ここから本文です
(^^♪ 家造りなJAZZ
久しぶりのマトメ書きは疲れる。

書庫全体表示

手に汗握り過ぎ

*

昔は、こんなに汗が出なかった・・・。

テニスを始めて、新陳代謝が活発になったのか
それとも単にデブになったのかは定かではないが・・・

異常な程の汗っかきになっているのです。

炎天下の屋外でのテニスで、この汗がプレイに大きく影響
することです。グリップが汗で滑るのです。

当たり損ねを連発して、ミスは別に良いのですが・・・
いわゆるイージーミスの連発はダブルスではパートナーに
申し訳ない気持ちでイッパイになります。

難しいタマではないが、グリップが握れないとミスに繋がるのです。

これは何とかしなければ・・・

ネットでググルと同じような悩みを抱えているプロテニスプレーヤーが
いて、いくつかの対処法を示していました。

そして最も有効な方法が塩化マグネシウムです。

下記画像は、フランスから個人輸入をしたもので
本来、脇汗を止める薬です。
汗腺にフタをして汗を止めます。


イメージ 1
パースピレックス

使用方法は汗を止めたい部位に、前の夜に塗るだけです。
寝ている間に、汗腺の管に栓をします。

塗る箇所は、グリップを握る手のひらです。

昨晩、塗って寝ました。朝起きて手のひらの感触は・・・

ツルツルです。ドライ感はあるが、別に肌が荒れてるわけでもなく・・・

今日、テニススクールがあるので、早速試してみます。

効果は塗り始めて、4〜5日だそうですが、

少しは変化してるでしょう。

なお、汗腺に栓をして大丈夫か?という心配がありますが、

この栓は、塗らなくなれば4〜5日で消えるそうです。

でも手のひらの汗って、不要ですよね。


ps:グリップがしっかり握れたことで、スーパーショットの連続でした。


顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事