愛知限定 歴史レポ

表示の文字設定を「大」にしますと読み易くなります。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


前回万松寺つづき
ど堝案押嵜搬紊錣衂堝位晴Α彡鹽列
ド堝案臆受付
ι堝案価或緘
不動明王殿
不動明王殿には御立体の石像が安置されている。

 万松寺身代わり不動由来
元亀元年(1570)五月、織田信長が越前朝倉を攻略した帰路、
琵琶湖の北、千草越えの時、杉谷善住坊という鉄砲の名手に
狙い撃ちされた。
日頃信心深った不動明王の加護によるものか、二発の命中弾は
信長が懐中にしていた干餅(兵糧)に当たり、かすり傷のみで
難を逃れたたという。
餅は万松寺和尚からもらい受けたものだった。
慶長の名古屋城構築に際し、万松寺に滞在した加藤清正がこの
話を聞き、「身代わり不動」と命名された。
また門前の茶店で売っている餅も、当時の人々は「身代わり餅」
と称し、災難、厄除けに争って賞味したという。
現在、この茶店はなくなったが、毎月二十八日、この由緒を伝える
境内で餅つきつき、参拝の善男善女に厄除けとして配られている。
また往時有名な侠客で、この不動明王の熱烈な信者だった
尾張大八がご加護を受けて、一身の大災難を免れた話も伝えられ
たほど。
こうしたことから厄除け、交通安全を祈願する信者が後を断たず
ドライバーから「あわやの時、不思議と事故にならかった」
「事故にあったが、全然けがもしなかった、身代わり不動さんの
お陰だ」とお礼参りにおとずれる人が多い。

次回は奥の院がある地下道の先、織田信秀廟所をつづけて紹介。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事