京北教会ブログ「虹の架かる教会」 創立109年目の歩み

京都市下鴨、日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会です。HPもご覧下さい。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 39

 
      ──旭東教会を訪れて(岡山市)──

     「旭東」の読み方は「きょくとう」です。
      
      2011年 11月11日(金)〜12日(土)

イメージ 2

 この期間、京北教会牧師は、岡山へ出張しました。

 それは、ゆかりのある方からのご依頼で、

 ご子息の逝去7年にあたっての追悼の会と、

 納骨の式をさせていただくことになったからです。


 お家で追悼の式(記念礼拝)をいたしました。

 そのあとに、裏山の急な坂を登ったところにあるお墓に納骨。


 海の見える場所です。牛窓(うしまど)という地域です。

 天候に恵まれたこの日、爽やかな陽の光と風の中、

 私たちは、それぞれの思いで追悼のときを過ごしました。


イメージ 17

 ご遺族、また、生前の若いご友人の方々が、
 遠方からの方々を含め、大勢来られました。
 写真は納骨を終えたあとのみんなでの記念写真です。
 この写真を、ご遺族の了承を経て掲載させていただきます。

 ご遺族の方たちが、本当に丁寧に準備され、
 その思いに、若くして逝かれたご子息の友人たちが、
 応えてくださいました。

 心に残る一日となりました。






イメージ 18

 式を終えたあと、参列者は場所を変えて食事に招かれました。

 牛窓の海と空、ヨットハーバーの見える、素晴らしいところ。
 
 牛窓の海は「日本のエーゲ海」と呼ばれることがあります。

 本当に素敵です。

イメージ 1

イメージ 20

イメージ 3

 参列した方々が、会食の前のひととき、海を見ておられます。

イメージ 19
 
イメージ 4

 今回、お招きくださったご遺族の皆様、そして参列者の皆様。
 また、共にお働きをいただきました、旭東教会の牧師、
 そして関係者の皆様に、心より感謝をいたします。

 このような形で、私を特別にお招きいただいて、
 岡山でお働きをさせていただく機会をくださって、
 本当にありがとうございました。

 このようなときが与えられるとは、思っていませんでした。
 私自身の働きの小ささをお詫びしつつ、同時に、
 深く感謝を、皆様に申しあげます。

 そして何よりも…、
 この日にあたり、追悼させていただいた、彼のために祈ります。

                京北教会 牧師 今井牧夫






 ──旭東教会を訪れて──



 2011年 11月11日(金)〜12日(土) 
 上記の記念会の際に、旭東教会を訪問。

(注記) 
旭東教会は2012年度に教会建物、礼拝堂などの、
リニューアルを行われました。これはそれ以前の記事です。


イメージ 6

 岡山市東区の西大寺にある旭東教会。
「きょくとう」教会と読みます。

 牛窓での働きのために、旭東教会の牧師と共に準備をしました。
 そのために、久しぶりに旭東教会を訪ねさせていただきました。

 京北教会牧師は、2001年4月〜2006年3月の期間、
 旭東教会牧師でした。
 関係者の皆様に、今も深く感謝しております。


イメージ 5
 

「旭東」という教会の名は、岡山市に流れる、

 旭川という大きな川の東部一帯の総称です。

 この広い地域に伝道するという、

 大きな願いをこめてつけられた、教会の名前です。

 
  旭東教会は1903年創立。1923年に教会堂建立。


 その建物に、現在は付属館を前に建て増しています。


 元来の教会堂を改修しつつ、礼拝堂はそのままに、

 ヨーロッパ的でクラシカルな教会堂と、

 モダンな新築部がうまく調和した、

 美しい建物になっています。





イメージ 7

 礼拝堂。
 木のぬくもりと、清楚な白壁、
 講壇の赤い絨毯、窓からの光。
 ごく淡い、うぐいす色の柱が映えている。

 
イメージ 29 下の写真にあるように、礼拝堂後部上方には、
 1923年に礼拝堂を建てたときから、
 教会玄関の上に掲げられていた看板が、
 ここに場所を替えて置かれています。

 講壇に立つ人は、この看板に目をやるときに、
 教会の歴史を思うでしょう。
 看板は、右から読んで「旭東基督教會(会)」。


イメージ 9

 駅前からの大通りに面している教会。
 道を行く人に、教会堂の歴史を伝える大きな案内板を設置。
 歴史が伝道となるように、祈って設置された。


イメージ 16

 駅前のロータリーから続く、広い大通りに面しています。
 ここは西大寺のメインストリートです。



イメージ 10

 教会玄関。ガラスドア。
 真っ正面に置かれている銀色の十字架は、
 古くから教会に保存されていたものに木の台をつけたもの。

イメージ 21

 教会の受付。右手は集会室の入り口。
 日曜の礼拝は午前10時15分から。いつでもどうぞ!


イメージ 11

 礼拝堂講壇の横にあり、
 主に礼拝前の準備祈祷会に用いている小部屋。
 「空の鳥は小さくてもお守りなさる神様」
 という讃美歌の言葉の色紙を、聖書と共に置いている。

 かつて最も長くこの教会で働かれた牧師の、
 奥様(故人)の筆。



イメージ 13

 玄関から入っての、通路から見た礼拝堂。
 仲良く遊ぶ子たち。

イメージ 14

近年設置した、旭東教会専用に造られたオルガン。


イメージ 15

お子さんが熱心に、礼拝堂の絵を描いています。


イメージ 8

 淡い緑色の十字架が美しい。
 よく見ると、単純な十字架の形ではなくて、
 美しく意匠をこらして造られているのが、
 下の写真からでも、わずかにわかります。

 近寄って見る人がいないはずの、
 屋根の頂上につけられているにもかかわらず……。




 久しぶりに訪れた旭東教会。

 礼拝堂が、ドキドキするほどに素敵でした。
 暖かな窓の光と、清楚でモダンな配色、
 どこを見回しても、
 凛とした、心地よい空間でした。

 京都への帰りに着くとき、
 教会の塔の背景に広がる、
 空の青さが…

 目にしみました。

 ありがとうございました。
 旭東教会の皆様。


イメージ 12



働きを終えて京都に帰ろうとするときに、
牛窓の草原に、
一本の柿の木が見えました。

 草原に一本だけ立つ木が、
豊かな秋の実をつけています。


その姿が、旭東教会のように思えました。










  ── 追 記 ── 

 2013年 8月26日(月) 旭東教会訪問・見学

 前年度に、会堂の大幅リニューアルをされた、
 旭東教会を訪問して、建物の見学をさせていただきました。

イメージ 32

 礼拝堂、集会室、屋根、壁など全般のリニューアルです。

 屋根の赤い色が美しくなり、防水等の補強がなされました。
 壁も、建物増築部と元来の会堂を統一した美しい色へ。

イメージ 35

イメージ 34
 

礼拝堂は、壁全体を美しく塗装して、壁のひび割れを一掃。
 配色の箇所や色調も、建立当初をイメージされたと思います。

 それ以外にも、いろいろな箇所が、新しく、美しくされており、
 感嘆いたしました。熟慮して計画されたうえで、
 様々な作業が進められたことが、よくわかりました。

 旭東教会の皆様の、祈りの積み重ねによるものです。
 素晴らしいご努力のあとを、見せていただいて、
 感謝にたえません!

イメージ 22

 窓の赤いステンドグラス(創立当初の形式を復元)設置。

 
イメージ 31

 そして……

イメージ 30

 集会室には、大きなステンドグラスが、
 新しく設置されました。
 この素晴らしさには、本当にびっくりしました。

 実際に、旭東教会を訪れて、
 皆様に、美しい教会を見ていただきたいです!

 よろしければ、日曜日午前10時15分からの、
 礼拝にご出席くださいませ。

 日曜日9時からは小学生・中学生向けの、
 ジュニア・サークル(JC)をしています。
 保護者もご一緒に出席できます。

 詳しくは、旭東教会ホームページをどうぞご覧下さい。




イメージ 36

京北教会のある方にお願いして、
写真に写る電線を、画像加工で取り除いた形での、
旭東教会の写真を作っていただきました。(上下の2枚)

将来、教会前の道路は、電線は地下に埋蔵されるようになり、

電柱を無くす予定になっているとのこと。

それが実現したときには、この写真のような、
電線の無い旭東教会の光景が実際に見られるでしょう。

それまでのあいだ、この写真が、
未来を先取りした画像となります。

イメージ 33

 電線を画像加工で取り除いてくださったMさん、
 ご多忙な日々のなかで、時間をさいて、
 ボランティアでしていただき、本当にありがとうございました。
 感謝申しあげます。

 この写真は旭東教会牧師ならびに教会に贈呈いたしました。
 とても喜んでいただけました。
 旭東教会牧師からは、Mさんに御礼をお伝えください、
 とのことでしたので、お伝えいたしました。

 ありがとうございました!





イメージ 26

 2013年8月26日(月)の朝、西大寺の街と空。

 西大寺グランドホテルの窓より見た、
 西大寺の空と街。曇り空のもとでの朝の光。

 西大寺の空と街が一望できる、この窓から見える景色が、
 私は大好きです。

イメージ 37

   晴れの日だと上のように見えます。
 別の日に撮影した写真。
 右側に海が見えます。
 逆光で町は見えにくいですね。


イメージ 38

 同じく北側の光景。西大寺のメインストリート。

 さて、再び曇り空の日の写真に、以下戻ります。

イメージ 25

 旭東教会に初めての説教を行いに来た日も、
 教会を離任して京都に行くために岡山を発った朝も、
 このビジネスホテルに宿泊して、
 この街と空の景色を見ました。


イメージ 23

 どこに旭東教会があるか、わかりますか?

イメージ 24

イメージ 27

イメージ 28

「わたしの家は、全ての民の祈りの家と呼ばれる。」
               イザヤ書 56章 7節

ここに祈りの家があります。
 










この記事に


.


みんなの更新記事