過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

肝芽腫

肝芽腫」は、子どもの肝臓に発生する小児がんのうち約8割を占める、最も頻度の高い病気です。まれに、大人の肝臓にできるのと同じタイプの「成人型肝がん(肝細胞がん)」ができることもあります。最近、 日本での研究により、低出生体重児(特に出生体重1000g未満)で生まれたお子さんに、肝芽腫が発生しやすいことがわかってきました。

症状
肝芽腫は、小さいお子さんにできることが多く、お腹がはったり、お腹(とくに右上)が前にでてきたりといったことで気づかれることがほとんどです。また、熱が出たり、お腹を痛がることもあります。腫瘍が小さいうちは、症状はほとんど出ません。

診断
診断のためにはまず画像検査と血液検査が必要です。画像検査としては、腹部超音波検査、腹部CT検査、腹部MRI検査を主におこないますが、肺に転移を起こしやすいので、胸部CT検査もおこないます。血液検査として、血液中のアルファ・フェトプロテイン(AFP)の上昇は、診断にも、治療経過をみる際にも重要な検査です。 肝芽腫や成人型肝がんの細胞はこのAFPを産生しているからです。

最終的なしっかりした診断には、腫瘍の一部を切り取って(生検といいます)顕微鏡で詳しく調べることが必要です。この生検は、手術室で全身麻酔をかけた状態で、小児外科医がおこない、顕微鏡の検査は専門の病理医が担当します。

以上の検査から、腫瘍の種類(顕微鏡でみた腫瘍の顔つき)、腫瘍の広がり(肝臓の中でどれぐらい広がっているか、肝臓の外に顔を出しているか、肝臓の外のリンパ節に腫瘍が広がっているか、肺などの臓器に転移しているか)を判断して、治療方針を決めます。

治療
抗がん剤による治療(化学療法)、手術療法を組み合わせた治療をおこないます。一般的には、化学療法によってある程度腫瘍を小さくしてから、手術によって腫瘍を摘出します。腫瘍が小さく、肝臓の中での広がりも限られていれば、より多くの正常肝組織を残すことができ、より安全な手術をおこなうことができます。したがって、化学療法の強さや化学療法の期間は、腫瘍の広がりぐあいによって異なります。場合によっては、放射線科医により、腫瘍につながる動脈から抗がん剤を投与したり、その動脈を詰める(塞栓術)ことをおこなうこともあります。

この腫瘍は、手術で取りきることが治癒に一番近づける方法です。腫瘍の広がりによって、手術の仕方(術式)は変わってきます。腫瘍が大事な血管に及んでいたり、肝臓全体に広がっていると手術ができない場合もあります。最近では、通常の手術で腫瘍を取りきれない場合に、肝臓移植(どちらかの親をドナーとする生体肝移植が一般的です)という選択肢も考慮されます。

肺転移など肝臓から離れた場所に転移がある場合、根治は難しくなりますが、原発巣である肝腫瘍および転移巣を化学療法(大量化学療法を含む)でコントロールした上で、手術で摘出できれば、治すことも可能です。抗がん剤を大量に投与する大量化学療法は、進行性・難治性の腫瘍に対しておこなわれることもあります。

いずれにしろ、小児腫瘍を専門にした小児科医と小児外科医、加えて病理医や放射線科医の協力がしっかりとれている専門病院で治療をおこなうことが不可欠です。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事