震災・まちのアーカイブ

阪神・淡路大震災の記録をまちで保存する

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

 久しぶりの更新です。

 白鹿記念酒造博物館より講演会のお知らせをいただきました。
 
 特別講演会

 人はなぜ<桜>を植えるのか−震災復興と再生を願って−
 今橋理子 学習院女子大学教授
 2014年5月17日(土)13:30〜15:30(開場13:00)

 ※共に、当館「記念館」2階視聴覚室にて。定員先着60名。
 ※聴講は無料、但し入館料が必要となります(「酒蔵館」と共通券)。

 春季特別展
 『笹部さくらコレクション−暮しの中にみる桜−』

 2014年3月19日(水)〜2014年5月26日(月)
 ※2014年4月21日(月)「記念館」一部展示入替のため「酒蔵館」のみ開館
 ※2014年4月29日(火・祝)と5月6日(火・祝)は開館、
 翌4月30日(水)と5月7日(水)は振替休館

 展覧:明治20年(1887)、大阪堂島に生れた笹部新太郎翁の桜人生は、実に90余年に及びます。
 その間、翁はその生涯と私財をひたすら日本古来の山桜・里桜の保護育成に注ぎ込みました。
 その一方で、桜に関する美術工芸品も多数蒐集しました。翁の偉業を偲んで、コレクション
 の中から、今年は盃・徳利・茶碗・皿・水滴・硯など毎日の暮しの中で使われていた工芸品
 を中心に展観いたします。意匠をこらして彩られた桜をご覧下さい。展示点数:約240点
 (※一部資料は期間中で展示替えを行います)

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事