京北教会ブログ「虹の架かる教会」 創立109年目の歩み

京都市下鴨、日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会です。HPもご覧下さい。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

  <きょうほく・きょうかい>
「虹のかかる教会」京北教会ブログ
2013.1.1
「同志社教会を訪れて─地区の新年合同讃美礼拝2013」

…………………………………………………………………………………
(参考) 以下、毎年の地区新年合同賛美礼拝の記事です。

同志社教会を訪れて2014

同志社教会を訪れて2015

同志社教会を訪れて2016



イメージ 2
京都南部地区の新年合同賛美礼拝の会場となる、
同志社栄光館。
同志社女子大学の正門を入って真っ正面にあります。
イメージ 3

 同時に栄光館は、
 「日本キリスト教団 同志社教会」の礼拝堂です。
 毎週日曜日、ここで礼拝がなされています。
 同志社教会の看板が門の右側にあります。
 イエスの受難を表す、しゅろの木のもとに…。

 地区の新年合同讃美礼拝は、
 同志社教会の皆様の、
 たくさんのご協力があってこそ、できることです。
 深く感謝申しあげます。

イメージ 4
入り口に案内。説教題は「炎」とのこと。

イメージ 5
二階席から講壇を撮影。
一階に1000人、二階席に600人の、
合計1600人が座れます。
同志社大学・女子大学・大学院の入学式や卒業式、
同志社女子中学・女子高校の各種の行事、
全同志社で行う、クリスマス・キャンドルライト・サービス、
また大規模な講演会のとき等にも用いられる礼拝堂です。

イメージ 6

礼拝用のセッティングがなされています。

イメージ 7

だんだんと人が集まってきました。

今年は地区有志の聖歌隊が結成されて、
二階席に着座されます。

栄光館のパイプオルガンは、本当に素敵な音色です。
今日の奏楽者は、京都教会のオルガニストの方です。
素晴らしい奏楽をありがとうございました!

イメージ 8

初めて知ったことですが、
二階席にあるパイプオルガンの奏楽者席を見ると、
後ろ向きで演奏されるので、会場を見るバックモニターが、
設置されていることに気がつきました。なるほどです。
こうして、礼拝中に全体を確認しながら奏楽されるのですね。

イメージ 11

時間が近づくと、どんどん、出席者が入って来られます。


イメージ 10

今年の司会者はW先生。


イメージ 9

午後2時に、新年合同讃美礼拝が始まりました。
今年は出席者が226名。
本当にたくさんの方々が来られました。
みんなで讃美歌を歌います。

この日のための、祈りの言葉などを、
式次第として作成し、それを持って礼拝します。

以下、この日の式文から抜粋。

  (司式者による朗読)

 聖書(イエスの言葉)
  「二人または三人が、私の名によって集まるところには、
   私もその中にいるのである。」(マタイによる福音書18:20)

  (会衆一同の祈り)

「神様、私たち一人ひとりに、
 共に祈る仲間を与えてくださり、
 感謝いたします。
 
 京都南部地区の47の教会・伝道所、
 地区・教区の活動、宣教を行う学校や病院、
 幼稚園や保育園、社会福祉施設など、
 全て祝福してください。」


 礼拝全体で1時間弱。みんなの協力で、きびきびと行いました。

 その中で、地区内の各教会からの有志数十名が参加した、
 合同聖歌隊による合唱が行われ、独唱もその中でなされました。
 合唱も独唱も、感動的でした。本当に素晴らしかったです。
 今年の新年合同礼拝に「来て良かった、やって良かった」と、
 心から思いました。

 その後、礼拝説教を聴きました。
 新年にあたって、
 これからの教会について、
 そして、伝道についての説教でした。

 聖書箇所は、旧約聖書の、列王記上18章30〜40節。

 「私に答えてください。主よ、私に答えてください。」(37節)

 イメージ 12

礼拝の説教をしてくださった岸本牧師。

「京都南部地区の、最南端にある、
小さな教会の牧師をしています。
その教会の思いを伝えようと思い、
ここに立っています。」

そう、最初に語られてから、説教された。


イメージ 13

共に讃美歌を歌い、祈り、黙祷し、説教を聴く。
そしてまた祈り、讃美歌を歌う。


「新年合同讃美礼拝」の式次第を以下に。
この日のために、地区で準備して作成したものです。

1.前奏 J.S.Bach 「いと高きところには神にのみ栄光あれ」
2.招詞 詩編100編1〜3節
3.讃美 21─18番「心を高く上げよ!」
4.詩編交読 33編
5.讃美 21─451番「くすしきみ恵み」(amazing grace)
6.聖書朗読 列王記上 18章30〜40節
7.祈祷 この日のために作成した祈祷文を一同で交読。
8.黙祷 一分間、各人の新年の祈りを黙祷で献げる。
9.奉唱 Ⅰ編─411番「すべしらす神よ」地区合同聖歌隊
10.説教「炎」岸本兵一牧師
11.祈祷
12.讃美 Ⅰ編─270番「信仰こそ旅路を導く杖」
13.奉献
14.感謝 21─278番「暗き闇に星光り」(4節のみ)
15.報告 京都南部地区長
16.主の祈り 21─62番(先唱者と全員を分けず全体を一同で)
17.祝福と派遣 
18.後奏 J.S.Bach フーガ ホ長調 BWV566


イメージ 14

礼拝の終わり近く、報告のとき。
京都南部地区長のM牧師から、新年の挨拶と謝辞。
そして礼拝後にロビーでお茶とクッキー等をどうぞ、と。


イメージ 15

礼拝が終わった。


イメージ 16

礼拝後、栄光館のロビーで歓談する方たち。
人がいっぱいで、にぎわいました。

ロビーで、ふと見ると、下のポスターがありました。

イメージ 24

ポスターを見ながら、紅茶やコーヒーと…

イメージ 17

ロビーで配られた、
岸本先生ご夫妻による、
手作りクッキーをいただきました。

460個をご夫妻で焼いて、持ってきてくださいました。
主催者側から、是非にとお願いしたものです。
ご多忙な中、本当にありがとうございました。

この日、礼拝説教される牧師に、
クッキーを焼いてきてくださいと、
無謀なお願いをしたにも関わらず、
そのお願いを聴いていただき、感謝です。
ありがとうございました!!!

出席者が約230人として、一人2個ずつ、
美味しくいただきました。

イメージ 18

「炎」は、この日の説教題です。
この炎の字の入ったクッキーだけ見ると、
迫力があって、ちょっとこわいかも?
でも、ユーモアあふれる説教でした。
洒落っ気あふれるクッキーです。

心をこめて説教していただきました。
感謝申しあげます。


イメージ 20

気持ちよく晴れた日の、新年礼拝が終わりました。
クッキーを食べて、帰ります。


イメージ 21

栄光館の三階部分にも、小さなチャペルがあります。
小規模の祈祷会などに用います。


イメージ 22

窓には全てステンドグラスが入っています。
小さく、厳かな、美しいチャペルです。
私は一度だけ入る機会がありました。
あまり知られていない存在ではないでしょうか?


イメージ 19

栄光館の玄関を出た、すぐ横に花壇があり、
美しく手入れがなされています。

クリスマスの飾りが付けられています。
1月6日まで飾るのが教会暦による慣わしです。


イメージ 23


イメージ 25

いろいろな片付けをして、
栄光館をあとにしました。

今日は元旦。

みなさま、改めまして、
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

2013年を、
みんなで、良い年にしていきましょう。


















この記事に


.


みんなの更新記事