京北教会ブログ「虹の架かる教会」 創立109年目の歩み

京都市下鴨、日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会です。HPもご覧下さい。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 23


 
          ─長浜教会を訪れて─  

 2012年 67() 

 京都教区教師部の委員会・研修会出席のために、
 この日初めて、長浜教会(滋賀県長浜市)を訪れました。
  このブログへの写真の掲載を、快く了解してくださった長浜教会牧師、
 また、長浜教会の皆様に感謝いたします。

 長浜教会は、今年で創立127年目を迎える。
 教会員は21名、礼拝出席平均は12名。

イメージ 1

 明るくモダンな外観。移転新築された二代目の会堂である。
 
 川べりに建てられて、敷地が広い。何台もの車を停められる。
 屋根付きの駐輪場もある。駐輪場屋根にも、教会玄関近くの壁にも、
 ぶどうのつるが延びている。

イメージ 21

  
イメージ 24


 礼拝堂。青いステンドグラスが美しい。

イメージ 3



イメージ 2


イメージ 4

 切支丹(キリシタン)禁制の立て札。県の太政官布告。
 旧会堂に大切に保管されてあったそうだ。実物の重みを感じる。
 創立127年の教会ならではの保存物が、他にいくつも置かれていた。
 創立当時の教会看板、十字架の入った屋根瓦、等々。
 見学を希望される方は、事前に教会にお電話なさってください。
 
  
 では、そろそろ昼食をいただきましょうか。
 予約いただいていた、長浜商店街に古くからある店へと向かう。
 
 駐車場が無い店なので、近くの長浜教会員のお家の駐車場に停めさせていただきました。おかげでゆっくりできました。ありがとうございます。

 さて、この店で、運ばれてきたお食事は…

イメージ 5

 「焼き鯖(さば)そうめん」。長浜名物。
 焼いた鯖を、さらに煮て、その煮汁をふくませた、温かいそうめん。
 どっしりした焼き鯖が、よく煮込まれて載っている。ごちそう。
 
 福井から鯖を京都に運ぶ「鯖街道」と呼ばれた道があった。
 鯖は傷みやすいので、焼き鯖にして運ばれ珍重された。
 その貴重な焼き鯖を、できるだけ大勢の人と共に食べるために、
 工夫して作られたのが、このそうめん。
   祝い事などのときに、よく作られた歴史があるとのこと。

 焼き鯖の出汁をふくんだ、そうめんの色が、
 見る前に想像していたより、ずっと綺麗でした。

 そして、下は「焼き鯖寿司」。
 しそと生姜がはさんであり、それをさらにわさび醤油でいただく。
 
イメージ 22

 どちらも、じっくりと鯖の旨さを味わい、堪能しました。
  
 名物料理をいただきながら、長浜教会牧師から、
 長浜のこと、教会のことなど、
 いろいろと興味深い話を聞かせていただいた。

 たとえば、下のポスター…。

イメージ 6

    これは、長浜教会の中に掲示されている、
 ペンテコステ(聖霊降臨日)礼拝のためのポスター。
   
 下は、長浜教会のクリスマス礼拝のポスター。昨年と一昨年。
 
イメージ 7

 これらの素敵なポスターの絵は、いったい誰が描いているのか…?
 
 それは、長浜教会牧師である。

 牧師のマンガ家としてのペンネームは、「家名」(かめい)さんという。
 
 マンガ家といっても、一般商業誌に描くのではなく、
 自費出版で何冊も何冊も出して、広くファンを得ているという形。
 
 教会のポスターと違って、自費出版のマンガで描いている内容は、
 「キリスト教のマンガ」ではなく、「一般的なマンガ」である。

イメージ 8

 上の写真は、彼のたくさんの自作マンガの中の、ほんの一部。

 彼は、既にあるテレビアニメの題材や絵を、
 自分なりに受けとめて翻案しながら、
 オリジナルな物語で作品を創る。
 これを「二次創作」という。
 
 元来のアニメの著作権を侵害しないために、
 必要事項を明記し、決してこれで商業的利益を得ないという、
 ルールとマナーを守ったうえで許されている創作活動が、
 「二次創作」である。

 彼が、自ら描くマンガの、主たる題材として活用しているのは、
 上の彼の絵のもとになっている、「けいおん!」という題名の、
 人気アニメである。

  (注)「けいおん」とは、学校のクラブ活動「軽音楽部」の略称。

 この「けいおん!」というアニメに、長浜教会牧師の描くマンガと、
 キリスト教との、以外な接点が隠されている。

 カギは、長浜近隣の豊郷町にある「豊郷小学校旧校舎」。下の写真。

イメージ 9

 アニメ「けいおん!」の主人公たちの舞台となる架空の高校は、実は、
 長浜に近い「豊郷(とよさと)町」にある豊郷小学校の校舎を、
 そのデザイン上の素晴らしさから、作画のモデルにしている。
 
 豊郷小学校の旧校舎は、
 近江兄弟社に関係するクリスチャン建築家として名高い、
 ウィリアム・メレル・ヴォーリズの設計による校舎であり、
 町民に親しまれていたが、耐震対策はなされていないので、
 一時、取り壊すか残すかで大きな問題になったことがあった。

 現在は、ヴォーリズの設計した旧校舎として、
 歴史的に貴重な、素晴らしい建築物として、
 後世のために残されることになった。
   小学校の新校舎は、同一敷地内の、旧校舎の隣に建てられた。
 
 そして、旧校舎は、現在、町の行政機関が中に置かれると共に、
 建物を広く全国の人の来訪に開放している。
 
 それだけでも充分にすごいことなのだが…

イメージ 10

 さらに、この校舎がアニメ「けいおん!」の舞台の高校の、
 デザイン上のモデルとされたことから
 たくさんの「けいおん!」ファンが全国から訪れる観光地となった。
 喫茶室や関連グッズ販売所も設けられて、にぎわっている。
  
 上の写真の、校舎三階部分が、広い音楽室になっていて、
 それがアニメでの軽音楽部の活動の舞台のモデルにされたそうだ。
 
 
 では、旧校舎の中を歩いてみよう。案内役は長浜教会牧師。

イメージ 11

 とてもユニークなことに、旧校舎内の階段の手すりには、
 イソップ物語の「うさぎと亀」の像がある。
 
 校舎内の手すりに、この2匹の像だけでなく、
 亀とうさぎが手すりの上を走って(歩いて)いる像や、
 うさぎが寝ている像もある。
 子ども達は、毎日これらの像を見て6年間を過ごしたわけである。
 
 この「うさぎと亀」の像を主題にして、長浜教会牧師は、
 オリジナルなマンガ作品(下の写真)を描いて自費出版した。
 クリスチャン建築家ヴォーリズの想いを今に伝えるかのようにして。

イメージ 12

 
  その他に、戦時中の音楽部の高校生たちの物語を描いた、
 オリジナル作品もある。

イメージ 13

  これも、アニメ「けいおん!」の登場人物を翻案して、
 豊郷小学校旧校舎を背景に用いて、創作した作品。

 豊郷小学校旧校舎の美しい建物が保存されているから、
 これらの作品が生み出されている。

イメージ 14

 下は、旧校舎の隣、旧図書館内の、喫茶室・名産品販売所の一角。

イメージ 15

 上の写真の手前、「とよさとみやげ どら焼き」の包み紙に、
 使われている旧校舎の絵も、これまた長浜教会牧師の絵である。

  彼は、特技のマンガを生かして、地域活性化のための、
 市民の集まりにも参加している。そのつながりから、
 こうした仕事を依頼されるようになったそうだ。

 
 豊郷駅の近くには、赤い「のぼり」(旗)がいくつも立っている。
 これらは「豊郷町観光協会」の旗である。

イメージ 16


イメージ 17

 この、のぼりに描かれた、ウサギと亀のマンガは、
 長浜教会牧師の作品。
 
 「ようこそ聖地へ」─。これは、豊郷町は、
 アニメ「けいおん!」のファンにとっての聖地という意味。

イメージ 18

 楽しい一日が終わりました。
 京都教区教師部委員会・研修会は、これにてお開き。



イメージ 19

    長浜教会の、駐輪場につるを伸ばしている、ブドウの枝。
 

イメージ 20


 ブドウのつるが、中空へと伸びていっている。
 このつるは、どこにつかまるつもりなのか。
 支えるものが何もないのに、空へと伸びる。

 それでも、根本のほうに、小さな実がつきはじめている。
 
    「私はぶどうの木、
     あなたがたはその枝である。
     人が私につながっており、
     わたしもその人につながっていれば、
     その人は豊かに実を結ぶ。」

          

この記事に


.


みんなの更新記事