京北教会ブログ「虹の架かる教会」 創立110年目の歩み

京都市下鴨、日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会です。HPもご覧下さい。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 18

─ふだんのバザールカフェを訪れて─

「バザールカフェ」という名のユニークな喫茶店が、
「クラッパードイン」という名の建物で営業しています。

(英語表記は Bazaar Cafe または Bazaar Cafè)

1998年に、様々なボランティアの方々により、
創設された店です。


基本、週4日(水〜土)の営業で、
開店時間帯は11:30〜17:00。


ただし、貸切のため一般営業休止の日や、
開店時間帯が変更されるときもあるので、
来られるときは、開店日時を、
必ずFacebookなどでご確認を!

バザールカフェのFacebookアドレスは以下です。
https://www.facebook.com/kyotobazaarcafe/

(追記)2018年から、水曜日だけ20:30まで延長して、
別メニューで「夜カフェ」を開店しています。


バザールカフェは、通常のカフェ営業以外にも、
貸切やイベント会場貸出など多目的な場の運営をしています。
折々のイベントなどは直接、店にお尋ねください。

イメージ 32

<このブログ記事は、2012年初出記事に、時々の追記・写真増補をしたものです。
 掲載を了解いただいたバザールカフェ関係者の皆様に感謝いたします。>

イメージ 13

バザールカフェの場所は、
 烏丸今出川交差点から北に歩いて、
 道路西側一本目のカドで左折して進んだ所にあります。

上の写真の通り、大きな看板など宣伝を出していないので、
店の前に来るまで、ここが店だと、わからない感じです。
 周囲への迷惑を避け、派手にならぬようにしているのでしょうね。
 

イメージ 16

 店の場所など、詳しくは、下記の発信をご覧ください。
…………………………………………………………………………………………バザールカフェ ホームページ

バザールカフェ Twitter
………………………………………………………………………………………………
イメージ 10
 小さな看板がいくつか出ています。


イメージ 1
 バザールカフェの店が入っている「建物」の名前は、
 「クラッパードイン」といいます。
 その名は、ここが元々は「宣教師館」であったことに由来しています。
 ここは、アメリカの教会が宣教師のために、京都に建てた建物であり、 
 かつてここに住んでいた、3人の宣教師の名前をつないだ造語・愛称が、
 クラッパードインなのです。
 (クラップさん、ビハードさん、グインさんの3人の名を合わせた愛称)

 この建物は、築90年程度と推定されており、
 著名な建築家、ウィリアム・メレル・ヴォーリスによる建築です。

 (追記:ネット上の情報に散見される、
 クラッパードインが、かつて、同志社大学の宣教師、
 B.F.シャイブリーの住宅であったとの情報は、
 おそらく間違いであると、現在では推測されています)

 クラッパードインの土地・建物は、2018年度現在、
 アメリカの宣教団体CGMBが所有して、
 日本キリスト教団京都教区に貸与しています。

 CGMBとは、Common Global Ministries Board(アメリカ合同教会とディサイプルズの共同世界宣教局)のことです。


イメージ 2

 そして「クラッパードイン」の建物と庭を用いて、
 市民有志と日本キリスト教団京都教区が、
 協働で運営している喫茶店が「バザールカフェ」です。

 バザールカフェは、社会的少数者の立場を大切にする、
 コミュニティ・カフェです。
 滞日外国人の方々との交流や、就労支援も行いながら、
 国際色豊かな食事メニューを提供しています。 

 市民有志と日本キリスト教団京都教区の、
 協働による運営のもと、
 多くのボランティアによって支えられています。

 通常は週4日(水〜土)営業。(注・2018年度7月現在)
 夏・冬・春に休業期間があり、また、貸切などの予定変更があるので、
 行かれる方は、事前にホームページ(Facebookなど)でお調べ願います。


イメージ 11
門から入って、長い木板で造った道を通って、
建物の裏に回って入ります。

イメージ 29

手作りの、板の回廊を通っていった先に、庭、テラス、
そして店の入口があります。


イメージ 8
 広い庭があり、テラスでも店内でも食事できます。

イメージ 6
 このテラスから店内に入ります。

イメージ 20
 イス、テーブルはすべて芸術家のボランティアによる手作りです。
 ほかにも、店内の様々な意匠など、たくさんの方々のご協力で、
 店の物品が整えられています。

 店の創設当時、この店の造形に携わった、
 様々な京都の芸術家の方々、ありがとうございます。
 心から感謝です。

(追記)バザールカフェの創設時にボランティアで関わった、
京都のアーティストの方々の働きを知ることができる、
ネット上の文章(対談)をご紹介します。(2000年)
以下のアドレスをクリックすると読むことができます。
(元々の文字が小さいので、画面上で拡大してお読みください)
こうした様々なボランティアの方々に感謝いたします。

イメージ 19
  店内は、落ち着いたゆったりとした空間です。
  元はリビングとダイニングの、ふた部屋でした。
  それを間の壁を取って改装したものです。

  席は全部で、屋内28席、屋外15席あります。
  お昼の混んでる時間帯でも、きっと座れます!
  どうぞいらしてください!


イメージ 24
  毎日、日替わりのランチその他のメニューがあります。
 タイ、フィリピン、韓国、ブラジルなど、
 ここで働く方々の料理です。感謝!
 いつも、来る度に美味しいな─と思います。

イメージ 30

 これはBLTEサンド。ベーコン・レタス・トマト・卵。
 エスニック系が苦手な方はこちらが良いかも。
 他にもカレー、サンドイッチ、ケーキなどいろいろあります!
 ドリンクもいろいろ。ゆっくり滞在して楽しんでいってください。


イメージ 17
 バザールカフェは様々な活動をしています。
 建物も評価されています。

イメージ 23
 庭に出て、離れた所から見たテラス。

イメージ 25
 京都市内の街なかに、ふっと広がる空と木々。
 来るたびに、ここで、まるで自分の息をも休められるような、
 不思議な空間に思えます。

イメージ 12
 ずっと外で、ゆっくりと過ごしていただいても結構です。

イメージ 15
  庭で、お子様連れのお客様が、
 子どもを自由に遊ばせることもできます。
 庭はバザールカフェの「お庭プロジェクト」の一環として、
 様々な方のボランティアで少しずつ整備しています。


イメージ 14
  上は、この広い庭を会場にした、写真展開催のときの様子。
 大きな布に写真を印刷してのユニークな展示でした。

 このように、クラッパードインの広い庭は、
 イベントの場としても用いられています。

 出店などを出す大きなフェスティバルや、
 研修会のバーベキュー会場など、
 様々な行事に用いられています。

………………………………………………………………………………………………

バザールカフェの「ピース・ミュージック・フェスタ」の、
当ブログ記事は、以下のアドレスをクリック。
(2011年の訪問記事)

クラッパードインでの京都教区「秋の研修と食事のつどい」
ブログ記事は以下のアドレスをクリック。
(2011年の訪問記事)

クラッパードインでの京都教区「秋の研修と食事のつどい」
ブログ記事は以下のアドレスをクリック。
(2012年の訪問記事)
………………………………………………………………………………………………
イメージ 9
クラッパードインの庭には、
「カレン・ハウス」という建物があります。
日本キリスト教団京都教区が建てました。

イメージ 3
ここでは、タイの教会との交流に基づいて、
山地の少数民族の織物、布などの販売をしてきました。

2018年、当初の活動目標を一定達成したことを確認し、
このカレンハウスの活動を終了しました。
活動を担ってこられた皆様に感謝いたします。

イメージ 4
これは、バザールカフェの定番メニュー。
宣教師のレシピに基づいての、
「クレイジー・チョコレート・ケーキ」。

クレイジーといっても、その意味は、
「不思議な」という意味で使われています。
これは「普通」のケーキではないのです。

 どっしりした、食べ応えのある、
濃厚な風味。じんわりとチョコの味が広がります。

戦前の物資の乏しかった時代…、
玉子やバター、牛乳などの高価な材料を使わずに、
宣教師がチョコレート・ケーキを作った、
そのレシピで再現されているとのこと。

重曹やお酢なども使っているとのこと。
なのに、とても美味しい!

イメージ 5
何を使って、どうやって、
こんなふうに美味しくできたのか…。
皆さん、推測してみてください。

イメージ 33

帰るときは、また、この回廊を通って、道路に出ます。


イメージ 22

クラッパードイン(建物)は、
元はアメリカからの宣教師たちの住居でした。

京都に建てられた、この古い洋館を、
様々なボランティアの手によって、
新しく活かしているのが、
バザールカフェ(店)なのだと思います。

1998年の開店の以前から、
無数のボランティアの方々が、
ここに関わってきました。
そのことへの感謝なくしては、
現在のバザールカフェを語ることはできません。


バザールカフェの創設者の一人、
故 榎本てる子さん(元関西学院大学神学部教員・牧師)が、
1998年の創設時をふりかえって記した、
2008年の文章を下にリンクします。
アドレスをクリックすると読めますので、
ぜひお読みください!

「みんなで作ったバザールカフェ」(2008)(PDF公開)
https://www.kwansei.ac.jp/s_theology/attached/0000122999.pdf


また、最近のバザールカフェの多様な働きの報告は、
以下のアドレスをクリックしてご覧ください。
(ネット公開されている報告へのリンク)


それから、バザールカフェの創設時にボランティアで関わった、
京都のアーティストの方々の働きを知ることができる、
ネット上の文章(対談)をご紹介します。
(2000年)
以下のアドレスをクリックすると読むことができます。
こうした様々なボランティアの方々に感謝いたします。



今までバザールカフェに関わってこられた、
すべての皆様、
ありがとうございます!



イメージ 34
庭に作った畑。ハーブなどの野菜が育てられています。

イメージ 27
ハンモックで寝ている子はだれ?

イメージ 28
バーベキューで使うための薪割り。
この、ボランティアのM君は、今は大阪で牧師をしています。



(以下の記述は2012年の当ブログ初出時の記述)

バザールカフェで専従者として働く、
Tさん(M教会担任教師)が、建物等全般を整備している。
Tさんは「僕は何でも作りますよ」とのこと。
このような方たちによって支えられている店。
Tさんから、バザールカフェの写真の、
今回のブログへの掲載のご了解をいただきました。
感謝申しあげます。

イメージ 7
京都の空の下の「クラッパードイン」(建物)。
お店としては「バザールカフェ」。

イメージ 21

かつてアメリカからの宣教師たちが、
この建物で暮らしながら、京都の空を見ながら、
この暖炉を囲んで、何を話し合っていたのでしょう。

この世界に生きている、今まで出会ったことがなかった、
様々な人たちのことを考えていたのではないかと思います。

今の私たちも、バザールカフェで、
いろんなことを考えてみたい。




イメージ 26

イメージ 31




























この記事に


.


みんなの更新記事