仏陀の真実の教え 真理の体得

仏教大論議 密教 神道 ヨガ 瞑想 正法 因縁解脱宝生法 霊障解脱法 守護霊法 ノストラダムスの大予言 超能力覚醒法 チベット

全体表示

[ リスト ]

阿含の星まつり

炎の祭典 第39回 阿含の星まつり

イメージ 3

2012年2月11日(祝)午前7時30分
京都市山科区北花山(阿含宗総本殿境内地)
 

神仏両界大柴燈護摩供(しんぶつりょうかいだいさいとうごまく)

イメージ 1

「阿含の星まつり」は、正式には「火の祭典・阿含の星まつり神仏両界大柴燈護摩供」と呼び、毎年2月11日(祝)、本山(京都市山科区北花山大峰)境内地において厳修される、阿含宗最大の行事です。約30年の歴史を持つ、この行事は、参拝者が例年50万人を超え、京都の冬の風物詩として、その名が知られています。

すばらしいお力がいただける、稀有の法会

本来、「星まつり」とは、人が誰でも持つ、一生の運命を司る星(本命星)と、その年の運命を司る星(当年属星)を供養し、個人の一年間の幸福、世界の平和・繁栄を祈る密教の秘法ですが、「阿含の星まつり」では「神仏両界の秘法」と「眞正仏舎利」の宝生力・解脱力という大功徳力が加わり、すばらしいお力を戴くことができる、稀有の法会です。
護摩供では、数度にわたって桐山管長ご親修の特別大護摩木加持と秘密九字が、執りおこなわれる。
この護摩供は早朝7時30分から午後4時頃まで修され、終日、両護摩壇からは天をつく十数メートルの浄火が燃えあがる。その運営は桐山管長を中心にのべ1万8千人の信徒修行者によっておこなわれる。


特設サイトはこちらです。
http://www.agon.org/hoshi2012/index.html#top
イメージ 2



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事