えない、鮮度薄くストレスも抱えていたので全く見えなかった、なのでこれが来れてるという事はやはりかなり速さに寄ったレースになって摩擦頻度が低かったって事、ただそういう想定にしても多分買えなかったなぁ〜〜

クロコスミア
先手を取れず苦しい展開だったがストレス無ければこういったCっぽい挙動を示すのもステゴの特徴だろうね、ただやっぱり基本的なスピードが足りないって事だと思う、それでもラッキーを押さえたので個体能力はまだ保持しているのでタイミングを見極めれば大きな配当の馬になる馬でしょう。

今回だろ!ってツッコミは勘弁!

ラッキーライラック
量ある珍しいオルフェ産駒できっちりまとめた、他馬の破綻待ちに少しSっぽい条件ならストレス無ければいつでも走れる馬、上手く使って欲しい。

アエロリット
もう押さえられないと判断して逃げたのは悪くない、ただここは差していた方が期待値は高かっただろうがこれは仕方ないね、安田2着のイメージそのままでもう少し時計が掛かって欲しかった馬でしょう。

ミエノサクシード
最後に対抗まで評価を上げた馬でこれは走れると見ていた、そしてしっかり走って来たがこの時計ではステゴ産駒は無理。

サウンドキアラ
流石にペースにちょっと戸惑ってたね、それでも諦めずに追い込んで来ておりやはり良い馬である、ただ内に突っ込んで欲しかったなぁ〜

ミッキーチャーム
前走のストレスを鮮度でどれだけ消せるか?これがこの馬の課題だったが僕はある程度消せていたと思う、タイミングは良くなかったがG1鮮度に距離鮮度と走れる材料は保持していた、ただ100の能力を120出すタイプには見えなかったのでその部分で評価を下げた、スピードの問題もあるだろうがやはり少し精神的には強いタイプではないので今後ドンドン下降して行く馬だろうね。

ソウルスターリング
このパターンは走っても良いパターンだったのでこれでこの結果は流石にG1では苦しい。

レッツゴードンキ
てめぇ10Rで後方過ぎるのはダメって試走して来ただろ!頑張って前に行けやぁ〜〜

レッドオルガ
これはやっぱりこの人気で絶対買っちゃダメよね、東京実績に凡走後だろうがこれだけマイル連発だと根幹マイルの流れに飽きを感じてるだろうし、マイルばっかりで凡走を挟んだだろうが精神的にも疲れが出てたと思う、この馬は凡走時も頑張ってる挙動が見えており体力のストレスは抑えられてるが気持ちのストレスは抑えられてない局面で他に大きなストレスを消す要因が無いとこの馬は今回手を出してはいけないタイミングだったと思う、今日唯一想定通りになったのはこの馬を評価してはいけないって事だけでした(^^)

サトノワルキューレ
予想でも書いたがハイペースになった瞬間即死!スローの上がりで外伸びってややこしいパターンを好む馬、よろしくぅ!

カンタービレ
この馬は走っても良いタイミングだったんだろうが少し重めのディープでこのパターンだと富士山登山の方が楽に感じるって事なんでしょうね、ターコイズで会いましょう!

開く コメント(2)

ちゃちゃちゃちゃちゃぁ〜〜ん!

ヴィクトリアマイル予想

全馬ゲートイン!スタート!
あぁーっとサトノワルキューレ、レッドオルガにプリモシーン出遅れた!
好スタートは…………って今回何が逃げんだ???

さて今回は全く展開が読めないのです、何故かって?そりゃあなたそもそも何が逃げるのか?そこから大迷路に入って既に半泣き状態で出て来れないからだよ。

ということでもう展開や流れ等考えても絶対答えが出ねぇ!って悟ったので好きな馬や、ここ合ってんじゃね?って馬を選んでその馬が走れるように念じようかというオカルトに走る事にしました(^^)

◎サトノワルキューレ
スローが好きな上に位置取れないクソみたいな馬、とにかく前回の挙動よね、ケイデンスコールの時と全く同じで絶対得意ではない、寧ろ苦に感じてた内側でのレースで活力を見せて来やがった馬の広いコースの外枠代わり、しかもマイルに対する鮮度を持っており流れも一番近い場所で経験して来た、キレるタイプに見えるだろうが実はスピードの持続タイプなのでここは絶好のタイミングだろうね、ま、ハイペースになれば後方にいても即死なのでスローっぽいレースで前進でしょう(^^)

◯レッツゴードンキ
唯一の延長馬で丸くなって来たタイプをやる気にさせる臨戦、外からスイスイ先行なんて出来た日にゃあのクソ桜花賞(もちろん当たったよ)の再現とならんか?あ、逃げてもいいんだよ(^^)

▲サウンドキアラ
やっと出て来やがった、とにかくピッチピチの馬、マイル連発だけどそこはこのピッチピチ感で跳ね返せや!この馬スローが得意じゃないからね、スローだったからずっと取りこぼして来たんだからね、G1のペースで走らせたらびっくりするぞ!
外枠?それは食べられるのか?


という事で今回は周りの出方等考えても無駄って事がわかったので自分が走れるだろうって馬のチョイスをしました、もちろんラッキーライラックがタイミング的に走れる番ってのもわかってるしレッドオルガの東京マイル実績とかもわかってるけど、こんなに期待値の低い馬を「これっ!」って言ってもおいおいお前先週ケイデンスコール本命だろ!何だそれは!って怒られるし調子が良いからって当てに行くような事はせん、皆が楽しんでくれたらそれが一番でしょ(^^)

開く コメント(5)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事