京北教会ブログ「虹の架かる教会」 創立110年目の歩み

京都市下鴨、日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会です。HPもご覧下さい。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 12

─ふだんのバザールカフェを訪れて─
(2012年)

京都教区教師部の秋の研修会の数日前の平日に、
会場下見と打ち合わせを兼ねて、
ふだんの営業中の「バザールカフェ」を訪れました。

元宣教師館としての、建物としての名前は、
「クラッパードイン」。
この建物・場所で、市民有志と日本キリスト教団京都教区が、
協働で
運営している喫茶店が「バザールカフェ」です。

場所は、京都市上京区烏丸今出川上ル。
烏丸今出川交差点から北に歩いて、
道路西側一本目のカドで左折して進んだ所にあります。


イメージ 1
…………………………………………………………………………………………バザールカフェ ホームページ

バザールカフェ Twitter
………………………………………………………………………………………………
建物としての「クラッパードイン」は、
ヴォーリス設計です。
建築されてから90年程度? と推測されています。

クラッパードインという建物名は、愛称で、
住んでいた3人の宣教師の名前をつないだ造語です。
(クラップさん、ビハードさん、グインさん)

このクラッパードインの建物・庭を活用して、
運営されているのが、
「バザールカフェ」です。


(追記:以前あった情報で、ここが、同志社ゆかりの宣教師、
B.F.シャイブリーの住宅であったとの情報は、
おそらく間違いであると、現在では推測されています)

………………………………………………………………………………………………

本ブログ記事と別の、
クラッパードインで行われた、
京都教区「秋の研修と食事のつどい」の当ブログ記事は、
以下のアドレスをクリック。
https://blogs.yahoo.co.jp/arigatou4493/11915033.html
(2011年の訪問記事)

バザールカフェの「ピース・ミュージック・フェスタ」の、
当ブログ記事は、以下のアドレスをクリック。
(2011年の訪問記事)

………………………………………………………………………………………………
イメージ 2

在日・滞日外国人の方との文化交流や、
就労支援も行いながら、
国際色豊かなメニューを提供するカフェ。
市民有志と日本キリスト教団京都教区の、
協働による運営のもと、
多くのボランティアによって支えられている。

通常は週三日(木〜土)営業。
(注・2012年度の時点)
夏・冬・春に休業期間があるので、
行かれる方は必ずホームページでお調べ願います。


イメージ 3

ふだんの店内はこんな感じ。
ゆったりしています。


イメージ 4

広い庭があり、テラスでも食事できます。

また、この庭の東側にも建物があり…、

イメージ 5

タイの教会との交流に基づいて、
山地の少数民族の織物、布などの販売をしています。


イメージ 6

テラスの机のテーブルクロスも、
きっとタイの少数民族の方たちの産品なのだと思います。


イメージ 7

注文したのは、宣教師のレシピに基づいての、
「クレイジー・チョコレート・ケーキ」。
アイスクリーム添え。

クレイジーといっても、その意味は、
「不思議な」という意味で使われているそうだ。

どっしりした、食べ応えのある、
濃厚な風味。じんわりとチョコの味が広がる。

しかし、これは普通のケーキではない。

かつて物資の乏しかった時代…、
玉子やバター、牛乳などの高価な材料を使わずに、
宣教師がチョコレート・ケーキを作った。
そのレシピが残されていて、
再現されたもの。

重曹やお酢なども使っているとのこと。
なのに、とても美味しい!

イメージ 8

何を使って、どうやって、
こんなふうに美味しくできたのか…。
皆さん、推測してみてください。


イメージ 11

テラス付近。
バザールカフェで専従者として働く、
Tさん(紫野教会担任教師)が、建物等全般を整備している。

Tさんは「僕は何でも作りますよ」とのこと。
このような方たちによって支えられている店。

Tさんから、バザールカフェの写真の、
ブログへの掲載のご了解をいただきました。
感謝申しあげます。


イメージ 13


建物名の「クラッパードイン」とは、
三人の宣教師の名前をつないだ造語であるとのこと。
(クラップさん、ビハードさん、グインさん)

「東横イン」とかホテルの名前があるので、
そんなふうに思いがちですが、違います。

宣教師は、この建物で暮らしながら、
京都の空を見ながら、
イエス・キリストをこの国に伝える日々を過ごしました。


イメージ 9

この暖炉を囲んで、何を話し合っていたのでしょう。


イメージ 10

きっと、日本のこと、アジアのこと、
教会のこと、伝道のこと、自分たちのこと…、

この世界に生きている様々な人たちのこと、
キリストの福音のこと…。

今の私たちも、バザールカフェでお茶を飲みながら、
そうしたことを考えてみたい。



























この記事に


.


みんなの更新記事