震災・まちのアーカイブ

阪神・淡路大震災の記録をまちで保存する

全体表示

[ リスト ]

 阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センターが震災資料専門員の募集をしております。

 以下、コピペです。

 人と防災未来センターは、兵庫県が国の支援を受け、平成14年4月に設置し、公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構が運営を行っている施設です。
 人と防災未来センター資料担当では、阪神・淡路大震災の記憶を風化させることなく、被災者の思いと震災の教訓を次世代へ継承するため、震災や防災に関する資料を収集・蓄積し、防災情報を県民にわかりやすい形で整理し、発信していく事業を行っています。
 このたび、下記の要領により、震災資料担当の非常勤嘱託員「震災資料専門員」の募集を行いますので、震災資料の整理や活用、支援等に関心をお持ちの方で、意欲のある方々のご応募をお待ちしています。

                     記

1 採用予定人員
  1名
2 職務内容
  震災資料及び防災に関する書籍等の収集・整理・保存
  震災資料及び防災に関する書籍等についての相談
  資料室企画展の企画・実施
  センターの研究部門、展示部門での震災資料の活用支援 等
3 応募資格
  原則として、大学院修士課程修了(見込みを含む)又は同等以上の能 力を有すると認められる者
4 採用予定日
  平成27年4月1日
5 採用条件
 (1)採用形態
   公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構の非常勤嘱託員として採用する。
 (2)任 期
   原則1年。ただし、2回まで更新することがあります。
 (3)勤務地
   人と防災未来センター(原則月曜日休館)
   神戸市中央区脇浜海岸通1丁目5番2号(HAT神戸)
 (4)給与、手当等
   公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構の定めるところによる。
   報酬月額は、173,000円程度を予定。別途、通勤に要する実費を支給(上限あり)。
   年次休暇は、年間10日。
 (5)勤務日数
   原則として、週4日勤務で、週29時間以内
   土曜日、日曜日、祝日の勤務を要する週がある。
6 応募方法
  封筒に「震災資料専門員応募書類同封」と朱書きし、書留にて下記の提出先へ必要書類を郵送すること。

  必要書類
     (1)履歴書(様式によること。写真貼付のこと)
     (2)研究業績一覧表及び主要論文1編<本編と概要>(修士論文可)
7 応募期限
  平成27年1月28日(水)必着
8 提出先、内容についての問い合わせ先
  〒651-0073
  神戸市中央区脇浜海岸通1丁目5番2号 西館6階
  公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構
  人と防災未来センター事業課(担当 三輪)
  電話:078−262−5068 FAX:078−262−5082
  Eメール:hitobou-jigyouka@dri.ne.jp
*土曜日、日曜日、祝日を除き午前9時〜午後5時45分にお問い合わせください。

http://www.dri.ne.jp/wordpress/index.php/h27siryou_senmonin

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事