京北教会ブログ「虹の架かる教会」 創立109年目の歩み

京都市下鴨、日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会です。HPもご覧下さい。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

 日本キリスト教団 京都西田町教会。
 白川通り今出川の交差点から少し入ったところ。
 大通りに面せず、住宅地の中にある。
イメージ 17
 毎週日曜日の礼拝は、朝10時30分から。
 初めての方も、久しぶりの方も、いつもの方も、
 みなさん、どうぞいらしてください。



 (参考1)
以下のアドレスをクリックすると、
本ブログ内の、京都西田町教会関係の他の記事もご覧いただけます。
 「京都西田町教会を訪れて(2013、京北教会との講壇交換)」



(参考2)
京都西田町教会以外にも、京都教区の各教会などへの、
様々な訪問記録を、以下のアドレスをクリックするとご覧になれます。
 


イメージ 2
京都西田町教会の礼拝堂。
清楚でシンプル。凛とした空気感を感じる。
 とても寒い夜だったが、ストーブが暖かくて安心でした。 


 京都西田町教会を訪れて<その1>
  ──京都南部地区「新年合同祈祷会2012」
       (於 京都西田町教会)を訪れて──

 京都西田町教会は、
 歴史としては、メソジストという、
 伝統ある大きな教派の流れをルーツに持つ。
 今年の、京都南部地区の、新年合同祈祷会は、
 ここを含めて六つの教会を会場に行われた。

 2012年 1月11日(水)夜7時〜8時半。
 この京都西田町教会の会場には、
 7教会から15名が集いました。
 とても寒い夜でしたが、負けじと来てくださいました。

 祈祷会(礼拝形式)のあと、お茶会。
 何種類もの手作りケーキでもてなしていただきました。
 ありがとうございます。おいしかったです。

 そして、このブログに教会の写真の掲載を了解くださった、
   京都西田町教会の牧師、
   また教会の皆様に心より感謝申しあげます。

イメージ 3

イメージ 4

オルガン。よく響いていました。
奏楽者の方がオルガンのことをご説明してくださいました。
 ありがとうございました。

イメージ 5
祈祷会のあとは、こちらの部屋(礼拝堂の後部につながる)で、
 お茶と手作りケーキをいただきました。ご準備が大変だったでしょう。

イメージ 6

心が静かになった。
礼拝堂の長椅子に座ったとき、
そう感じた。

創立90年を越えたそうだ。
無数の人たちが、この椅子に座って、
何を感じたかは知らないけれど、
この教会に来たら、
心が静かになって、
新しい気持ちになったのではないだろうか。

新年の時期に限らず…。


 


イメージ 7

  京都西田町教会を訪れて<その2>
  ──京都西田町教会 牧師就任式を訪れて──
    
  2012年5月13日(日) 15:30〜17:30 

            中川好幸牧師 就任式

 この日の、京都西田町教会の玄関付近。
 就任式の看板が立てられている。

 たくさんの方々が来られ、礼拝堂が一杯になっていた。
 ふだんはスリッパに履き替える会堂を、
 この日は靴をはいたままで入るようにしてくださっていた。
 あとのお掃除が大変でしょうに…。

 たくさんの方々が来られるので、靴の間違いなど無いようにと、
 お心遣いをされていたのだと思う。
 いろいろと、教会の皆様、ありがとうございました。



 就任式の直前。壇上に座る中川牧師は粛然としておられる。
イメージ 8



 京都西田町教会の外観。
 古い歴史を持つ教会。
 京北教会と同じくメソジスト教会の伝道から生まれた教会。

イメージ 9


 光の射し込む窓。お隣の家がごく近い。

イメージ 10

 
 
 式では京都教区議長が司式され、
 式辞を述べられた。

イメージ 12



 そして、式の中でフルート演奏が行われた。祝福であり、祈りである。

イメージ 11


 
 最後のほうに、お二人の方からの祝辞をいただき、
 就任式が終わった。

 祝辞では、以下のような話がなされた。

 「昔、サルトルという文学者が、
 20億の人々が飢えているこの世界にあって、
 文学をすることに意味があるのか、と問うたことがあった。
 それに対して若い文学者が、クリスマス・イヴのある話を、
 小説に書いて反論したことがあった。
 彼の言い分は、文学は永遠なるもののために奉仕するものだと。
 牧師の働きもまたそうではないかと思う。」

 「中川牧師は、信仰者であると共に、
 求道者であられるという印象があります。
 自分に対していつも、このままの自分でいいのかと、
 問いかけている。それゆえに、信徒にとどまらずに、
 伝道者の道を志されたのではないでしょうか。」

 記憶からの再現なので、決して正確ではないが、
 上のような言葉が二人の方から祝辞として語られた。



 さて、牧師就任式の後には、茶話会が準備されていました。

 美しくおいしいケーキを、教会員の皆様が手作りされました。
 何種類も何種類も。
 下の写真はその一部。他にもいろいろと並んでいました。
 ありがとうございました。

イメージ 13


 式が終わったあとに、お願いして、
 中川牧師に、記念撮影をさせていただきました。感謝。
 牧師(主任担任教師)としての就任、おめでとうございます。

 これから、平日は「小学校の教師」として学校に勤めながら、
 主任牧師です。心身ともに神様に守られてお過ごしください。

 式が終わると笑顔でした。

イメージ 14

 教会玄関で撮影した上の写真には、
 「AED」という装置が壁にかかっているのがわかる。

 AEDは、「自動体外式除細動機」といい、
 突発的な事故などで心臓が停止した方の救助にために、
 用いられる装置。最近様々なところに設置されている。

 地域にあって、近隣の方々と共に歩む教会として、
 これを備え付けておられるとのこと。

 そういえば、この日の牧師就任式に、
 教会員ではない、ご近所の方々が数名出席してくださっていた。
 
 そのことを、とてもうれしく思っています、
 と中川牧師はおっしゃった。

 本当に、とてもうれしいことだと思う。 


イメージ 15

 京都西田町教会の皆様、中川牧師、
 牧師就任式を挙行されたこと、本当におめでとうございます。

 これからもよろしくお願いいたします。

イメージ 16

 京北教会の「紅白」のつつじの写真で、
 お祝いさせていただきます。















この記事に


.


みんなの更新記事