京北教会ブログ「虹の架かる教会」 創立109年目の歩み

京都市下鴨、日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会です。HPもご覧下さい。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 4

──「大江野の花 教会」を訪れて──
2014年 5月29日(日) 訪問 

イメージ 4

イメージ 1

 ──大江野の花教会を訪ねて──
2014年 5月 29日(木)訪問
 
        京都府の福知山市、大江にある教会です。
         (昔の地名は「大江町」でした)
        読み方は、「おおえ・ののはな」 教会です。

 「京都教区大会」が今年(2014年)9月23日に、
 福知山市大江で開催されます。
 その現地実行委員会が、大江野の花教会で行われ、
 京北教会牧師もその一人として出席しました。
 京北教会から大江野の花教会まで、車で片道約3時間。
イメージ 18
  上記地図の提供は京都教区HPより。感謝します。

イメージ 2
 道沿いに看板が出ています。

イメージ 3
 手前の芝生の坂は、駐車場として使うことができます。
 福知山や亀岡などの水害のときには、この坂の上まで、
 水が来たそうです。

イメージ 5

 大江野の花教会の牧師は、昔、地域の小学校の先生でした。
 50歳になったときに献身して勉強し、牧師になられました。
 そして、大江町での新規伝道に挑まれたのです。

 この教会から10キロ離れたところにお住まいがあり、
 そこで農業も営んでおられます。
 「私は何でも作ります。米も、味噌も、野菜も……」。
 そう聞きました。バイタリティあふれる方です。

イメージ 10
 自動車とくらべると、礼拝堂の大きさがわかりますね。

イメージ 15
教会の前に、大江町の広い畑が広がります。

イメージ 6
 講壇付近。右側の絵が素敵です。
 水墨画というのでしょうか。主イエスの掛け軸。

イメージ 16
講壇は、手作りの品。
牧師の小学校教師時代の教え子の方が、
製作されたとお聞きしました。いいですねえ!
 
イメージ 7
 明るくて綺麗で、使いやすい広さの礼拝堂です。

イメージ 11
 飾ってある絵や書の一つひとつに、
 凛とした味わいがあります。

イメージ 9
 ここで、教区大会の実行委員会を開きました。 
 京都教区大会は2014年9月23日(火、休日)11:00〜15:00に、
 大江町「あしきぬ大雲の里 大雲塾舎」を会場に行われます。

イメージ 17
 (上写真は会場施設)
   今回の京都教区大会のテーマは、
 「大江で逢いましょう
〜もちより、わけあい、つかわされ〜」。
礼拝や各地区からの企画、合唱などを、共にします。

この日の現地実行委員会では、
大江町内のいくつかの施設を見てまわって、
会場選びを行い、候補を決定しました。
また、様々な準備について検討しました。



実施した「京都教区大会2014」のブログ報告を、
以下のアドレスをクリックするとご覧いただけます。
ぜひご覧ください!
https://blogs.yahoo.co.jp/arigatou4493/16730463.html
大江野の花教会のことも、この中に出ています。



イメージ 8

 主催者の教区宣教部委員長(右から二人目の方)は、
 風邪を引かれて、薬を飲みつつ、滋賀県から、
 他の方の運転による車に同乗して来られました。
 帰ると、休む間もなく保育園長の勤めが待っています。
 本当に大変です。それでも、やっとのことで日程を空けて、
 この日の現地委員会に出席されました。感謝にたえません。 

イメージ 14
 実行委員会を終えて、教会を後にします。
 教会を出たところから見た、大江町の畑の続く光景。
 手前が教会の前の坂道と芝生です。
 水害で、この景色一面が水没することもあったそう。
 この町の方々は、大変な経験をしてこられたのですね。

イメージ 12
大江野の花教会は、
牧師の住居が遠いので、
来られた方と連絡がとれるように、
玄関に上のメモを置いています。

「ようこそお出で下さいました。
一筆お書きくださると幸いです。」


大江野の花教会の牧師はじめ皆様、
ご協力に感謝申し上げます。
 ありがとうございました。
この教会のなかに、ゆったりとした時間と、
 凛とした祈りの心を感じました。

イメージ 13


 
 
  








 




この記事に


.


みんなの更新記事