愛知限定 歴史レポ

表示の文字設定を「大」にしますと読み易くなります。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


〔掌轍飴埣羸邏萓焼置周辺地図
 地図(さんのう)附近、緑文字で「神明社、西宮社」下位置。
中川区山王3丁目12番、神明神社境内本殿北奥の薄暗い所に
「いぼの神、西宮社」石碑。
ぜ飮劼法≡蓮覆い棔房茲蠅隆蠅い筺⊃縺呂直ったお礼が
書いて有ります。

こちらの神明神社は、三間杁江跡や無三殿屋敷跡を取材中に見つ
けた神社で、境内には鉄骨で補強された古い石灯篭が4基あり、
(天保六年と、文久元年)の彫刻があり、周囲から目立つ社叢が
茂る神社で、 祭神は神明神社ですから天照大神です。

慶長3年(1598)8月熱田神宮神宜、大原甚九太夫に依頼して
元、小栗街道の田園の中に浄地を占い、神明を勧請。

明治の初め悪疫流行した事があり、村民おおいに恐怖し常夜燈を
設け、毎夜交代で村落より三丁程離れた氏神境内で灯火を灯し、
(この氏神は社宮司か?)
祈願して悪疫は収束し、その後は他の村に発生したが、当村には
一度も発生しなかった。これ全く神霊に依るもと、村民の信仰は
一層深くなりました。

弘化4年9月の絵図には(現在の山王通り)三間杁筋の南側に
江川から用水が入り、その用水ともう一流れ、三間杁から用水が
神明社の東沿いに流れ、北と東が用水沿いの立地。南西の近くに
は「社宮司」がありました。弘化4年の絵図は下記にリンク
http://blogs.yahoo.co.jp/area19192003/53594374.html

明治18年の地籍図では、この神明社の神域は現在の倍以上あり
その周りは掘割で囲まれていた。

昭和8年、斎宮社(元、西宮町にあった)の敷地全部が鉄道用地
になる為、合併鎮座する。

今回も中川老人クラブ連合会編纂「中川区の昔をたずねて」より
一部引用しました。

この記事に

閉じる コメント(5)

アバター

木のしゃもじ 最近炒め物の時 ぐらいしか 使ってないですよ
願い事を 書いて ぶらさげれば いいんですね
こしょこしょ♥(*・ωノ(¬¬;)ぇ マジ?!♥♥

2008/4/15(火) 午前 0:07 ねこコーチ 返信する

顔アイコン

何度か、この投稿記事読んでいるのですが、不思議な感じでコメしなかったのです。実は、僕のブログの大山治郎コレクションの大山さんが、ご飯のくっつかないしゃもじの開発、製造で一躍有名になった人なものですから、この写真にも、気のしゃもじのほかに、今時のプラスチックのしゃもじも混じっており、うなってしまいました。ダブルエンボスのしゃもじだと、イボも一層よく取れるかなと考えたりしています。

2008/4/16(水) 午後 7:49 kodaizin 返信する

顔アイコン

古代人さん訪問&コメ有難う御座います。いまどき流行のいぼいぼしゃもじで、イボを取れば一層効果てきめんです。なるほど(木)気がつきませんでした。

2008/4/16(水) 午後 11:12 [ エリア行く ] 返信する

顔アイコン

ここ行ってみたいです^^
娘、喜びそう^^

2008/4/22(火) 午後 3:34 ☆ひとみ☆ 返信する

顔アイコン

ひとみさん、訪問有難う御座います、昔は体の悪いところを西宮社の「しゃもじ」でさすると良くなるそうです?

2008/4/22(火) 午後 10:22 [ エリア行く ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事