京北教会ブログ「虹の架かる教会」 創立109年目の歩み

京都市下鴨、日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会です。HPもご覧下さい。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 5
この日の会場となった室町教会(2015撮影)


 2012年1月22日(日)   午後2時半〜4時半 

  日本キリスト教団 京都教区 京都南部地区の働きから
   
 伝道部主催「伝道の幻を語り合う会」於 室町教会  
   講演 「夢幻(むげん)の可能性─丹波新生教会と共同牧会」
   講師 竹ヶ原政輝さん(丹波新生教会牧師)

 会場の室町教会は、
 京都市上京区室町通り丸太町上ルにあります。

          
  この会に、京北教会牧師が、出席。

  この会の名称に使われている、
 「幻」(まぼろし)という言葉は、
  聖書的な表現の意味で、「ビジョン」とか「見えているもの」、
 「まだ実現していないが、見えているもの」
  …というような意味で使われている。

  まぼろし…というと、
  なんだか実態の無い幻想のようにも、
  思えてしまう言葉だが、
  今日の会で意味しているものは、
  そうではなくて、
  心に見えてきた現在の私の、何か…、

  そんな意味。

イメージ 2

 講師は、詳細な内容のプリントを作って、お話をしてくださった。

 丹波新生教会は、京都府の亀岡市にある。
 元は二つの教会が、合同して一つの教会になった歴史がある。

 礼拝堂はなんと四つ。それぞれ車で30〜45分ほど離れている。
 礼拝もそれぞれの礼拝堂で行われている(曜日や時間に工夫しながら)

 そして、この教会に牧師は二人。
 この二人が、全く対等の立場で、
 牧師としての仕事を、一つの教会の中で行っている。

 四つの礼拝堂を二つの地区に分けて、
 分担して協力して、いろいろなことを行っている。

 それを「共同牧会」と呼んでいる。

イメージ 3

 丹波新生教会の、
 そうしたシステムが、すごいなぁと思うのは、
 そのやり方…
  …二つの教会が合同して、四つの会堂を用いて、
   二人の牧師を招聘して、一つの教会として歩む…
 …を採用した理由が、

 「小さい教会どうしで、どちらも人数が少ないから、
 くっつかないとしょうがない」というような、
 後ろ向きな考えではなくて、
 このようにすることで、活き活きとみんなでやっていこう、
 という前向きな考えからだ、ということ。

 (ちなみに、四つの礼拝堂で、会員は合計121名)

イメージ 4

 そのような丹波新生教会の、いろいろな活動について、
 お話を聞くことが出来て良かった。

 二人の牧師は、よく話し合い、
 お互いにズレが出ないようにしているとのこと。

 「大切にしているのは、謙遜、ということです」と語られる、
 お若い二人の牧師の言葉を聴きながら、感銘を受けた。

 二人の牧師、また地区伝道部の皆様、出席者の皆様に、
 感謝を申しあげます。




 
 京北教会の生け垣に咲く花。
 
イメージ 1

 教会の生け垣、枯れた花ばかりのように見えるが、
 よく見ると、その中に咲く花がある。
 野紺菊。
 
 一つの花が咲くことによって、
 他の無数の花が咲く季節のことを思うことができる。

 まぼろし、とは、
 そんなふうに、心の目が見るもの─
 いや、見えてくるもの、なのだろう。

 





 

 


この記事に


.


みんなの更新記事