京北教会ブログ「虹の架かる教会」 創立109年目の歩み

京都市下鴨、日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会です。HPもご覧下さい。

全体表示

[ リスト ]


──バザールカフェにて──

「ピース・ミュージック・フェスタ」を訪れて


 2011年 11月23日(水・祝)

 バザールカフェの主催による、
「ピース・ミュージック・フェスタ」の日。

 
イメージ 1

 上の写真の建物は「クラッパードイン」という名称。
 昔はこれはアメリカから来た宣教師たちのための、
 「宣教師館」だった。

 「クラッパードイン」という名は、
 3人の宣教師の名前を合わせた造語。
 
 クラッパードインを現在所有しているのは、アメリカの教会。
 そのご厚意で、現在は日本キリスト教団の京都教区が運用している。

イメージ 2

 そして、このクラッパードインを利用して、
 営業しているのが「バザールカフェ」という喫茶店。
 日本キリスト教団京都教区の運営による。
 
バザールカフェ」は、普段、週3日(木〜土)営業の喫茶店である。

 それを基礎活動としながら、在日・滞日外国人の就労のお手伝いや、
 この「ピース・ミュージック・フェスタ」のように、
 様々な企画運営をしている。

 ここの活動は、ボランティアで多くのことがまかなわれているので、
 夏や冬の、学生が休暇に入るときには休業している。
 店に行きたい方は、バザールカフェのホームページで、
 営業の日程・時間帯を確認してから行ってくださいませ。


 
 さて…「ピース・ミュージック・フェスタ」は、
 1年に1度の、バザールカフェ主催のお祭り。
 
 参加ミュージシャンと出店は実に多彩!

 門から中へ入っていくと…

イメージ 3



イメージ 4

 長い木の通路があり…

イメージ 5

 こんな素敵な庭があり…


イメージ 6

 人がいっぱいでした。庭でのコンサートの最中。


イメージ 7

 「花*花」というプロのグループのお一人の方が、
 ソロで歌ってくださっていました。

 上も下も、マイクから離れて、生声だけで歌っているシーン。
 すごい声量! びっくりしました。

イメージ 8

 とても明るい歌声に、心が押し上げられました。

 

イメージ 9


とにかく、人がたくさん来ていました。盛況!

 バザーの食べ物は、バザールカフェらしく国際色豊かです。

 下の写真はタイの食べ物。

イメージ 12


 小皿のものは、サンマのつみれ挙げ。辛いタレを付けて食べます。

 右下はバナナの天ぷら。つぶしたバナナに厚い衣をつけて揚げます。
 白身魚のような食感で、おかずにもおやつにもできます。

 どちらも、どっしりした食べ応えがあり、美味しかったです。


 ほかにも珍しい食べ物がたくさんありました。
 ブラジルやフィリピンや韓国などの方が目の前で作ってくれます。

 この日の収益は全額、東日本大震災救援募金へ、献げられます。



イメージ 10

 コンサート舞台の屋根をよく見ると…
 このフェスタがいろいろな方たちのご協力で出来ていることが、
 わかります。


イメージ 11

 たくさんのミュージシャンの方々、
 滞日外国人の方々の出店、
などなど、
バザールカフェの関係の皆様、
楽しい1日を作ってくださり、
ありがとうございました。

 感謝! 











 


 
 

この記事に


.


みんなの更新記事