京北教会ブログ「虹の架かる教会」 創立109年目の歩み

京都市下鴨、日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会です。HPもご覧下さい。

全体表示

[ リスト ]


──八幡浜教会を訪れて──

2013年2月13日(木)

牧師休暇を利用して、四国を旅行したときのことです。
京北教会と八幡浜教会は共に、旧メソジスト教会の流れで、
礼拝堂の木彫り装飾に全く同じものがあります。
以下、ご覧下さい。


イメージ 3

 美しい教会堂が、愛媛の陽に輝く。
 1931年に建築されたヴォーリス設計による建物。

 愛媛県の南部を「南予」と呼ぶ。伊予の国の南…。
 南予にある教会を訪ねた。
 教会写真の掲載について牧師の了解をいただきました。
 ありがとうございました。

イメージ 4

 格調高い窓の造り。
 近年の手入れで、建物全体が綺麗に整備されている。


イメージ 5

 日本キリスト教団 八幡浜(やわたはま)教会。
 メソジスト教派の伝統を持つ。
 ということは京北教会と同じ伝統。

 毎日曜日の礼拝は、午前10時30分〜11時30分ごろ。
 子どもたちの教会学校は午前9時から。
 大人も子どもも、どうぞいらしてください。
 また、教会付属の幼稚園がすぐ近くにあります。


イメージ 1

 階段を登って二階の礼拝堂へと。

イメージ 2

牧師の案内で礼拝堂を見せていただいた。
きょうだいのお二人とも牧師。

イメージ 6


イメージ 7

メソジスト教会の伝統に基づく講壇の構造。
この柵で囲んだ形は「恵みの座」と呼ばれる。

イメージ 12

歴史を感じさせる説教壇。手前は聖餐卓。

 この写真の露光を上げてみたのが下の写真。


イメージ 13



 せっかく撮影させていただいたのに、
 露光の関係でわかりにくい写真になってしまったが、
 講壇の後ろの壁に、いばらを模した木の装飾がある。

 この写真を撮影することが、今回の訪問の目的の一つでした。
 しかし、うまく撮れなかったので…、
 Facebookの八幡浜教会の写真を以下にお借りして掲載…

イメージ 14

 さて、次に…下の写真は、京北教会の講壇。
 後ろの壁の木の装飾に注目。


イメージ 15


 デザインとしては、ほぼ同じといっていいと思えます。
 ほぼ、というか、全く同じ? いばらのトゲの付き方も同じ。

 京北教会と八幡浜教会の礼拝堂の共通点は、
 この壁の装飾のみだった。あとは全く違う。
 それにしても、この壁のデザインは個性的。

 ある方からご教示を受けたのは、このデザインは、
 もともとゴシックデザインの教会窓ではないかとのこと。
 窓の周囲にいばらの装飾が使われていたことから、
 そのデザインの部分だけを取り出して、
 一つの意匠として壁に用いたのではないか…と考えられる。

 京北教会は会堂建築が1924年。
 八幡浜教会は1931年。
 共に当時のメソジスト教派に属していたから、
 建築に関しても何らかの共通のものがあったのだろうか。

 八幡浜教会はヴォーリス設計(詳しいことは不明とのこと)。
 京北教会はそうではない。
 どういうつながりかはわからないが、
 建築に関して残っている資料があったら、
 また教えてください、と二人の牧師にお願いしておいた。

 他には1939〜40年に京北教会に在籍した、
 森里忠生牧師の転任地が八幡浜教会だった。
 過去にそんな経緯があった。

 今となっては、教派としてのメソジスト教会は無くなり、
 様々な教派が合同した日本キリスト教団に属している。

 歴史は消えていき、忘れられていく。
 人の出会いを通して、再び視線があてられるまで。

イメージ 16

 礼拝堂後部に二階部分がある。(建物としては三階)


イメージ 17

 ふと上を見上げてみると、星がある。
 教会学校の子どもたちが、クリスマスの劇をする。
 イエス様の降誕劇(ページェント)。聖書の物語を劇として行う。
 そのときに、劇中でこの星が動くようになっているそうだ。

 クリスマスの時期を過ぎても、この星は、
 礼拝堂にそのままとのこと。
 「うちらの子どものときから、これあるよね」─
 八幡浜教会の幼稚園の卒園生であるきょうだい二人の牧師が、
 そう語っていた。


イメージ 18

 教会を出て、お二人の牧師が、教会のすぐ近くの、
 八幡浜の港を案内してくださった。
 

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 お二人の牧師の内の一人は、
 この4月から別の教会に転任されるとのこと。

 新しい船にのって、新しい仲間と出会いながら、
 また新しい旅に出るっていうことなのだろう。


 この日、幼稚園や教会のことでお忙しいなか、
 突然の訪問客に暖かく接してくださった、
 お二人の牧師、そして八幡浜教会に、
 心より感謝申しあげます。

 ブログの写真掲載も了解してくださり感謝。
 
   疲労なのか、教会を出たあと、
 私は体調不良を起こして、
 八幡浜を失礼しました。申し訳ない…。
 その後、京都へとその日の内に戻りました。
 
 
イメージ 11

 高速道路で帰る途中、松山近くの伊予の海に沈む夕陽を見た。
 いつか四国教区の青年キャンプを、この近くの、
 双海(ふたみ)というところで行った。
 夕陽の美しい浜辺のあるところ。15年前頃のことでしたか。

 
 美しい輝きを、今回の四国の旅で、たくさん見た。
 それを心に記して、さあ、京都へ帰ろう。


 

 
 









この記事に


.


みんなの更新記事