京北教会ブログ「虹の架かる教会」 創立109年目の歩み

京都市下鴨、日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会です。HPもご覧下さい。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

         ─大阪教会を訪れて─

         3.11東日本大震災を覚えての会


(1)大阪教区主催の祈りの会(礼拝と講演会)

 3月9日(金)午後6〜8時に、
 日本キリスト教団大阪教会を会場に行われました。
 奥羽教区(青森・岩手・秋田)の議長が来られ、
 講演してくださいました。
 出席76名(大阪教区63名、京都教区・兵庫教区から13名)。

(2)京都教区教師研修会(信徒も参加可) 

 2月28〜29日(火〜水)に、
 嵐山の、嵯峨野コミュニティセンターを会場に行われました。
 東北教区(仙台・山形・福島)の副議長が来られ、
 二日に渡り講演してくださいました。
 出席約40名(約30名の教師と約10名の信徒)


イメージ 2

 大阪教会での礼拝と講演会。

 講演前に、大阪教区議長のご挨拶。
 その後に、奥羽教区議長から、
 ムービー画像を用いての被災地の現状説明、
 そして講演をいただいた。

 大阪教会の礼拝堂は大きく、
 煉瓦造りのしっかりした、
 歴史的建築物である。

イメージ 3

 煉瓦のアーチが随所にある礼拝堂。

 阪神淡路大震災のとき、この大阪教会礼拝堂も大きな被害を受けた。
 今は修復されている。
 



 歴史ある、美しい、素晴らしいこの礼拝堂は、
 
 同時に阪神淡路大震災の痛みを知っている礼拝堂である。

 そこで、共に礼拝し、講演を聞いた。

イメージ 6

 
 礼拝堂で、ムービー画像が映し出された。
 被災直後の宮古教会の礼拝堂。 

イメージ 4

  
 その後、奥羽教区議長の講演を聴いた。

イメージ 5

 夜だったので、教会外観を撮影することができませんでした。
 外観を見たい方は大阪教会のホームページをご覧ください。





  京都教区教師研修会は、2月末に、
 「東日本大震災と教会」をテーマに、
 嵐山のコミュニティ嵯峨野(全国手話研修センター)で開催。 
 
 
イメージ 7

 部屋がぎっしりと埋まりました。
 「教師研修会」ですが、信徒の方々約10名も、
 講演時などに出席してくださりました。
 感謝です。

イメージ 8

 講師のために飾られたお花。
 教師部委員の一人(男性)が用意して持ってきてくださった。
 小さな花瓶と共に。
 
 東北に学生として住んでいたときに、
 この日の研修会講師である仙台の牧師から、
 洗礼を受けた方だった。


イメージ 9

 半年前にブログ筆者が撮影した、気仙沼港。
 当時、廃墟となった建物が立ち並んでいた。
 今もそうであるとのこと。




 ─今日の京北教会週報の「宣教のことば」欄より─



 3月11日という日付を見ると、東日本大震災を思い起こします。

 現地だけではなく日本各地で、追悼のための行事が行われます。

 どこにおいても、誰しもが、追悼と復興への決意をすることが、

 求められているのでしょう。

 しかし、自分の無力さを思うときに、私たちは、

 そんな決意ができるでしょうか。


 昨年、震災のことを考えながら、聖書を読んでおりますと、

 旧約聖書の「哀歌」の様々な言葉が目に止まりました。


 「海のように深い痛手を負ったあなたを誰がいやせよう」(2章13節)

 「水は私の頭を越え、もう最後だと私は思った」(3章54節)


 これらは戦禍の中でまちが壊滅し、

 人の命が失われていく様を記した言葉です。


 そして、次のようにもあります。


 「立て、宵の始めに。

 世を徹して嘆きの声をあげるために。

 主の御前に出て、水のようにあなたの心を注ぎ出せ」(2章19節)


 震災に対して、何も語ることのできないときには、

 聖書の言葉の中に自らを沈めて、

 みことばに思いを託して、

 ただその言葉をもって、

 私たちの追悼としたく思います。

                  


 
イメージ 10

 写真は昨年4月18日に行った、京都南部地区の、
 「東日本大震災を心に刻み、共に祈るつどい」。
 会場は京北教会。

 祈りのときに入る前に、
 司会者が、次のように言った。

 「あまりにひどい震災の前に、
  何も祈る言葉が出てこない方は、
 『被災地の方々の、夢が、かないますように』とだけでも、
 祈ってくださったら、幸いです。」

 悲惨な現実の中で、祈りの言葉など、何も見つからない、
 その中で司会者の心に、
 ふと浮かんだ、一つの祈りの言葉だった。

 あのとき、被災地において、
 「夢」など、あったのだろうかとも思う。
 しかし、神の力が働くとき、
 人は夢見る力を失わない存在であることを、
 私たちは聖書から教えられている。

 だから、今も、その祈りを祈りたい。
 ささやかな連帯を続けていくためにも。

 





この記事に


.


みんなの更新記事