京北教会ブログ「虹の架かる教会」 創立109年目の歩み

京都市下鴨、日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会です。HPもご覧下さい。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1


2012.10.7

─「在日大韓キリスト教会 京都南部教会」を訪れて─


(注)在日大韓キリスト教会京都教会」への訪問の、
ブログ記事は下記アドレスです。(2014年)



 2012年 10月7日(日) 15:00〜16:30
 「第31回 京都韓日教会合同礼拝」
 
 主催 日本キリスト教団 京都南部地区(47教会)
    在日大韓キリスト教会 関西地方会 京都地区(3教会)

 出席者数 120名 (教団から14教会40名)
          (在日大韓から3教会80名)

 会場 在日大韓キリスト教会 京都南部教会


 会場の京都南部教会の皆様、
 日韓双方の教会の皆様、
 感謝して以下の写真と文章を掲載させていただきます。

 また、在日大韓 京都南部教会牧師の李教賜先生から、
 写真と文章の掲載のご了解をいただきましたことを、
 感謝申しあげます。



 河原町九条から鴨川の岸に沿う道に入っていくと、
 岸辺に、京都南部教会があります。
 
イメージ 2

 1928年創立とのこと。場所を移転して会堂建築されました。


イメージ 3

イメージ 30


 川の向こう側の道路を通っていても、すぐに目に入る会堂。


イメージ 31

 エレベーターやスロープ、駐車場などが完備している。


イメージ 32

 日曜の礼拝は、午前は日本語で、午後は韓国語で行われ、
 それぞれに通訳がなされていて、
 多様な方々に対応できるようにされている。
 礼拝堂の後部に、放送通訳室が設置されている。


イメージ 34

 ステンドグラスの輝く礼拝堂。

イメージ 33

 講壇前に、聖餐式の用意がなされています。
 今日は特別に、合同礼拝の横断幕が、正面に設置されています。

イメージ 4

 建物の4階にある、広くて天井の高い礼拝堂。
 プロジェクターとスクリーンで、讃美歌の歌詞や楽譜などを、
 礼拝中に映しだしてくださいました。


イメージ 35

 だんだんと、出席者が集ってきています。
 やがて120人の出席となり、一杯になりました。皆様に感謝!

 
イメージ 5

 受付を担当してくださった京都南部地区の皆様、
 ありがとうございます。

イメージ 6

 日本キリスト教団側と在日大韓側の両方で結成した、
 合同聖歌隊の皆様が着席される。

 前奏が終わり、合同聖歌隊の合唱が始まる。讃美歌が響く。

イメージ 7

 プロジェクターで、礼拝の式目が順番に映し出される。
 歌詞や楽譜も。
 
イメージ 8

 
 
イメージ 9

 120人の歌声が響く。

 合同聖歌隊の美しい合唱。
イメージ 10


イメージ 11

 礼拝説教題は、「隔てを越えて」。

 聖書箇所はエフェソの信徒への手紙 2:14〜16。

  「実に、キリストは私たちの平和であります。

   二つのものを一つにし、
   ご自分の肉において敵意という隔ての壁を取り壊し、
   規則と戒律ずくめの律法を廃棄されました。

   こうしてキリストは、双方をご自分において、
   一人の新しい人に造り上げて平和を実現し、
   十字架を通して、両者を一つの体として、
   神と和解させ、十字架によって敵意を滅ぼされました。」


 聖書の朗読など、一つ一つが日本語と韓国語で交互になされる。
 説教は、説教者の意志で全て日本語でなされた。

イメージ 37


 礼拝司会(右側)は、大韓 京都南部教会牧師。

 礼拝説教は、大韓教会牧師でもある、
 「希望の家」保育園園長。


イメージ 12

 聖餐式も、双方から司式者を立てて一緒にあずかった

 ブログ筆者は、聖餐式で配る係だったので、
 聖餐式のときの、会場での写真は撮っていません…。

 
イメージ 13
 (上は京北教会の聖餐式での写真)

 聖餐式は、イエス・キリストの言葉を通して、
 パンとぶどう酒をイエスを現すものとしていただく式。
 神様の恵みを教会でわかちあうことのシンボル。

 この合同礼拝は、毎年「世界聖餐日」である、
 10月第1日曜の午後に行っています。

 日本の教会と、韓国にルーツを持つ教会との、
 日本における出会い。

 あるいは、日本人と在日韓国人─
 戦争の時代に関連する歴史的経過で、
 あるいはそれとは関係無く仕事や結婚や留学などで、
 日本に来られた方々との出会い。

 その出会い、そして聖書が示す「共に生きる」ことを、
 聖餐式を通して、神の恵みとして受けとめるために。


イメージ 14
 
 京都南部教会の正面、4階からの階段の踊り場にある、

 十字架の付いた丸窓から見える空。


 十字架を通して、教会は天を見上げる。

 天からいただくものへの感謝と、

 天に国籍を持つ、今を生きる一人ひとりの命を思いつつ。


 聖餐式は、そのようなときでもあるだろう。

 誰もが、イエスを通して、大きな空につながることが、

 できるときでもあるだろう。イエスは神を、
 
 「天の」父と呼んだのだから。


イメージ 15

 礼拝が終わった。日韓の双方の教会代表の挨拶と、
 出席者の属する全ての教会の紹介と拍手のあとに、
 京都南部教会の青年たちのバンド、
 「Joyful Sound」の演奏。
 歌は、韓国の教会で作られた、
 「君は愛されるために生まれた」。

 近年、よく知られるようになってきた歌。
 各国で自殺者が増加する悲しいこの時代にあって、
 神の愛を人々に語りかける歌として作られたと聞く。

 
イメージ 16

 みんなで歌いました。

イメージ 36

 もう一曲。“God Bless You!” 

イメージ 17

 プログラムは終了。あとはティータイム。

 五階立ての建物は、下のように用いられています。

イメージ 29


イメージ 18

 三階の集会室でお茶とお菓子をいただく。
 ご準備いただいた京都南部教会の皆様、
 ありがとうございました。

イメージ 19

 集会室の奥の右側が広い和室、左が厨房。
 使いやすく、広くてくつろげる素敵な空間になっています。


イメージ 20

 出していただいた、韓国のお餅。
 ヨモギ色には小豆の餡、
 白色にはゴマの餡、
 赤色には白あんが入っています。
 おいしくていくつもいただきました。感謝!


イメージ 21

 わいわいがやがやと…韓国語と日本語の両方聞こえる、
 なごやかなティータイムも、そろそろおしまい。
 片付けに入ります。


イメージ 22

 お餅を食べているときは、とんと気づきませんでしたが、
 帰る前に、ふとテーブルの上で、
 コップに活けられた花に気づきました。

 赤と白。何の花かは知りませんが、
 お祝いの色に見えました。

 そうか、聖餐式の日は、お祝いの日でもあるのかも。
 イエス・キリストの恵みを知る、お祝いの日。
 そして、同じ一つの世界にあって、
 多様な私たちが共に生きる、
 幸いを信じる日。

イメージ 28

 鴨川から見た、京都南部教会。

イメージ 23

 教会を出てから、鴨川沿いに少し歩いてみました。

イメージ 24

 川べりを歩く。

 川下を見ると、夕陽の沈む直前の光が。
 
イメージ 25

 川沿いが護岸工事され、整備されている。


イメージ 26

 東九条の夕陽。
 昔、この近くに下宿していたので、
 なんだか懐かしい。


イメージ 27

 再び教会に歩いて戻って…さあ、帰ろう。


 帰りながら、ふと考えた。

 いまと昔と、どちらが、いい時代なのだろう。

 おそらく、どちらも、そうではなくて──

 いい時代というものは、

 未来に向けて、それを作っていく途中に、

 少しだけ、あるのだろう。

 









この記事に


.


みんなの更新記事