京北教会ブログ「虹の架かる教会」 創立109年目の歩み

京都市下鴨、日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会です。HPもご覧下さい。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

──伏見教会を訪れて──
 2013年6月16日(日) 午後2時30分〜
 日本キリスト教団 伏見教会 
  宮川経範牧師 就任式   



 今回のブログと別に、2016年に伏見教会を会場に行われた、
 日本キリスト教団京都教区宣教部主催の、
 「宣教セミナー2016」のブログ記事を、
 以下のアドレスをクリックするとご覧頂けます。
 https://blogs.yahoo.co.jp/arigatou4493/18318795.html
 よろしければどうぞご覧下さい。


イメージ 2
 
 伏見の大手筋商店街に近い所で、
 静かな通りに面して教会があります。

 人のにぎわいに近い所で、人に静けさを与えてくれる教会。
 そんな雰囲気を、商店街を抜けて到着したときに、
 心に感じました。

イメージ 6
 上の地図は「京都教区ホームページ」のご提供です。感謝!

 なお、当ブログ内には、京都教区「宣教セミナー2016」を、
 伏見教会を会場にお借りして行った際の記事もあります。
 (下記のアドレスをクリックすると開きます)

イメージ 20

 伏見教会の皆様、
 宮川経範牧師、ご家族の皆様、
 牧師就任式おめでとうございます。
 今後ともよろしくお願いいたします。

 京北教会牧師は、茶話会で祝辞を述べさせていただきました。
 その機会が与えられたことを感謝いたします。

 また、宮川経範牧師から、今日の写真のブログ掲載の了解を、
 快くいただきました。ありがとうございます。

イメージ 21

 創立104年を迎えた伏見教会。
 教会堂は90年を経ているとのこと。

イメージ 13

イメージ 22

 日曜日の礼拝は、朝10時30分から。

 日曜日朝9時30分からの教会学校や、
 水曜日朝の「聖書を読み祈る会」など、
 どなたでもご自由に出席することができます。
 どうぞいらしてください。

イメージ 7

外壁に「大切に!! 歴史あるレンガの壁」と、
張り紙があります。


イメージ 25

 就任式は礼拝として行います。

 礼拝堂の講壇付近。
 
イメージ 9
 
 聖書のコリントの信徒への手紙1の9章19〜23節が、
 式の中で読まれました。

   コリントの信徒への手紙1 9章19〜23節

 「わたしは、だれに対しても自由な者ですが、
  すべての人の奴隷になりました。
  できるだけ多くの人を得るためです。

  ユダヤ人に対しては、ユダヤ人のようになりました。
  ユダヤ人を得るためです。

  律法に支配されている人に対しては、
  わたし自身はそうではないのですが、
  律法に支配されている人のようになりましたる
  律法の支配されている人を得るためです。

  また、わたしは神の律法を持っていないわけではなく、
  キリストの律法に従っているのですが、
  律法を持たない人に対しては、
  律法を持たない人のようになりました。

  律法を持たない人を得るためです。
  弱い人に対しては、弱い人のようになりました。
  弱い人を得るためです。

  すべての人に対して、すべてのものになりました。
  何とかして何人かでも救うためです。

  福音のためなら、
  わたしはどんなことでもします。
  それは、わたしが福音に共にあずかるためです。」



イメージ 8

 就任式のあと、記念写真を撮り、茶話会の準備に入ります。

イメージ 4

 礼拝堂のイスを並べ替えて、茶話会の席を作りました。

 教会員の皆様の、テキパキとした、ご奉仕に感謝です。
 
イメージ 3

70名以上の方々が集いました。

イメージ 5

 美味しい手作りケーキが運ばれてきました。

 そして、左側の黄色い紙の入れ物は、
 一人一人の来客にと、
 「こどもの教会」(教会学校のこと)で、
 子どもたちが詰めてくれたお菓子セットです。

イメージ 24


写真に全部は写せないほどの、
たくさんの種類の手作りケーキを、
いただきました。以下は、その一部です。

イメージ 10

 たくさんの手作りケーキをご用意くださいました。
 大変でしたでしょう…。美味しかったです。
 ありがとうございました!


イメージ 15

就任式を司式した京都教区議長から祝辞があり、
集った各教会の方々からの祝辞があり、
牧師の出身神学校(関西学院大学神学部)の恩師の祝辞があり、

そして、長く教会生活をしておられる方から、
伏見教会の昔のことや、
今のことなどのお話がありました。

みんなで耳を傾けました。

イメージ 16

教会の中を見回すと、古いオルガンがありました。
燭台が付いています。


イメージ 17

最後に新任の牧師から御挨拶があり、
またご家族の紹介と御挨拶がありました。
五人家族が並びます。

そろそろ茶話会が終わります。

イメージ 18

礼拝堂の入り口の上に、
宮川経輝牧師の揮毫。漢文です。
聖書のどの言葉か、わかりますか?

宮川経輝牧師は、明治のころから、
日本のキリスト教草創期からずっと活躍した方です。

その揮毫の下、ご家族で、来客を見送ってくださいました。

イメージ 23


イメージ 11

玄関に掲げられた聖書の言葉。
これは新改訳でしょうか。

さて、そろそろ帰りますか……。

イメージ 12

イメージ 14

夕刻となりました。

イメージ 19

教会学校で使われている黒板。
今日は「父の日」を、
教会学校でお祝いしたようです。

新任の、宮川経範牧師にとって、今日は、
とってもいい「父の日」になりましたね。

そして、前任牧師の、宮川経裕牧師にとっても、
とても素敵な「父の日」だったでしょう。

父子ともに、
伏見教会に仕える生涯を、
歩んで行かれるのですね。

天の父なる神様に支えられて。






















この記事に


.


みんなの更新記事