震災・まちのアーカイブ

阪神・淡路大震災の記録をまちで保存する

全体表示

[ リスト ]

 みなさま、こんにちは。
 来年の1月11日に東日本大震災のアーカイブに関するシンポジウムが開催されます。
 毎年、国立国会図書館主催で行われているものです。

 国立国会図書館と東北大学災害科学国際研究所は、東日本大震災に関する音声・動画、写真、ウェブ情報等を収集・保存・提供しています。

東日本大震災から4年目に、両機関は、震災記録の被災地内外における利活用の事例と課題を示し、今後の未来、そして世界へどのように震災記録や教訓を繋げていくかについて議論を行うために、平成27年1月11日(日)に「東日本大震災アーカイブシンポジウム」を東北大学で開催いたします。

デジタルアーカイブを専門とする筑波大学の杉本重雄教授が基調講演するほか、震災記録を収集する8つの機関が、各アーカイブの取組・活動について事例報告します。また、記録の利活用や課題についてパネルディスカッションも予定しています。

シンポジウムの詳細は以下のとおりです。
なお、動画とプレゼンテーション資料は後日、東日本大震災アーカイブ(愛称:ひなぎく)でも公開する予定です。

題目  :平成26年度東日本大震災アーカイブシンポジウム−4年目の震災アーカイブの現状と今後の未来(世界)へ繋ぐために−
プログラム:
基調講演
○ディジタルアーカイブへの期待−時を超えてコミュニティをつなぐ
杉本重雄氏
(筑波大学図書館情報メディア系教授図書館情報メディア研究科研究科長)
事例報告:
○東日本大震災とデジタルアーカイブ−宮城県の取組から
熊谷慎一郎氏
(宮城県図書館司書)
○未来への減災メッセージ〜「たがじょう見聞憶」が伝えたいこと〜
小野史典氏
(多賀城市総務部副理事・地域コミュニティ課長)
○赤十字原子力災害情報センターデジタルアーカイブ
志波一顕氏
(日本赤十字社事業局救護・福祉部災害対策企画室赤十字原子力災害情報センター参事兼東日本大震災復興支援推進本部参事)
○みちのく震録伝の3年間のあゆみと今後の展望について
柴山明寛
(東北大学災害科学国際研究所准教授)
○東松島市の取組み事例
加藤孔敬氏
(東松島市図書館副館長)
○市民ひとりひとりがセンサーになる震災アーカイブ」
佐藤正実氏
(NPO法人20世紀アーカイブ仙台副理事)
○震災アーカイブの生涯学習施設的利活用」
北野央氏
(せんだいメディアテーク企画・活動支援室主事)
○国立国会図書館東日本大震災アーカイブ「ひなぎく」
諏訪康子
(国立国会図書館電子情報部主任司書)
日   時:平成27年1月11日(日) 13時00分から17時00分まで
場   所:東北大学災害科学国際研究所棟1階多目的ホール(宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉468-1)
定   員:200名
参 加 費:無料
参加申込み:参加を御希望の方は、みちのく震録伝(東北大学災害科学国際研究所)の申込みフォームからお申込みください。
申込み期限:平成26年12月26日(金)17時まで
受付は先着順とし、定員に達した時点で終了します。
問合せ先 :東北大学災害科学国際研究所情報管理・社会連携部門災害アーカイブ研究分野 小野,柴山
電話番号:022(752) 2099  E-mailアドレス:archiveforum@irides.tohoku.ac.jp

http://kn.ndl.go.jp/information/342

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事