京北教会ブログ「虹の架かる教会」 創立109年目の歩み

京都市下鴨、日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会です。HPもご覧下さい。

全体表示

[ リスト ]

           <きょうほく・きょうかい>
「虹の架かる教会」京北教会ブログ
2013.5.26
「5月26日(日)のこと/教会の歴史をたどって」

イメージ 1 今日の礼拝堂の紫蘭(シラン)。
          
      日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会
京都市 左京区 下鴨 神殿町 17-3

京都市地下鉄「北山」駅を下車、徒歩約9分


京北教会のホームページを、

ブログとは別に作っていますので、

よろしければ、どうぞご覧下さい!


ホームページのアドレス




 ブログのスペースの関係で、2013年3月17日ブログ記事から、
 教会の歴史に関わる部分を、一部加筆修正して、
 以下に再掲します。


イメージ 2

      ──教会の歴史をたどって──


 京北教会の創立記念日は、1909年3月25日です。

 この日は、京北教会に専任の定住牧師を置くことが、
 当日のメソジスト教会(教派)会議で決定される前日です。

 専任の牧師を定住することで、独立した一つの教会になった、
 そのような理解でこの日が創立記念日になったと推測できます。

 (あるいは、京南教会が下鴨に移転して、
 京北教会となったときの、移転改築による献堂式が、
 1941年3月27日であることに関係があるのかもしれません)

 しかし、実際の伝道の歴史は、
 この日からずっとさかのぼって始まっています。

 1901年12月8日が、京北教会の発端となる「烏丸講義所」が、
 烏丸五条下ルの場所に借家で出発した日です。
 そこから数えると112周年です。

 最初の講義所は、1901年の伝道出発から、
 借家を転々と5回移り、名前も「五条講義所」など変えつつ、
 歩み続けて成長し、信徒が増えて、
 さらに幼稚園を開設するまでに力をつけ、
 1923年に「京南教会」となり、
 その翌年には、ついに念願の会堂建築を実現します。

 京南教会に至る前の、
 講義所時代の住所は以下の通りです。

 (1)1901〜1903  烏丸五条下ル 大坂町
 (2)1903〜1912  不名門通 五条下ル
 (3)1912〜1914  万寿寺通 烏丸西入ル 御供石町
 (4)1914〜1917  松原通 間之町角 本灯籠町
 (5)1917〜1924  松原通 高倉西入ル 本灯籠町

 そして、京南教会が建築されたのは、1924年。
 (6)1924〜1939  堺町通 松原下ル 鍛冶屋町
 (7)1939〜1941  ?
 (8)1941〜     下鴨神殿町17-3(現在地)


 
 さて、講義所であった借家があったところは、
 それぞれ、どんな町だったのでしょう。
 GoogleMapから現在の写真をひろって以下に掲載します。
 (ストリートビューをスクリーンショットで撮った写真)

 当時の正確な場所はわかりませんので、あくまで、
 記録に残されている住所の付近ということでの写真です。

 (1)1901〜1903  烏丸五条下ル 大坂町
イメージ 3


 (2)1903〜1912  不名門通 五条下ル
イメージ 4


 (3)1912〜1914  万寿寺通 烏丸西入ル 御供石町
イメージ 6


 (4)1914〜1917  松原通 間之町角 本灯籠町
イメージ 7


 (5)1917〜1924  松原通 高倉西入ル 本灯籠町
イメージ 8


 そして、以下の場所に「京南教会」が建築されました。
 この位置については、はっきりと確定ができます。

 (6)1924〜1939  堺町通 松原下ル 鍛冶屋町 
イメージ 5


 以前、「京南教会は、大丸のドレメのところにあった」と、
 かつて京北教会で長く牧師をされた高木彰牧師が、
 そう語っておられたのを聞いた教会員がいます。

 「ドレメ」とは「大丸ドレスメーカー学院」のことで、
 現在は「ディーズ(D`s)ファッシヨン専門学校」、
 という名になって今でもあります。
 上記写真の建物がそれです。

 ここに京南教会があったのです。

 細い路地が続くこの地域にあって、
 この場所だけが広い敷地になっていることと、
 教会員の証言で、京南教会の場所はここだと確定できます。
 

 下は、現存する京南教会の写真。

イメージ 9


 そして、1941年に下鴨に移築移転して現在地へ。
 3月27日に献堂式が行われ(下の写真)
 あわせて「京北教会」へと名称を変更しました。

イメージ 10

 こうして、京南教会と京北教会の2枚の写真を並べて見ると、
 会堂の形が違います。

 ということは、そのままの形で移築したのではなくて、
 資材を活かしながら、礼拝堂も含めて、大きく手を加えて、
 新しい会堂を建てる思いで建築されたのでしょう。

 下は、京南教会時代の「京南愛育園」の記念写真。
 教会の玄関の戸は、おそらく今の京北教会と同じでしょう。
 礼拝堂を用いて保育がなされていました。 

イメージ 11


 そして、以下は、たいへん貴重な、
 京南教会の礼拝堂が写っている写真。
 
イメージ 12

 子どもたちを写した記念写真です。
 「花の日」(6月第2日曜)かもしれません。

 この写真で注目されるのは、京南教会の礼拝堂の装飾です。
 京北教会のそれとは全く違います。
 いばらの木彫りその他の装飾は、全くありません。

 ということは、京北教会の礼拝堂の個性的な装飾は、
 1941年の移転改築の際に、全く新たになされたと、
 考えることができます。

 このことは、つい最近、教会の古いアルバムが出てきて、
 初めてわかったことです。


 

イメージ 13

 京南愛育園時代からのオルガン。
 製造番号から、1916年または1917年製造とわかります。

 歴史の中の教会…。

 他にもいろいろと、
 私たちの知らない事があるのでしょう。









この記事に


.


みんなの更新記事